おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土方さんのテレカ②(追記あり)
ホントにいつも本題より余計な話が多い紫蝶です。すみません。

それでは、前回の続きとなりますが、今回は早速、テレカのご紹介といきましょう。
土方さんテレカ、一挙4連発 とまいりまーす。

PA250007.jpg   PA250013.jpg

PA250018.jpg   PA250010.jpg

左上のカードだけ、どこで購入したのか思い出せないのですが、土方さんの写真ですから
函館か、土方歳三資料館のどちらかではないかと思います。
右上のものは、カードに記されているように土方歳三資料館で、下2枚は五稜郭タワー
購入しました。
どれもいつ頃購入したのかは覚えていないのですが、いずれも十数年以上経っているのは
間違いありません。

さて、私の所有している土方さんテレカは、これが全てです。
2回に渡ってのお話なのに、これだけ?とガッカリされた方がいらっしゃったら、ごめんなさい。
でもね、どれも私にとってはお気に入りの宝物なので、紹介してみたかったんです。
はい!お察しの通り、自己満足のなにものでもございません。

では、ついでと言ってはなんですが、その他の(私が思う)幕末関連のテレカもご紹介しましょう。

PA250032.jpg PA250026.jpg PA250030.jpg

PA250028.jpg PA250041.jpg PA250038.jpg


PA250034.jpg PA250042.jpg

五稜郭と函館夜景は東京で(あれっ?と思った方、そうなんです、函館ではないんです)、
松前城は松前で、会津の2枚は会津で、桂浜と龍馬の2枚は高知で購入。

坂本龍馬に特に思い入れはない私ですが、やはり高知の桂浜へ行ったなら、
坂本龍馬を外すわけにはいかないので記念に買ったのでした。
けど、なぜ2枚も?というと、桂浜といえば月の名所、このお月様がキレイだったからと、
もう一枚は、漆絵は珍しいし、この龍馬はとても良く描かれているので選んだと記憶しています。

咸臨丸は、平成10年5月に「咸臨丸東京湾クルーズご招待」というスーパーの懸賞に当選し、
甥と二人で乗船した折に購入したものです。

前回も書きましたが、今日ではテレカはどんどんと巷から消えつつあり、
綺麗な図柄や観光地ものは、ネットや金券ショップなどで購入するほかに
手に入れる手段はなくなってきました。
テレカ収集をしていた時は、そんな日が来るとは思っていませんでしたが、
この先、たとえ価値が全くなくなってしまうことになったとしても、
何も投資目的で後々お金にする為に集めてきたわけではないので、今まで集めてきたものは、
(集めたといっても全部で180枚位ですが)これからも大事にしていこうと思います。

あっ、それからもう1枚。

                  PA250020.jpg 

こちらは、1997年8月に東京宝塚劇場で行われた宝塚星組公演 
幕末ロマン「誠の群像 -新選組流亡記-」で
土方さんを演じられた星組トップ 麻路さきさんのテレカです。
土方さん繋がりでUPしてみましたが、正直、この時のストーリーはほとんど覚えていません。
土方さんが主人公にもかかわらずでお恥ずかしい限りですが、なにしろ席が2階の後の方で
あまり良く見えず、声も聞きづらかったという印象ばかりが強く残ってる感じなんですよね。
覚えていないのは、そんな残念な公演だったため、とも言えるかもしれません。
(いいわけ、いいわけ。)

といったところで、テレカのご紹介はここまでということに。
おつきあい、ありがとうございましたー、終了~。



(2012.10.28 追 記)

以前の記事(題名「『新選組血風録』・『燃えよ剣』のビデオ」)で一度紹介した事があるので、
今回は省いてしまったのですが、やっぱり土方さんのテレカを紹介する上では
栗塚土方は欠かせないと思い直し、追記することにしました。

               プレゼント2

栗塚版『燃えよ剣』のビデオが発売された時に全13巻お買い上げ特典として、
先着2000名にプレゼントされた栗塚さんサイン入りテレカです。
なかなかの貫禄、鬼の副長といった感じも出ていて、結構お気に入りです。

そういえば、栗塚版『燃えよ剣』のDVDが発売された時も何か特典がついたようですが、
いったいどんなものだったのでしょうか?
もし、購入された方がいらっしゃいましたら、教えていただけると嬉しいです。
やっぱり全巻揃えないと貰えなかったりしたのかな?

   
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

新撰組十一番隊様、こんにちは
お返事が大変遅くなってしまい、申し訳ありません。

いろいろな本のご紹介、ありがとうございます。
この中で、芹沢鴨 「新撰組局長首座」と藤堂平助「新選組藤堂平助」は
読んだのですが、他は題名だけ知っているだけで未読です。

あっ、原田左之助の「残影」は、知りませんでした。
原田さんが主人公なんですね、そんな本があったなんて、面白そう。
ぜひ、読んでみたいです。

それと、「影踏み鬼」新撰組篠原泰之進日録 ですが、
私も先日、この本が出たことを知って、とっても気になっていました。

篠原秦之進という人は、何か不思議な感じがするんです。
伊東さんと一緒に入隊しますが、かといって伊東さん一辺倒という感じはしなくて。
あくまでも私のイメージなんですが。
伊東さんの敵と近藤局長を狙撃する人物ではありますが、
だから嫌というのはなくて、この人についてはどんな人物だったのか知りたい
という気持ちが以前からありました。
小説ですから、その内容を鵜呑みにするわけにはいきませんが、
新しい篠原像が生まれるかもしれないと思うと楽しみです。

>武田観柳斎、谷三十郎、鈴木三樹三郎、島田魁・・・もう無理かな

そうですねぇ、新選組好きは読んでみたいですが、現実的な話、
あまり知られていない隊士を取り上げても読んでもらえるかわからない、
売れるかわからないという部分はあるかもしれません。

>これからも無理をしないペースで新選組他徒然を語ってください。

はい、ありがとうございます。
最近、なかなかPCに向かう時間が取れなくなってしまったものですから、
更新を怠ることが多くなってしまって。
でも、続けていきたいと思っていますので、新撰組十一番隊様もこれに懲りずに
またいらして下さいね。
そして、また色々お教え下さいませ。
よろしくお願い致します。


            
紫蝶 | URL | 2015/02/21/Sat 18:04[EDIT]
新選組隊士の小説
久しぶりです。ご無沙汰していました。

以前に各隊士の主人公の小説の話題で紫蝶さんが武田観柳斎の本がでたら面白いですねというやりとりがありましたね。
あれから経過もあり代表的なところを列記します。
(短編と新人物往来社作品と土方・沖田作品は多いので外します)


芹澤鴨 「新撰組局長首座」  峰隆一郎
永倉新八「幕末新撰組」  池波正太郎
斉藤一「新選組副長助勤斉藤一」  赤間倭子
     「一刀斎夢録」  浅田次郎
藤堂平助「新選組藤堂平助」  秋山香乃
井上源三郎「新選組捕り物帖」 秋山香乃
原田佐之助「残影」 三好徹

そして新作、葉室麟の
「影踏み鬼」新撰組篠原泰之進日録

これからもまだ取り上げられていない隊士主人公の小説が出るのを楽しみにしています。
武田観柳斎、谷三十郎、鈴木三樹三郎、島田魁・・・もう無理かな

これからも無理をしないペースで新選組他徒然を語ってください。


新撰組十一番隊 | URL | 2015/02/05/Thu 20:24[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。