おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『黒猫DANCE』と『ちるらん』最新刊
『黒猫DANCE』 最終巻、読みました。

たゆちゃんを助け出すところも、吉田松陰との関わりも、本当に面白い展開で、

読み応え十分だった第3巻。それなのに、完結。

途中を考えても、まだまだ、安田先生の中では色々な構想があったのだろうと予想される展開でした。

だから、最後は上手くまとめられていたように思えても、

やはり、無理やり終わらせたといった感じは否めません。

夢に出てきたあの大人の女性は誰だったのか?とか、何かとこれまで張られてきた伏線が

ぜんぶ断ち切られて、謎のままになってしまいましたしね。

面白かったのに、惣ちゃんが新選組の沖田総司として活躍するところも読みたかったのに…。

カッコいい近藤さん、土方さんの姿ももっともっと見たかったのに…。

編集者の方、見る目ないなあって本気で思っています。

本当に残念。  さよなら、惣ちゃん。


ということで、『黒猫DANCE』は終わってしまいましたが、

『ちるらん』 の方は、まだまだ続いていますので、それは嬉しいです。

最新刊の第5巻

こちらも、面白かったですよー。

今回は、浪士組結成時に名があるにもかかわらず、あまり日の当たらない、

どうしても影の薄ーい感じがしてしまう阿比留鋭三郎をメインに話が進むのですが、

それが、とても胸にグッとくる良いお話で、私も思わず泣いてしまいました。

鋭三郎、とても可哀想だったけれど、やっぱりイイ漢でした。

そして、その鋭三郎と仲良しだった斉藤さんもすごーく素敵で。

我が土方さんも(バカっぽさ丸出しの時も多いですけど)決める時は決めるカッコよさは健在。 

ますます続きが楽しみで、次号の発売が待ち遠しいです。

ああ、本当にいつも言ってしまいますが、この作品だけは、この作品だけは、

末永く続いてくれることを祈るばかりです。



スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。