おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日の「木曜8時のコンサート」(追記あり)
切羽詰ってのお知らせですが、
明日(10日)テレビ東京 『木曜8時のコンサート 名曲!にっぽんの歌』
またまた狩人のお二人が出演されます。

昨日、この番組の宣伝で出演者の顔ぶれの中にお二人の写真を見つけて
すごく嬉しかったです。
そして、今度こそはテレビで『磐越西線』が聴けるかと楽しみに思いました。

ところが…
ネットで調べたら、各出演者の歌う曲名がわかったので、
今、ちょっと残念に思っています。

確かに狩人といえばあの歌、ということになってしまうのは、わかります。
でも、それだけじゃないってことをもっと周知させて欲しいですよね。
しかも、今回は2時間スペシャルで、数曲歌う出演者の方もたくさんいるというのに
狩人は一曲だけというのは… 寂しすぎる~。

ああ~、どこか『磐越西線』を聴かせてくれる局はないでしょうかねぇ。
聴きたいなあ。
ですが、やはりテレビで狩人のお二人を観られる、歌を聴くことができるということ自体、
とても嬉しいことなので、明日はテレビの前でしっかり応援しますよー。

ちなみに来週17日のこの番組には、宮路オサムさんが出演されるので、
これまた絶対に忘れずに観なくては。
オサムちゃんも歌うのは、やっぱりお決まりのあの曲だろうなあと予想しますが、
たまには違う歌も聴かせて欲しいなと、ファンとしては思います。

『夫婦鏡』もその次の『おんなの運命(さだめ)』もかなりヒットしたはずなのですが、
前者はそれでもたま~に聴くことができることもありますが、、
後者になるともう、テレビで聴くことはほとんど不可能といった感じです。
好きなんだけどなあ…。(今のお声で聴いてみたいな、『おんなの運命』)

ただ、オサムちゃんもソロになってもういい加減、長い年月が経っているので、
殿キン時代の曲ではなく、ソロになってからの曲、一番新しい曲も聴かせて欲しいです。
そうは思っても、この番組とかではやっぱり無理なのかな。

歌う曲についてなんだかんだと言ってきましたが、狩人にしても、宮路オサムさんにしても、
曲はなんであれ、テレビで元気に歌っているお姿を拝見できるだけで幸せなので、
これからもずっと元気に歌い続けていって欲しい、それだけを願うばかりです。

わーい、明日も17日も、ホント楽しみだわぁ。


(2013.1.13 追 記)

狩人のお二人が歌った曲は、『あずさ2号』。
けどね、今度もやっぱりフルコーラスは歌ってもらえませんでした。
なぜなんでしょう?
初めに歌われた方達が、フルコーラスバッチリ歌っていたから、
これは、狩人もフルを期待できるかと思ったに…。
フルでなくても普通に2番まで歌った人ばかりだったし、
(これは、私が好きじゃない人も多く出演していたので、
録画で観て、その方達の歌の時はすっ飛ばしてましたから、
絶対にそうだったと断言はできませんが、)
でも、一人で2曲、3曲歌った人だっていたというのに
狩人だけワンコーラス半って…。酷くないですか?
それに、演奏も酷かったし。
特にお兄ちゃんのパート。私にはものすごく歌いにくそうに思えました。
あのね、ステージでは歌手が演奏に合わせるのではなく、演奏が歌手に合わせるものなんですよね。
本来はそうあるべき、プロなんですから。
狩人ファンとしては、怒らずにはいられない番組になっちゃいました。
残念。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

tora 様、こんばんは
お返事が大変遅くなってしまい、申し訳ありません。

狩人のお二人の出演情報、ありがとうございました。
とても嬉しかったです。
ものまね番組だそうですが、ものまねする方なのか、されて本人登場ということなのか
どちらでしょうね。
どちらにしても、とても楽しみです。
なんて、書きましたが、既に放送は終わっている時間なので、
こんな事を書いたらおかしいですよね。
実は、残念ながらリアルタイムでは観られなかったので、録画しました。
なので、実はまだ観ていないのです。
明日にでも、楽しみに観たいと思っています。

再結成以後、結構TV出演もあって嬉しいなって思っています。
NHKが「カルチェラタンの空」を流してくれて私も感激しました。
「テレビはNHKだけで良い」ですか、確かに名言。
なんだかんだ言っても国営放送、NHKの力は大きいですから、
NHKに出ていれば間違いはないのは確かですしね。

昔、狩人が都倉先生と司会をしていたレッツゴーヤング、
毎週楽しみに観ていましたが、今思うと夢のような番組でした。
昨年の紅白、ちょっと期待していたのですが、考えてみると再結成の時期が
少し遅かったかもしれません。
もう少し早かったら、可能性はあったのでは?なんて気もしました。

紅白、また是非出て欲しいなって思っています。
今後のお二人の活躍に期待したいですね。
新曲発売ならないでしょうかね?

「白虎隊」、tora 様のところでは映らなかったのですね。
そういえば、肝心の会津も映らないと聞いたような。
でも、ドラマ関係者の方には失礼ですが、映らなくて正解だったかも、
なんて思います。

>岸谷さんの土方さんはないわ~~~

はい、本当にそうでしたよー。
土方ラブの私は、ショックで倒れそうでしたー。
決して、岸谷さんが嫌いという事ではないんですけどね。

tora様、これからも狩人の情報など、色々教えて下さいませ。
こんなブログですが、よろしければ、また是非いらして下さい。
よろしくお願い致します。
紫蝶 | URL | 2013/02/02/Sat 01:00[EDIT]
こんばんは!!
民放のオーケストラって下手なんじゃないか、と思う今日この頃。
紫蝶さんのおっしゃるように、
演奏って歌手の歌を盛り上げる為の物ですよね。
こっちに合わせろといわんばかりの傲慢さ、全く、カラオケじゃないんだから。

「あずさ2号」以外の曲、聴きたいですよね。
その辺少しはわかっているNHK。やっぱり出来る子。
再結成以来、「あずさ2号」「コスモス街道」「磐越西線(放送は無いですが)」
「カルチェラタンの空」流してくれましたからね。
「テレビはNHKだけで良い」って高道さんのお言葉、名言です!

で、ところで何故久々にお邪魔したかというと、
2月1日のフジのものまねに狩人さん、御出演です。
http://www.television.co.jp/programlist/detail.php?id=2000703976-1-1600-1359712800-1359726720&ref=guide
また「あずさ2号」でしょうけど、
テレビで拝見出来るのは嬉しいです。
以上、御報告に上がりました。

あ、こちらでは映りませんが、
岸谷さんの土方さんはないわ~~~
tora | URL | 2013/01/26/Sat 22:36[EDIT]
新撰組十一番隊様、こんばんは
わあ、狩人の「磐越西線」、わざわざ聴いて下さったのですね。
すごく嬉しいです。どうもありがとうございます。

>メロディも間奏もセンチメンタルになるような名曲ですね。
そうなんです。
歌詞も最初から最後まで救いようがない内容で、切な過ぎるのですが、
でも、その分、二人のハーモニーが心に響いて、かなりお気に入りです。
ただ、昔の狩人のアルバムには、結構こんな風に悲しい曲も多く、
(失恋の歌が多いです)初めてこの曲を聴いた時は、また原点に戻った感じがして、
嬉しかったのを覚えています。
福島復興に一役買えるといいのになあって、ファンとしては思っているのですが、
テレビではなかなか歌わせてもらえないようなので、残念です。

あっ、肝心の『白虎隊』の感想ですが、ブログ記事は今日あたりUPしますと
言いながら、できていなくてすみません。
狩人の出演が今日だったので、先にちょっと書いてからにしようと思ったら、
思いの外、時間を費やしてしまったため、次が書けなくなってしまって・・・。
今、書いている途中なので、明日ぐらいにはUP出来るかと。
その時はまた、新撰組十一番隊様のご意見もお聞かせ頂けたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

>製作陣のキャスティングは新たな視点からの自信ありの起用だったのでしょが
私は違和感があり尋ねたしだいです。

私も同感です。全体的に出演者の年齢が高過ぎたため、バランスを取るために、
ああいうキャストになったのかな?などとも思ったりします。
それにしても、???なところが多すぎましたよね。
でも、演技はNGでも人気だけはある若手ばっかりのドラマになったらもっと嫌ですし、
そう考えると、まさに「俳優は「適材適所」で光るものであり」という
新撰組十一番隊様のお言葉が的を射ているなあと思います。

製作陣がこのことを頭の一番に置いて、ドラマを作ってくれたなら、
視聴者も満足できるような作品が完成すると思うのですが、
最近はそれが全くない、そうとしか思えないのが残念でなりません。

今回の岸谷土方は、明らかにミスキャストでしたよね。
なのにあんなに出番があるなんて・・・しかも大嘘エピソードばっかりだし、
出番が多い分、逆に悲しくなっちゃいました。
脚本があまりに酷かったので、ある意味、岸谷さんも可哀想だったかもしれません。

紫蝶 | URL | 2013/01/10/Thu 21:29[EDIT]
455系磐越西線
土方感想、有り難うございました。

「表情が乏しく・・・お面のような・・・」ここにつきますね。
製作陣のキャスティングは新たな視点からの自信ありの起用だったのでしょが私は違和感があり尋ねたしだいです。

俳優は「適材適所」で光るものであり岸谷氏にはこれからも別の役で存在感をだしてもらえばと思っています。


狩人の「磐越西線」ユーチュブでアップされていて初めて聴きました。
メロディも間奏もセンチメンタルになるような名曲ですね。

新撰組十一番隊 | URL | 2013/01/10/Thu 02:07[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。