おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『歴史秘話ヒストリア』の斎藤さんの回、観ました
放送されてから時間が経ってしまいましたが、4月24日のNHK『歴史秘話ヒストリア』は、
新選組 斎藤一の半生でした。
皆さん、御覧になられたでしょうか?

題して、
 「新選組最強ヒーロー!斎藤一 ~会津藩・松平容保との絆~」

斎藤さんといえば、まだまだ新選組の中でも謎の多い人物とされていると思うのですが、
NHKが単独で取り上げるとは、ちょっと驚きました。

それは、昨今『るろうに剣心』や『壬生義士伝』、『薄桜鬼』などで大事な役で登場し、
名前が知られ、人気も出てきたからかもしれません。
そういえば、遡って考えると、大河ドラマ『新選組!』でオダギリジョーさんが
斎藤さんを演じたことで、その知名度は一気に高くなった気がします。
それから、今年の大河『八重の桜』でもかなり出番は多いときいていますので、
NHKもその辺を考えた上での斎藤さん登場ということかなとも思いました。
(『八重の桜』、実はまだ全く観ていません。そろそろ観始めなくては~。)
題名も「新選組最強ヒーロー」と、結構な持ち上げ方をしていますものね。

内容はかなりの駈け足状態で、省略のし過ぎが誤解を招きかねないと思うところもしばしば。
細かいツッコミを入れるときりがないので割愛しますが、内容の中途半端さは否めませんでした。

そもそも、斎藤さんはなぜあれほどまでに会津に固執し、戦い抜いたのか?
斎藤さんの「誠義にあらず」という言葉だけでは、それだけでは説得力に欠けます。
容保公は会津藩士でもない斎藤さんになぜそんなにも目をかけたのか?
維新後とはいえ、大藩の藩主であった人が仲人をし、歌まで贈っているんです。
番組では、それらの理由についての言及はありませんでした。

こういう事実がある、だから二人の絆は強かったのだ、ということだけでは
納得がいかないんですけど・・・。
視聴者として、というか、私としては、一番知りたいのは、なぜそういう事実に至ったのか?
ということなのですが、それはTVに期待しすぎというものでしょうか?
ただ、最後に出てきた写真は、初めて見たので、新しい発見でよかったです。

巷の斎藤人気もあって、これから先、斎藤さんの研究が進められて、
もっとはっきりとした人物像が浮かび上がってくる事を期待したいです。

斎藤さんは手記を残した永倉さんと違い、新選組のことは語らず、記さずで
天寿を全うしたとされていますが、斎藤さんの日記とか出てくる可能性はないのかな?
ご子孫にも何も残されていないのでしょうか?容保様から頂いた歌以外に。
もしも、万が一、手記などが見つかったら、大発見で、凄いでしょうね。
ホントに斎藤さんって実際にはどんな方だったのでしょうね?
今後の研究に期待しましょう。

ちなみに、次回のヒストリアは、坂本龍馬だとか。
龍馬暗殺の犯人について、新事実があるようなのですが、
あまり期待はせずに見るだけは見ようかなと思っています。


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。