FC2ブログ
おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ちるらん』 第2巻
すみません、またもや、更新を1ケ月以上もサボってしまいました。
更新がないにもかかわらず、訪問して下さいました皆様、ありがとうございます。
これからも、よろしくお願いします。

さて、発売からだいぶ経ってしまいましたが、『ちるらん』第2巻のお話を。
やっぱり面白い作品ですねー。
ホントに読んでいて楽しくなります。
なんだかワクワクする。
登場人物のキャラがハッキリしているところも、良いですね。
みんな凄く素敵ですけど、特に近藤先生は、カッコ良すぎです~。
懐が大きいというか、器の大きさが感じられます。
強くて怖くて、けど凄く優しくて、この人なら誰でもついて行きたくなります、絶対。
ほんと、イイ漢(オトコ)だわあ。
もちろん、土方さんもイイ漢ですよー、けど、全く違う良さなのですよね。

でも、この2巻のメインは、なんと言っても芹沢先生の登場だと思うのですが、
どんなキャラなのか、風貌なのか、一番の興味はそこにありました。
ということで、どんな人物か、ちょっとだけお教えすると、
今までのイメージにありがちだったデブッチョのオジサンとかでは全くなかったのは確か。
颯爽としてます。で、登場した瞬間は、坂本龍馬?と思ってしまいましたー。
いえ、見た感じがね。性格は、暴力大好き、凶暴そのものなんですけどね。
狂気じみていると言った方があってるかな。
とにかく、濃~いキャラであることは間違いないです。

あと、勝海舟も出てくるのですが、こちらもかなりビックリでしたよー。
作者の先生は、この作品の新選組をヤンキー集団と表現していますが、登場人物全員そんな感じ。
なので、人によっては、拒否反応を示す方もいるかもしれませんが、私はぜーんぜんOK。
まあ、会津藩士の人相の悪さには驚きは隠せませんでしたけど。
(れっきとした藩士があんなに柄が悪くていいの?って思わず突っ込んでしまいましたー。
 だって、だって酷すぎない? お読みになった方、そう思いましたよね、ねっ?)

何はともあれ、これからの展開が、ますます楽しみな『ちるらん』です。

   
ちるらん新撰組鎮魂歌 2 (ゼノンコミックス)ちるらん新撰組鎮魂歌 2 (ゼノンコミックス)
(2011/10/20)
梅村 真也

商品詳細を見る



スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

あきら様、こんにちは
改めまして、コメントありがとうございました。

とても嬉しかったです。

なんだかんだと思いのままを綴っているこんなブログですが、

いろいろあきら様のご意見なども聞かせていただけると嬉しいです。

たくさんお話できたらいいな~と思います。

こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いします。

紫蝶 | URL | 2011/12/03/Sat 12:00[EDIT]
ありがとうございます♪
紫蝶さま


上にコメントさせていただいたものです。
レス有難うございました。嬉しいです。


名前を記入し忘れてしまったようで、失礼いたしました。


晶(あきら)と申します。
また、度々寄らせていただきますので、どうぞよろしくお願いします。
あきら | URL | 2011/12/02/Fri 19:19[EDIT]
名無しさん様、はじめまして
ようこそ、お出で下さいました。コメント、ありがとうございます。
お返事が、遅くなって申し訳ありません。
過去の記事もすべて読んで下さったとのこと、いやはや恐縮です。
ホントにありがとうございます。(ちょっと恥ずかしいです。)

>芹沢さん、登場シーンは「あれ?竜馬さん??」って思いましたwww
おおー、やはりそう思われましたか?
同じように思った方がいたのは、うれしいです。
絶対、この人は坂本龍馬と言っても違和感ない感じですよね。
というより、芹沢さんだということに違和感ありありの私でした。
ちょっと衝撃でした。今までのイメージではありえない風貌でしたから。

>硬派な感じも勿論好きですが、ヤンキーな感じもまた納得してしまいます(笑)

私も同感です。本来なら、あまり今時過ぎるは好きではないと思う方なのですが、
なぜかこの作品は、それほど不満を感じずに読むことができます。
内容が面白ければ、あまり細かい事は気にならないということかもしれません。
ドラマもそうですが、やはり内容次第なのかなと思います。

芹沢さんが現代風の紙巻たばこを咥えてるとか、ほとんどの人が髷を結っていないとか、
勝海舟がピストルをぶっ放すとか、それはないだろうと思うこともいっぱい。
でも、楽しいと思えてしまうんですよね。
それにしても、会津藩士の柄の悪さは驚きですよね。

名無しさん様、こんなブログですが、よろしかったら是非またお越し下さいませ。
コメントは、過去記事に対してでも大歓迎なので、気になる記事がありましたら、
色々ご意見をお聞かせいただけると嬉しいです。
私はこう思うよーということなど、どしどし書き込んで下さいませ~。
甘口、辛口、どんな事でも結構です。
名無しさん様も土方さんが好きとのことですので、たくさんお話できると嬉しいです。

あっ、それから、もしよろしければ、次はハンドルネームをつけて書き込んでいただけると
ありがたいかなと思います。
別に無理にというわけではありませんが、お名前があった方が呼びやすいかなという
私の都合なんですけどね。

では、これからもどうぞよろしくお願いします。
紫蝶 | URL | 2011/11/24/Thu 23:33[EDIT]
はじめまして
紫蝶さま


はじめまして、コメントさせていただきます。

新撰組が好きで(紫蝶さまと同じく、土方ファンですw)あれこれ新撰組関連の書物を手に取り、インターネットで調べていたところ、紫蝶さまのブログにたどり着きました。
本当に興味深く、過去記事もすべて読ませていただきました。有難うございます。


【ちるらん】も読みましたよー♪
芹沢さん、登場シーンは「あれ?竜馬さん??」って思いましたwww

確かに、会津蕃も含め、みんな柄が悪いですよね(笑)
硬派な感じも勿論好きですが、ヤンキーな感じもまた納得してしまいます(笑)


長々と失礼しました。
また、立ち寄らせていただきます。
名無しさん | URL | 2011/11/22/Tue 06:07[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。