おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土方さんのテレカ①(前置き)
昔、テレフォンカードにはさまざまな美しい写真や柄があり、良く集めました。

特に観光地では、必ずご当地のテレフォンカードが売られていました。
図柄や写真も綺麗で、またその土地ならではの工夫されたものもあり、
たとえば、漆工芸が盛んなところでは漆塗りのもの、友禅が有名なところでは
絹地に友禅柄が描かれたもの、彫金仕上げや金箔仕上げのもの、
秋田では秋田杉を使用したものや箱根には寄木細工のものまでありました。

私は、旅行に行くと必ず記念に1枚か2枚、珍しいものがあれば出来るだけ
それらを選びながら購入してきました。
それに軽いし、柄も美しいので、お土産にも最適でした。

あれほどどこに行っても売っていたテレカですが、携帯電話がこれだけ普及した今日では、
いつの間にかテレカは表舞台から消え、観光地でもまず見ることはなくなりました。
世の中からすっかり忘れ去られた存在となり、なんでも揃うと言われるコンビニでも
置いている店とない店があるほどで、今や簡単に購入する事もできません。
需要が少なくなったのですから、世の中から消えていくのは当然といえば当然ですし、
それも時の流れでしょう。

私は、時々今まで集めたテレカのホルダーをめくってみるのですが、
まるでアルバムを見ているようにそうそうここへも行った、あそこにも行ったっけなどと
懐かしく思い出され、楽しいものです。
だから、余計にテレカがなくなってしまったのは、寂しいと思えてなりません。

観光記念ならば、絵葉書を買えばいいじゃないと思われるかもしれませんが、
絵葉書とテレカの柄って違うんですよね。
ごめんなさい、何が?と問われると困ってしまうのですが、テレカ収集をされていた方なら
わかっていただけるのではないかと思います。
それに大きさもハガキサイズよりもテレカの大きさの方が収集するにはもってこいでした。

私は、観光地でテレカでなくても同じような大きさの観光地カードみたいなものを
売ってくれたら良いのになあ、なんて思います。
そうしたら、記念に集めるのになあって。(そんなのは、それこそ需要がないかな。)

ずいぶんと前置きが長くなってしまいましたが、そろそろ本題に。

なぜ今、テレカの話題なの?と思われた方もいらっしゃたかもしれませんが、
テレカは何も観光地ものばかりでなく、アイドル、芸能人、アニメ、歌手、動植物、企業もの等、
ホントに数多くの種類がありました。
そんな中には当然、土方さんのものも。

ということで、久々にカードホルダーを見ていたところ、ふと私の持っている土方さんのテレカを
ブログで紹介してみようかなと思ったわけなのです。
ただそれだけなのですが、ついつい長くなってしまったので、土方さんのテレカのご紹介は
次回ということにさせて下さい。
本当に申し訳ありません。
それでは、また・・・。
                                                   つづく・・・
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。