FC2ブログ
おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

「燃えよ剣」の映画化
前回の記事で記した気になるニュースというのは、ずばり「燃えよ剣」の映画化のこと。

ネットニュースの見出しで知りました。

それで、肝心要の土方さん役がV6の岡田准一だそうです。

他は沖田さんがHey! Say! JUMPの山田涼介、近藤さんが鈴木亮平。

土方さんの許嫁であるお雪さんが柴咲コウ、芹沢鴨に伊藤英明とのこと。

今現在、発表されているキャストは、この方たちだけみたいです。

なんというか、私が年を取ったせいなのか、もはやこの手の映画化には

初めから期待をしていないからか、

このキャストを聞いてもあまり驚かなかったです。

なんでもかんでもジャニーズの時代ですし、今は演技云々より話題性に重きを置く時代でしょうから。

まあ、岡田土方も有りかなと思えたし、鈴木近藤は良いかもしれないと感じたし。

山田沖田は、うーん・・・ちょっと微妙かも。

伊藤鴨については、イメージではないなあ、といったところでしょうか。


それぞれの方が、どの様にそれぞれの役を演じて下さるのか、それは大事なのはもちろんですが、

一番大事なのは、脚本、演出と考えています。

いくら良い役者さんを揃えたとしても、脚本が酷ければ役者さんも活かしきれないし、

素晴らしい作品にはなりえない。

過去のテレビドラでの栗塚旭さんが演じた土方歳三は素晴らしく、歴史に残る作品になっていて

栗塚さんは土方役者とも言われ、絶賛されました。

けれど、その後の栗塚さん演じる土方さんが主役で製作された松竹映画の『燃えよ剣』という作品は、

私にとっては、なかったことにしたい作品になっています。

せっかくの栗塚土方が全く活かされていない内容で、セリフも酷くて、

こんな作品なら、わざわざ栗塚さんを配役する必要はなかったと思わざるを得ないものでした。

出演した栗塚さんが気の毒に思えたくらいです。


役者が多少大根であったとしても、内容が良ければカバーできるし、感動も呼べるかもしれません。

けれど、逆は絶対にダメ。

いくら役者が良くても、名優をもってしても脚本がダメなら駄作となってしまいます。

もちろん、脚本、演出、キャスト、三拍子揃うことが理想ですが、それが叶わないのであれば、

少なくとも脚本だけはしっかりと作って欲しいです。

ましてや、今回は原作を題名に打って出るのですから、完全創作とは違うことを念頭に

作品を仕上げて欲しいと切に願います。

もし、原作の世界観を極端に変えるのであれば、それが製作者側の個性とでもいうのなら、

原作名を掲げずにあくまでもオリジナル作品として作って欲しいです。

原作があるものに極端なオリジナリティーはいらないですから。


そもそも、なぜ映画で『燃えよ剣』をやろうと思うのか?

原作を読んでから決めているのかな?という疑問が頭に浮かんで仕方がありません。

監督さんは、どんな映画を撮りたいのでしょう?

大変失礼ではありますが、今回の映画化も、もしも、司馬遼太郎先生がご存命であったらなら、

許可はもらえていないのでは?という思いがしてなりません。

それになんと言っても、土方さんの一生をたったの2時間弱ぐらいであろう時間で表現できるとは

到底思えないから、どこかのエピソードを切り取るしかないでしょうが、

それならなにも『燃えよ剣』にしなくても良いものをと、どうしても思ってしまいます。

思い切って、江戸から京都のくだりはサラッと流し、鳥羽伏見の戦い以降、

宮古湾海戦から箱館戦争までを描いてもらえたら面白くなりそうな気がしますが。

でも、どうやら池田屋騒動は描かれるようなので、(どうしてもここは外せないかな)

どんな構成となるのか? あー、やっぱり不安しかない。

まあ、なんだかんだ言っても、映画化が決まった以上、ただひたすら私がお願いしたいことは、

どうか原作を汚すような作品だけは作らないで頂きたいということ。

原作に、新選組に愛情を持って臨んで欲しいと心から願うばかりです。

公開は、2020年とのこと。

劇場で観るか観ないかは、その時に決めようと思います。

いろいろ書いてきましたが、いつもの通り、私一人の個人的意見ということで、お聞き流しを。


そうかあ、岡田くんの土方さんねえ。

全く想像もしなかったけれど、岡田くんは嫌いじゃないし、年齢的にも良い感じだし、

とにかく、全身全霊で頑張って頂きたいと土方歳三を愛する者としては願うばかりです。

スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.