おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年の新春ワイド時代劇は「白虎隊」
テレビ東京系列の正月恒例の特別番組である新春ワイド時代劇、来年は「白虎隊」だそうです。
このことはもうとっくに発表されていたようで、今更と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
私が知ったのは、昨日だったものですから、お許し下さいませ~。

内容的には、「会津の若き隊士たちが自刃して果てた「白虎隊」の悲話を、
会津藩家老 西郷頼母の家族を中心に描く」
とのこと。

この話を聞いて、あれ?っと思った私。
一番に思ったのは、なぜ、「白虎隊」というタイトルで、西郷頼母とその家族を中心にするのかな?
これって、日テレのあの名作「白虎隊」(里見浩太郎さん主演)と視点が全く同じじゃないの?ということでした。
もちろん、脚本家も違えば、役者さんも違うし、制作される時代も違う、そして「西郷家の愛と葛藤のホームドラマを軸に、西郷頼母と主君・松平容保との主従を越えた絆、新撰組副長・土方歳三との友情、若き白虎隊士たちとのふれあいと別れを織り交ぜて描く。」ということでもあり、全く違うドラマになることは間違いないという気はします。

それに今、福島をドラマで取り上げる事も、とてもいいことですよね。
そのことによって、注目度が増し、観光事業にもいい影響が出るかもしれないし、
少しでも復興の手助けにもなるかしれない。だから、ドラマ制作自体は賛成です。

と言いつつ、そうは言ってもやっぱり、何も過去のものと同じような作品を作らなくてもいいのでは?という気持ちは、拭いきれません。

だって、だって、日テレの「白虎隊」は、本当に本当にいい作品でしたから。
実は、この日テレ版は8月にCSで放送されていて、それを見て、感動を新たにしたばかりなんです。
だから余計にうーん?ってなってしまったんですよね。
今度の作品は、脚本がジェームス三木氏、主演は北大路欣也氏なので、見ごたえのある大人のドラマになることは間違いなく、期待できるとは思うのですが・・・。
視聴者としては、制作する上は、過去の作品以上に良い作品を見せて頂きたいと切に願います。

ああ~、それにしても日テレ版の近藤正臣さん演じる土方さんは、ホントにホントに素敵でした。
今回改めて観なおして、こんなにもこんなにも素敵だったんだーと実感。
カッコよすぎますよー。

おっと、今日は過去のドラマのお話ではなく、来春放送の新作についてのお話でした。
それでですね、一番気になる配役ですが。
はい、私が気になると言えば、新選組隊士達に決まっておりますよー。
で、で、一番肝心なお方、そうです、土方さんはといいますと、いったい誰でしょう?

答え  岸谷 五朗 さんでしたー。

岸谷さんの土方さん、私にはあまりイメージがわかないのですが、果たしてどうなるでしょう?
ちょっと年齢が行き過ぎている気もしますが、演技力は確かな方と思うので、新しい土方像を見せていただけたら嬉しいなあ、なんて思います。
私の「土方さんベスト3」に入るような土方さんを是非、見せて欲しいです。

その他の配役では、近藤局長役に梨本謙次郎さん、芹沢鴨役に隆大介さん、そして、松平容保役に伊藤英明さん。
局長の梨本さんは、ちょっとイメージが違う気もしますが、どんな近藤さんになるか?楽しみかも。
隆さんの芹沢さんは、いかにも怖そうな感じがします。この方の目には、鋭いものがありますしね。
そして、そして容保様役の伊藤さんですが、こちらは、良いかもしれないって思いましたー。
伊藤さんって、イメージ的には土方さんよりも絶対に殿の方が合っている気がします。
過去のヘタレ土方さんを払拭した素敵な殿を観せていただきたいです。

正月2日に毎年放送されているこの番組、実はあまり観たことがありません。
昔の12時間やっている頃はところどころ観ていた時もあったかな。
えっと、そうそう渡辺謙さん主演の「壬生義士伝~新選組で一番強かった男~」は録画して観ました。
市川染五郎さん主演の「竜馬がゆく」は、再放送で観た記憶があります。
けど、来年「白虎隊」となれば観ないわけにはいかないので、録画になってしまう可能性は大ですけど、しっかり観るつもりです。

なかなか良い時代劇を観る機会がない昨今、来春のテレ東さんに期待しましょう。


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。