おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16日放送の関ジャニの仕分け∞に
狩人の高道くんと元殿キンの宮路オサムさんが出演されると知り、
私にとっては、またとない最高のプログラムですから、
録画の準備もバッチリして、楽しみにしておりました。

「日本の歌大好き外人VS日本人 真夏のカラオケ2時間SP」と題された今回。
歌のうまい外国人と歌手歴30年以上のベテラン歌手との対決に
かのお二人が出演されたのでした。

そのトップバッターに狩人の高道くんが登場。
歌はもちろん「あずさ2号」。
対するお相手は、ブラジルの方で、歌は尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」。
先攻が高道くん、後攻が外人さんという対決となりました。

それでね、この高道くんの「あずさ2号」が、ホントに圧巻で・・・。
いえ、歌の上手さは折り紙つきなのはわかっています。
でもね、でも、カラオケ対決とはいえ、真剣に歌う姿勢と、
未だ衰えを知らぬ声量と迫力に圧倒され、鳥肌が立つほど。
やっぱり、上手い!ってTVの前で思わず拍手しちゃいましたー。

いつもは二人で歌う曲を一人で歌うというハンデもなんのその。
お兄ちゃんのパートも難なくこなして、見事な高得点をたたきだし、
プロの凄さを見せつけてくれました。

横山くんが、「「やっぱり貫禄がある」と言っていましたが、
まさにその通りの素晴らしさだった思います。

対するブラジル人の方の「また逢う日まで」ですが、
こちらもそれは見事な歌声でした。
日本語もお上手で、とても素晴らしかったです。

で、結果は、高道くん94.224点、ブラジルの方が93.431点、
かなりのハイレベル対戦となりましたが、高道くんの勝利となりました。

そして、2回戦の中村美律子さんと外人さんの「河内おとこ節」対決を経て
3回戦に登場したのが、宮路オサムさん。

オサムちゃんが歌うは、もちろん「なみだの操」。
その対戦相手は、スリランカの若干14歳の男子中学生で、選んだ曲は小坂明子さんの「あなた」。
まだ声変わりをしていないという素晴らしいハイトーンボイスをひっさげての挑戦でした。

こちらの結果は・・・
オサムちゃん、88.548点、男子中学生、93.221点。
ということで、オサムちゃんの負けとなってしまいましたー。
うーん、ファンとしては残念ですが、確かに相手の男の子の歌声は、
素晴らしいものがあったので、まあ良しとしましょう。

対戦結果はさておき、私がとても嬉しかったのは、
番組内で先日亡くなられた殿キンのリーダー長田あつしさんのことを
きちんと取り上げてくださったことです
別収録での宮路さんへのインタビューもあり、リーダーへの思いなどを聞くことができたのも、
すごく嬉しいことでした。

インタビューの中で、印象的だったのは、
「殿さまキングスというグループは、もう永久に見れないんですよね。
でも、やっぱり伝説の殿さまキングスとして、僕も「なみだの操」を
命のある限り、やっぱり歌い続けていくのが、僕の今の使命かなと
思っているんですけどね。」という宮路さんの言葉でした。

また、1973年(昭和48年)当時の彼らの歌っている映像とか、写真とかも出てきて、
それらを見たら、懐かしさと切ない思いがこみ上げてきて、涙が出てきてしまいました。

なんとなくいつもの明るい感じのオサムちゃんではないなと思っていたら、
リーダーがお亡くなりになった後の収録だったのですね。
スタジオにはメンバーの一人だった多田そうべいさんが応援に来ていましたし、
リーダーが亡くなってから初めて歌う「なみだの操」ということでしたから、
きっと感慨深いものがあったと思います。

対戦の結果においては、相手の男の子の得点には及ばなかったものの、
やっぱりオサムちゃんの歌は良かったです。

確かに殿さまキングスというグループは、もう見ることができません。
でも、歌い続けることが自分の使命だと語った宮路オサムさん。
本当にこれからもお元気で、末永く歌い続けていって欲しいと心から願っています。

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。