おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狩人、久々の歌声「あずさ2号」(追記あり)
18日のNHK『第44回思い出のメロディ』、観ました。
危うく見逃すところでしたが、狩人の歌声は聴くことができました。
久々に聴く「あずさ2号」でしたが、お二人とも声の衰えは全く感じさせず、
あの絶妙なハーモニーも健在で、とても嬉しく思いました。
歌い終えた時は、思わず拍手をしてしまいましたー。

ただ、ワンコーラスだけだったのがとても残念でした。
せっかく5年ぶりの歌声なのだから、絶対フルコーラスでお願いしたかったです。
それに福島応援の為にも、是非「磐越西線」も歌って欲しかったなあ。

いくら大御所とはいえ、一人で何曲も歌った人もいたので、
NHKもちょっと贔屓がすぎるぞと思いました。
まあ、歌の世界のえこ贔屓なんて、今に始まった事ではないですけどね。


昔から彼等の兄弟仲が悪いことは結構有名でしたが、今回色々とネットで検索してみたら、
私の知らないようなエピソードもかなりあったみたいです。
でも、どんなに最悪な関係になっても所詮は兄弟、兄弟だからこそ、大喧嘩もする。
ご兄弟がいる方はきっと判ると思うのですが、兄弟だからこそ遠慮はしないので、
喧嘩はひどいことなります。
相手が他人ならば、たとえどんなに険悪でもここまでは言わないということも、
兄弟間にはありませんから。

けど、どんなに酷そうでも、結局は傍が思うほどではないのではないでしょうか。
だって、本当にお互いが憎しみあうほどに関係が悪化していたのなら、
31年も二人で歌い続けることなんて、絶対にできません、できるはずありません。
それに、あまりにも最悪な関係であったのだとしたら、再結成もできるはずないですから。
兄弟には、人には説明のつかない兄弟だからこその関係があると私は思います。
私も姉と毎日のように喧嘩ばかりしているので、よくわかるんです。

狩人の二人の関係がどうであれ、素敵な歌声を聴かせてもらえるなら、
何も言うことはないとも言えますが、ただ、ファンとしては、
できれば二人仲良くやっていって欲しいです。
それに越した事はありませんものね。
そういった良い雰囲気というものが、自ずと歌にも影響してくるのではとも思いますしね。

ですが、18日の番組で歌い終えた後の高道くんは、凄くニコニコしていて、
何かとても嬉しそうに見えました。
あの笑顔を観たら、なぜか、これなら大丈夫そうね、なんて思ってしまいましたー。
再結成も二人で決めたということですし、新生狩人にはおおいに期待したいです。
新曲も早く聴きたいなあ。




(2012.9.3 追 記)

少し時間が経ってしまったのですが、先週の木曜日(8/30)に放送された
テレビ東京系列の「木曜8時のコンサート~名曲!にっぽんの歌~」にも狩人が出演しました。
18日にNHKに出演したばかりなのに、こんなにも早くまたテレビ出演の機会があるとは
思わなかったので、嬉しくて、やっぱり楽しみに観てしまいましたー。

歌った曲は、やはり「あずさ2号」で、またもやワンコーラス(厳密に言えばワンコーラス半かな)しか
歌ってもらえなかったのは、とても残念だったのですが、
でも、でもですね。
実は、お二人が登場した時、感動的というか、なんでしょう、おそらくファンにとっては
とても嬉しいサプライズだったのでは?と思うことがありました。
それは、右左両端から登場してきたお二人が、なんと!中央に来た時にガシッと
高い位置で握手(?)を交わしたのです。
そう、ホントにガシッと音がしたように思えるほどの力強さで。
(うーん、正直、あれを握手と言っていいのか、ちょっと表現に困るのですが、
目の高さ位のところで力強く手を握り合ったわけなんです。)
その姿に、今ホントに心が通じ合い、心を一つに歌っていこうと思っているお二人の気持ちが
現れているようで、嬉しくなってしまいました。

歌っている時も、お二人とも何となく嬉しそうに見えましたし、歌い終わった後も、
お二人とも何かとても満足そうな表情をしてました。
特に今回は、お兄ちゃんもはっきりとした微笑を浮かべてたのが印象的でした。
私の記憶では、昔は、そういうシーンはあまり見たことがなかった気がするので、
やっぱりお二人の気持ちに変化があったのは確かなのだろう、と思いました。
(あっ、私は狩人がデビュー当時から、兄の邦彦(今は久仁彦)さんをお兄ちゃん、
 弟の高道さんを高道くんと呼んでいるので今後もそう呼んでいきます。ご了承下さいませ~。)

そんなこんなで、18日に思った「これなら大丈夫そうね」という気持ちは、
「もう、大丈夫、新生狩人には期待できる」という確信に変わりました。

今回の再結成のことで、改めて思いました。
私は、やっぱり狩人の歌が好きなんだと。
思えば、若い頃、辛いことや悲しいことがあると、部屋を暗くして一人、狩人のレコードを
聴いたものでした。
すると、次第に心が落ち着いて、いつの間にか怒りや悲しみ、イライラも
どこかへいってしまってました。
狩人の歌で癒されていた青春時代だったと思えます。

あの美しいハーモニーは健在なので、これからまた素敵な曲をたくさん聞かせて欲しいです。
ずっと、ずっと兄弟仲良く、このままの良い雰囲気で歌い続けて欲しいなと思います。



 
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

早々様、お久しぶりです
9月に入っても、まだまだ真夏のままのようなこの暑さ。
いったい、いつになったら涼しくなってくれるのでしょうね。
早々様のパソコンも開く気になれなかったというお気持ち、わかる気がします。
私もブログ記事を書こうと思いながらも、サボってしまって、更新が滞っている始末。
自分で、ダメだなあと思っている今日この頃です。

早々様も狩人の歌、お好きですか?それは、嬉しいです。
「コスモス街道」、いい歌ですよね。私も大好きです。
昔、嫌というほど毎日聴いていたので、今でもフルコーラス歌詞を見ずに歌えますよー。
なんて、自慢にも何にもなりませんけど。(笑)
けれど、どうしてもTVで一曲というと「あずさ2号」になってしまうところがあって、
大ヒットしたにもかかわらず、なかなかTVで聞かせてもらえる機会が少ない気がして、
前から残念に思ってました。
「コスモス街道」の方が、狩人のハーモニーの美しさがより強調されているように思うので、
多くの人に聴いてもらいたいという思いもありました。
今度TV出演する時には、ぜひ「コスモス街道」を聴かせてもらいたいなと思います。
でも、可能性は薄いかなあ?
あっ、でも今は、福島応援の為にも当面は「磐越西線」で頑張って欲しいかなとも思います。

『黒猫DANCE』、私も読みました。感想をUPしようと思いながら・・・今に至っています。
すみません、あとで、書きますね。
ほんとに今回も期待を裏切らない面白さでしたね。イバハチくんの髪型は、私も何でこれ?って思いましたが、後からお坊ちゃんを象徴しているのかな?なんて思ったりもしました。
土方さんはホント男前。あのいい加減さも面白いです。けど、やる時はビシッとやるみたいなところも描かれているので、土方ラブとしては嬉しいです。
確かに坂本龍馬も出てきちゃいましたね。
うーん、新選組の話に龍馬は出てこなくてもいいのにと私は思う方なのですが、
やはり幕末で大人気者の龍馬を出さないというわけにはいかないのかな、
などと思ったりもします。
けど、たゆちゃんが大変なことになってしまって・・・私も続きが早く読みたいです。
紫蝶 | URL | 2012/09/09/Sun 19:01[EDIT]
ご無沙汰いたしております。この夏の暑さでパソコンを開く気になれずに居りました。
狩人ですか?私もこのお二人の歌大好きです。特に秋桜の花が好きな所為かコスモス街道が。本当に詩に歌声に心癒され、歌は下手なのですがふと口ずさんでいました。コスモスの群落を眼にすると幸せ一杯になれます。

それと黒猫DANCEの2巻読みました。惣ちゃんが突きの真髄に気付いたり、髪型はチョットでしたが、イバハチの男気も素敵でした。この土方さん男前ですね。話を膨らますのにやはり龍馬が入ってくるのですね。でも続きが楽しみです。

早々 | URL | 2012/09/07/Fri 21:35[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。