FC2ブログ
おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

龍馬図柄の記念硬貨
今更の話題で恐縮ですが、去る7月21日に坂本龍馬の図柄の硬貨が発行されました。
これって、大河ドラマの龍馬人気にあやかって発行されたのかなあ、などと思ったら、
そうではなかったのですね。
なんでも地方自治法施行60周年記念貨幣なるものが、平成20年(2008年)から
発売されているとか。
これは、平成20年7月から平成28年度前半までの約8年間にわたる大プロジェクトで、
その8年間で、47都道府県全ての貨幣(500円と1000円)が発行されるのだそうです。
で、今回の龍馬はいうまでもなく、その中の高知県のもの。
いつ、どの県のものが発行されるかは協議で決定されるようですが、
大河放送年に龍馬硬貨とは、なるほど高知県も考えたものですね。
ただ、実物は見てみたいかもと思うも、無理して手に入れなくてもいいか、とも思ったのですが、
たまたま姉が近くの信用金庫に行くと、午後3時の閉店間際にもかかわらず、
まだ残っていたと取り替えてきくれました。

写真を撮ってここに載せようと奮闘したのですが、どうも上手く撮れず、あきらめたので
詳しくお知りになりたい方は、造幣局のHPなどでご覧下さいませ。

それにしてもこの龍馬さん、かなり良いです。
初めはあまり興味がなかったものの(だって、土方さんじゃないし・・・
改めて実物を手にしたら、一転、ゲットできて良かったわあと思った私。
どこまでゲンキンなんでしょうね。

ちなみに、この日は高知県の他に福井県岐阜県の貨幣も同時に発行されました。
福井県の図柄は、恐竜
なぜかな?と思ったら、福井県では恐竜の化石が多く見つかっていて、
全国の恐竜化石の8割を占めているそうなのです。
まさに恐竜化石の産地。図柄が恐竜なのも納得です。凄いんですね。
福井県立恐竜博物館という博物館もあるそうなので、いつか行ってみたいです。

そして、岐阜県。こちらは白川郷の合掌造り集落と県花であるれんげ草がデザインされています。
どちらも高知同様、かなり良くできていて素敵だなと思いました。
龍馬だけでなく、この2枚も取り替えてきてくれた姉に、今回ばかりは感謝です。

実は、この記念貨幣、500円硬貨だけでなく、1000円硬貨も発行されているのですが、
こちらは、純銀製でしかも色付き。
申し込み制で、セット販売されるものなので、金融機関の窓口等での交換はできません。
でも、硬貨で色付きって珍しいですよね。って、そういう硬貨って過去にあったのでしょうか?
私は、見たことも聞いた事もないような気がします。

しかしですね、しかし・・・、この1000円銀貨のお値段が・・・。
銀貨といえど、額面1000円ならば巷で使えば1000円の価値しかありませんよね。
けれど、綺麗なプラスチックケースに入れられている1000円硬貨の、そのお値段はというと・・・
なんと 6000円 
いえね、色々検索してみたところ、とても綺麗そうだし、珍しい硬貨だから、
気に入った図柄があれば1枚くらい記念に買っていいかなと気軽に思ったのです。
値段を見るまでは。
でもねぇ・・・、いくらなんでも初めからプレミアつき過ぎではないでしょうか?造幣局様。
確かに特別かもしれませんが、例えば倍の2000円くらいならまだしも、6倍って・・・。
この値段設定がどこから来たものなのか、わかりませんが、貨幣にほとんど興味がない私には
理解の範疇を超えているので、手を出すのはやめました。

こういう記念硬貨が発行されているなんて、今回の龍馬硬貨で初めて知りましたが、
国ももう少し宣伝してもいいのではないでしょうかねぇ。
私のように全く知らない人も、まだまだいるんじゃないかと思いますから。

私の住む東京は、まだいつ発行されるのか、図柄もわかりませんが、
東京を象徴するものと言ったら、いったいなんだろう?
うーん、東京タワー? 都庁? 雷門? 皇居、二重橋? 
もしかしたら、今建築中の東京スカイツリーとか?
私だったら、やっぱり東京タワーが良いと思いますけど、考えが古いかなあ?
皆さんもお住まいの都道府県では、どんな図柄になるのか、考えてみるのも楽しいかもしれません。

それにしても、47都道府県全てを集めたら、圧巻でしょうね。
そういうコレクターの方はたくさんいらっしゃると思いますが、
とてもじゃないですが私には、コンプリートは無理そうです。

と、ここで突然ですが話を変えさせていただきます。もう少しお付き合いくださいませ。
龍馬繋がりで、大河ドラマ「龍馬伝」
こちらも今更ですが、我が以蔵くんの最期、きっちり見せていただきました。
最後までホントに痛々しく、可哀想でしたが、処刑されて、ホッとした気もします。
これでやっと楽になれるよ、良かったねって。

でも、この以蔵くんは史実とは違い、最後の最後まで武市先生に忠義を尽くしてましたよね。
毒饅頭の件も、武市を恨むではなく、逆に感謝しているようにさえ思えました。
過酷な拷問にも耐えきり、決して自白はせず、黙したまま逝ってしまった。
カッコよかったよ、佐藤以蔵。

そして、物語は第三部へと入ったようですが、今後見続けるかどうかは気分次第でしょうか。
本田博太郎さんが出演されるし、新選組の出番もまだあるようなので興味はあるところですが、
色々な情報から、龍馬の行動などが、あまりにも史実とかけ離れているということもあるようなので、
龍馬をほとんど知らない私の中に、この「大河の龍馬」が刷り込まれてしまうのも怖いかな、
とも思うのです。

そうだ、そういえば、以蔵役の佐藤健くん、今度は「るろうに剣心」の主人公、
緋村剣心役をすると聞きました。
大河の以蔵が決まった時に、剣心役も決まったそうなので、
以蔵の演技で注目を浴びたからというわけではないようです。
剣心は、私にはやはりアニメでの涼風真世さんの声のイメージが強いので、
と言っても私は漫画も読んでいないし、アニメもほとんど観たことがなく、
まともに観たのは過去にCSで放送されたOVA、それも一作だけなんですけど、
それでも実写化は想像がつきませんから、どうなる事かと思います。
ただ、佐藤剣心には頑張って欲しいなという気はします。
あっ、剣心ですからやっぱり「~でござるよ。」とか言うのかなあ? 

スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

ルンちゃん、こんばんは
お返事が遅くなって、申し訳ありません。

ルンちゃんも龍馬硬貨、手に入れられたのですね。

>でも土方さんの1000円なら、迷わず買うかもしれません^^;

そうそう、そうなんです。
私も価格6000円でビックリし、なんだかんだと書きましたが、
もしもこれが土方さんの硬貨だったら、私も買っちゃうかもと思いました。
と言いますか、きっと買っていると思うんです。いえ、絶対買ってます。(笑)
ほんとゲンキンなんです、私って。(汗)

佐藤剣心、いったいどんな作品になるでしょうね。
実写化の話を知った時、私もすぐに斉藤さん役は誰?って思いました。
アニメではかなり大人っぽい感じだったと思いますが、果たしてどうなりますか。
この実写化については、原作をほとんど知らない分、素直に楽しめるかなと
ちょっと期待しています。
ただ、くれぐれも演技の上手な人をお願いしたいです。
あっ、そうだ、やっぱり「ござるよ~」は、はずせませんよね。
けど、実写で人が言うと思うと・・・ちょっとビミョ~な気がしてしまいますが。
我ながら実写版忍者ハットリくん(慎吾版ではなく昔の着ぐるみの方、古っ!)を
思い出してしまうなんてことはないとは思うんですけど・・・。
(そんなこと、絶対ない、ない。って当たり前ですよね。失礼しましたー。)
紫蝶 | URL | 2010/07/31/Sat 23:45[EDIT]
新撰組十一番隊様、こんばんは
お返事が遅くなり、申し訳ありません。

>1,000円硬貨は純銀31.1グラムで時価1グラム56円として銀の価値分が1,741円です。

おお~、そうなのですか。銀の価値で考えたら、額面通りの1000円では足りない計算になるのですね。
それと加工賃、プレミアかあ、デザイン料なんかも入るのかもしれませんね。
それにしても、国が初めにつける値段としては、やっぱりお高いような。
でも、龍馬の1000円硬貨(6000円)は既に13000円なんですか?
ひぇ~、もう倍以上とは・・・。
けど、もし売りに出すとしたらどれくらいで買い取ってくれるのでしょう?
こういうことには疎いので、全く見当もつきませんが、中には
たくさん購入して売る人(儲けちゃう)もいるのでしょうね。

>ですからこれらは自分が生きてきた年代(時代)の証として大切にすればよいと思います。

本当にそうですね。私もこれからまた気に入ったデザインがあれば、取替えにいこうかなと思っています。

>紫蝶さんの付加価値最大の宝は芥川隆行の始末記ナレーションを録音できた TV音声入力付きラジカセのお父様のプレゼントではないでしょうか。

新撰組十一番隊様、ありがとうございます。
本当にその通りです。あの時の、あの感激は忘れていません。
が、新撰組十一番隊様にこうして改めて仰っていただいて、気づいたのですが、
その後、父への感謝の気持ちは、すっかりどこかに置き忘れて今まで来てしまったように
思います。
あの時、父はどんな思いでラジカセを探して来てくれたのか?
無理やり頼んだわけでも、ダダをこねたわけでもないんですが(ホントですよー)、
私のラジカセ欲しいオーラが相当強烈だったのか、あるいはもしかしたら、
母が私のあまりの土方熱を見かねて、密かに頼んでくれたのかしれませんが、
とにかく買ってきてくれたのでした。
誕生日でもクリスマスでもないのに、それに我が家にとっては決して安い値段でもなかったはずなのに。
当時は、ただただ嬉しいだけで、感激しただけでしたが、大人になった今、改めて考えれば、
それってとてもすごい事だったなって思います。
他人からみれば、「親ばか」の何ものでもないかもしれませんが、そんな親心に感謝しなければいけないなと今になって気づきました。(新撰組十一番隊様のおかげです。)

当のラジカセは長年大事に使っていましたが、残念ながら壊れてしまい、その時に処分してしまいました。当時、私にとっては録音したカセットテープ自体が大事で、ラジカセ本体には執着がなかった。
その頃は、もう10代後半ぐらいの年齢だったはずと思うのですが、父がどんな思いで買ってくれた物だったか、そこまで思いをめぐらす事ができる、大人の考えが出来る子ではなかった自分が悔やまれます。
録音テープと共にホント残しておくべきでした。

紫蝶 | URL | 2010/07/31/Sat 23:05[EDIT]
早々様、こんばんは
すみません、またもやお返事が遅くなってしまいました。
体調が良くなってきたと思ったら、今度は夏風邪をひいたらしく、
今週ずっと喉の痛みと咳に悩まされておりました。
いつもは絶対にしないのにあまりの暑さに一日だけクーラーをつけっぱなしで
寝てしまったのですが、その一回がいけなかったようです。
日頃しない事はしてはいけませんね。
早々様もどうかお気をつけ下さいませ。

記念硬貨、私もあまり興味がないので、龍馬の硬貨が出ると聞いても
「ふーん、そうなんだぁ。」といった感じでした。
実物を手にしてみると3県とも結構良い出来で、気に入りましたが。
ただ、私には何となく記念硬貨というより、記念メダルみたいに
見えちゃうのですが、それは私だけ(?)かもしれません。

NHKのディレクターの方のお話、ありがとうございます。
そういうことなんですね、ですが、NHK大河ドラマですからねぇ。
ある程度の史実はふまえて、その上でのフィクションであって欲しいと
どうしても思ってしまいます。
嘘を本当だと信じ込んでしまう自分が怖いから。
って、それは、まだまだ私がNHK神話(NHKの放送する事は正しいなんていう考え)に
とらわれいるということなのかもしれませんけど。

「るろうに剣心」は、原作は週刊少年ジャンプに掲載された少年マンガですが、
1996年にテレビアニメ化され、映画、OVAも製作された大人気を博した作品です。
舞台は幕末から明治にかけてのお話で、主人公は、人斬りは人斬りでも以蔵ではなく、
明治維新の時に「人斬り抜刀斎」と恐れられたという設定の緋村剣心という架空の人物。
ただ、モデルは実在の人物である河上彦斎だそうなんです。
私もほとんど知らないですが、新選組も出てくるし、特に斉藤さんが重要人物で出て来るので、
この作品で斉藤一の名が広く周知されたとも言えるかもしれません。
しかも、凄くカッコ良いらしく、人気のようです。

「天まであがれ!」、お読みになられたのですね。
最後はホントに切なくて、泣いてしまいますよね。
何度読んでも、いつ読んでも、心に響く作品だなあって思います。
紫蝶 | URL | 2010/07/31/Sat 20:53[EDIT]
龍馬硬貨
紫蝶さん、こんばんは^^
私も龍馬の硬貨をGetしましたよ♪
1000円の方は綺麗ですけど、やはりシンプルで大衆的な
500円玉の方が、私は好きです。
でも土方さんの1000円なら、迷わず買うかもしれません^^;

私も龍馬のことはよく知りませんが、
新選組の出番のシーンを見たとき、
物語性が強かった(ウソが多かった)ので、
今は「史実じゃないんだろうな」と思って見ています。
(私にとっては新選組がバロメーター^^)

剣心を佐藤君が演じるのは賛成ですね。
でもそれより、斉藤一を誰が演じるかのほうに興味津々です。
やはり「ござるよ~」は、はずせないでしょうね~^^;
ルンちゃん | URL | 2010/07/25/Sun 23:32[EDIT]
記念硬貨と市場
三枚の記念硬貨の紹介もふだん「新選組始末記」を文字おこしされている「紫蝶(さん)ワールド」にかかると、さすがに豊かな味わい深い世界へ広がりますね。

>この値段設定がどこからきたものか・・・
1,000円硬貨は純銀31.1グラムで時価1グラム56円として銀の価値分が1,741円です。あとは加工賃とプレミアですが確かに高めですね。
これは暗黙の市場価値?の連動で発行枚数との関連で価値形成が大雑把に決まります。
既にコイン販売大手の「T」では坂本竜馬の6,000円は13,000円で販売を開始しました。

一方、発行枚数の多い記念硬貨(百円、五百円)は値上がりせず殆んど同額の価値といっていいでしょう。ですからこれらは自分が生きてきた年代(時代)の証として大切にすればよいと思います。



紫蝶さんの付加価値最大の宝は芥川隆行の始末記ナレーションを録音できたTV音声入力付きラジカセのお父様のプレゼントではないでしょうか。
新撰組十一番隊 | URL | 2010/07/25/Sun 03:53[EDIT]
猛暑は復調しつつあるのに、きついですね。紫蝶様も体調が戻られて良かったです。ご自愛くださいませ。
記念硬貨、昔母が生存時集めたこともあったのですが、今は全く記念硬貨の話も知らずに居りました。龍馬には興味が無いため収集したいとも思いませんが、岐阜県のは素敵な図柄のようですね。
で、龍馬伝、NHKの大友ディレクター自身で、「フィクションというオオウソをつくためには画面に映る隅々まできちんとまじめに小さなウソを積み重ねないと」と朝日のフロントランナー欄で仰っておられました。時代の趨勢は大枠でつかみ、史実とは離れてもドラマ性を生かしてゆく方法のようです。一寸考えられないシーンもありましたし。
第三部は歴史ドラマとして見ようと思います
るろう剣心って全く分らないのですが、以蔵が主人公なのですか?
話はそれますが、
以前天まであがれをご紹介されたことがありましたよね。オークションで落として読みましたよ。最後のほうでは泣かされました。
早々 | URL | 2010/07/24/Sat 17:36[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.