おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アサギロ』 第6巻
『アサギロ』第6巻を読みました。

でもね、うーん。

この作品、ずっと「大好きです」って言ってきた私ですが・・・。

今回ばかりは読後の後味がよくなくて、なんだかなあ・・・という思いが強いです。

なぜかと言えば、一言で言うと主人公である沖田さんの性格が悪すぎってことでしょうか。

それは今に始まった事ではなく、第一巻から一貫していることで、

それがこの作品の沖田さんなのかもしれないけれど、でも、私としては、

こんな沖田さんが、話が進むに連れて色々な出来事に遭遇しながら成長し、

大人になっていくのだろうと期待していました。そういう物語なのだろうと。

ところが、そんな気配は一向になく、第6巻では、逆にますます酷い性格が顕わになっていくようで、

少し耐え難くなってきました。

我が強すぎ、人の忠言にも全く耳をかさず、反省と言う言葉も知らず、謙虚さなんて皆無。

素直のすの字も持ち合わせず、言葉も酷くて、優しさ、穏やかさなんて全く無縁。

そんなあまりのひねくれ沖田さんに、いい加減うんざりといった心境に。

もう少しなんとか魅力的に描いてもらえないものでしょうかねぇ。

このままでは、全く魅力の感じられない沖田さんのままでは、辛すぎます。

それと、表紙の御仁ですが、私の予想は当たりましたが、彼の設定もねぇ・・・。

確かに今までない設定で、斬新でおもしろいともいえるかもしれないけれど、私はなんか嫌

今後、私の好みからもっと離れていくようなら、読むのをやめるかもしれません。

ただ、もう少し様子はみるつもりです。

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

名無しさん、こんばんは
ようこそ、お出で下さいました。
コメント、ありがとうございます。

>強さの裏づけが秀逸だと思う。絵空事ぽくない。

確かに言われてみればそうかも、と頷いてしまいました。

この作品は、少女マンガではないですし、
こういう沖田像があってもいいのかもしれませんね。
日頃、骨のある新選組のお話を読みたいと思いながら、
でも、どこかで沖田さんには少女マンガ的なイメージを期待している
自分がいるのかもしれません。

土方さんは、多少性格がひねくれている設定でも、そこがまた良いところなんて
許せてしまうところもあったりするのですが、沖田さんに対しては、
あまりブラックだとなぜか拒否反応がでてしまうところがあります。
この『アサギロ』の沖田さんも、どうしてももう少し可愛げがあるとなあって
思ってしまうのです。

これから記事をUPしますが、もう直ぐ最新の7巻が発売されるので、
どんな展開になっているのか、続きは読んでみるつもりです。

名無しさん、こんなブログですが、よろしければ是非またお越し下さいませ。
コメント、とても嬉しかったです。
これからも、よろしくお願いします。
紫蝶 | URL | 2013/02/06/Wed 20:34[EDIT]
一番性格悪いのは同意しますが、一番強そうとも思います。

強さの裏づけが秀逸だと思う。絵空事ぽくない。
名無しさん | URL | 2013/02/05/Tue 21:12[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。