おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーチューブで、汀夏子さんの『星影の人』

ずいぶん前に宝塚歌劇団の『星影の人』について、取り上げたことがありましたが、

先日、ふと思いついてユーチューブで検索してみたのです。

確か、以前にも検索したことはあったのですが、その時は何もヒットしなかったという記憶が。

ところが、なんと、なんと!

今回は、1976年に上演された汀夏子さん主演の雪組公演『星影の人』が・・・

私がもう一度見たいと思っていた舞台が・・・UPされているではありませんか。

もう、ビックリ!嬉しくて、飛び上がりそうに。

まさか、まさか、汀さんの沖田さんに、麻実れいさんの土方さんに再びお会いできるとは。

全編、くいいいるように見させていただきましたー。

残念ながら、映像はすこぶる悪いです。

でも、そんなことは関係ありません。

なにしろ40年も前の作品、まだまだビデオも一般には普及していない時代だったので、

その映像が残っているということ自体が、奇跡に思えることですから。

映像が悪かろうが、とにかくこの舞台を見ることができる喜びは、計りしれません。

このユーチューブにUPしてくださった方には、なんてお礼を言っていいかわからないほどです。

本当によくぞUPして下さいました。ありがとうございます。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

やっぱり、汀さんは素敵。そこには、とってもチャーミングな沖田像があります。

そして、私の記憶通り、麻実さんの土方さんはとてもカッコイイ。

(ただ一つだけ、麻実土方のカツラにはちょっと不満も。

なぜというと、申し訳ないですが、どうしてもお相撲さんみたいに見えてしまう・・・。

それは私だけ?そこだけがちょっと・・・残念かな。)

でも、でも、やっぱりお二人のカッコ良さは、半端ありません。

汀沖田の「今夜の私は強いですよ。」と「嫌だなあ、土方さん。」のセリフ、最高です。

できれば、ここにその映像を張り付けたかったのですが、どうやらそれはできないみたいです。

なので、もし興味のある方はユーチューブで、

是非是非、汀沖田、麻実土方のお姿をご覧下さいませ。

きっと、きっと、その素敵さに魅了されること間違いありません。


ところで、汀さんといえば、やはり忘れてはならないのが、『ベルサイユのばら』のオスカル役。

と、ここでも思いついて検索してみました。

オスカルの名場面、見せ場の一つといえば何と言っても、「バスティーユ」でしょう。

オスカルが落命するシーンですが、オスカルのカッコよさが光るシーンでもあります。

私は、この場面が大好きなのですが、本当に数多くの方がオスカルを演じられ、

このシーンを演じられていますが、汀さんのカッコ良さは際立っていると思っていて、

だから、ユーチューブでUPされている何人かのオスカルのこのシーンだけを選んで

改めて観てみたのです。

言うまでもなく、歴代オスカルを演じてこられたその時代のトップの方たちは、皆一様に素敵です。

ただ、やっぱり私の中では汀さんがピカ一と再認識しました。

一つ一つのセリフに重みがあり、その気持ちが痛いほど伝わって来るような演技力。

ダンスの時の身体のキレ、カッコ良さ。

なんだろう、汀さんを見ていると何の役であっても、沖田さんでもオスカルでも

全身全霊をかけてやっているという感じが、その役にかける情熱というのかな?

その熱さみたいなものが、こちらにもひしひしと伝わって来る気がします。

やっぱり、汀さんは、私にとって最高に素敵な宝塚スターです。



(汀さんのオスカル、バスティーユの場面、ユーチューブよりお借りしました。
 ちょっと枠からはみ出てしまい、見栄えが悪いですが、少しでも大きな画面を
 使用したかったので、こうなりました。ご了承くださいませ。)
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。