おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新選組始末記 第13話 4
第13話 「壬生の嵐」4

山南さんに促され、おすみさんの家に急いだであろう沖田さん。
でも、少々様子がおかしい感じ。

というのも、沖田さんの話の相手はおすみさんではなく、おまささん。
しかも、おすみさんの家の中ではなく、外での立ち話。

(沖)「なぜですか?」  沖田さん、なにやら怒っているみたい。

   「これは、すみさんにあげるんじゃないんです。ここにいる病気の人やケガ人の薬や
    食べる物を買って下さいと言っているんです。悪いことじゃないでしょ?」

どうやらお金を受け取ることをおすみさんが拒否したよう。

(まさ)「そう言うたんですが、おすみはん、そんな血だらけのお金はいりまへん言うて・・・」
                             
え?ちょ、ちょっとあなた、なんてことを。おすみさん、思った以上に激しい女性かと。

(沖)「血だらけの金?」  沖田さんの問いに顔を背けるおまささん。

   「これは、私たちが命がけで働いて貰った褒美の金です。血なんか付いてませんっ

沖田さんの怒声。
そうですよね、こんなことを言われて怒るなという方が無理かもしれません。

(まさ)「わかってます。そやけど、おすみはんは、お父はんがあないなことになって
     まだ気持ちが落ち着かへんのどす。」

(沖)「私は、私の用で来たんじゃないんです。近藤局長の言い付けで来たんです。
    それを何だっ!一方的なっ

いつになく大声で、怒りを顕にする沖田さん。

(まさ)「怒らんといておくれやす。」  それは無理というものですよ、おまささん。

    「おすみさんの気持ちにもなってあげておくれやす。
     沖田はんが一番、おすみはんの気持ちをわかってくれるお人やおへんか?」
                             確かにそうかもしれませんけど。

(沖)「私もそのつもりでした。しかしっ、その私にも会おうとしない。
    頑固だっ!頑なだ。まるで親父そっくりだっ

(まさ)「そんなこと言わんと。そのお金、おすみはんの気持ちが明日にでも
     落ち着いていると思うたら、うちが頂きに伺いますさかい、
     どうぞ大事に取っておいておくれやす。」

(沖)「どうせ血の付いた金なんですから、私が使ってしまいます。」

(まさ)「沖田はんっ! そんな自棄起さんといておくれやす。うちが困ります。」

おまささんの必死のとりなしにも、沖田さんの怒りは静まる様子はなく、
それどころか金は自分が使ってしまうと自棄を起こす始末。

けれど、おまささんももう少し話の持って行きようがあったのではないかと思います。
血の付いたお金だなんて、たとえ、おすみさんが本当にそう言ったのだとしても、
沖田さんにそのまま伝える必要はなかったでしょうに。
若い二人のことをいつも気にかけてくれているおまささんなのですから、
もう少し配慮して貰えたら良かったのにってね。

ですが、ここでは、おすみさんの性格、頑固さが強調され、
また沖田さんの人間くさい側面も見えるので、今後の展開を考える上においては、
なくてはならない場面という気もします。

自棄になった沖田さん、それからどうしたかといいいますと、
なんと、酒場で一人飲んだくれているではないですか。

(沖)「なんだ、偉そうにっ!  酒をどんどん持ってきてくれっ!
    聞こえないのかあっ!」  
                          あまりの荒れように店の親父も娘もビクビク。
   「金ならあるんだ。 血の付いた 血の付いた金があるんだっ!」

やはり、おすみさんの言葉にこだわらずにはいられない沖田さんのようです。
それに好きな人に自分の気持ちを理解して貰えない辛さ、苛立ち、
そんな今まで抑えてきた感情が、おすみさんの言動によって抑えきれなくなり、
ここで一気に爆発してしまったのかもしれません。
それにしても、沖田さんらしからぬ行動にビックリしましたー。

そんな荒れに荒れて一人飲んでいる彼のもとに現れた人が。
それは、なにを隠そう山南さんでした。
これから、沖田さんと山南さん、どんなやりとりが繰り広げられるのでしょううか?
というところで、ここから先はまた次回ということに。

                                            つづく・・・
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。