FC2ブログ
おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

CSで62年版『新選組始末記』
ずっと以前、新選組始末記の主題歌を取り上げた時に少しだけ触れたましたが、
『新選組始末記』という作品は、私の愛する77年版の放送の以前に、
1962年にも同じTBSで製作、放映されていました。

配役は、主演の近藤さんに中村竹弥氏、土方さんに戸浦六宏氏、沖田さんに明智十三郎氏。

こちらは30分番組だったそうですが、いつか一度は観てみたいと思っていました。
ですが、残念ながら既にフィルムは残ってなく、観ることは不可能との情報を得ていました。
それでも、いろいろネット検索した結果、数年前に横浜放送ライブラリーというところで、
この作品を観る事ができるとわかりました。
ただし、全63話の内、現存するのはわずか2話のみ
それでも、その2話だけも観る事ができるなら、こんなに嬉しい事はないと、
それを知った時はとっても嬉しく、本当は、直ぐにでも飛んで行きたかったです。
でも、なかなかそうもいかずに時だけが過ぎてしまって・・・。

ところが、ところがです。
この貴重な作品が今月、CSのTBSチャンネルで放送されるそうなのです。
           わーい、やったー 

これは大変貴重な機会だと思います。
ぜひ、ぜひご覧になれる方は、お見逃しなく。
嬉しいなあ、私は戸浦氏の土方さんを是非観てみたかったのです。
それに、中村竹弥氏もおじさんだけどカッコ良くて好きなので、と言っても、
私が知っている中村氏は、『大江戸捜査網』の隠密支配、内藤勘解由役ぐらいなのですが、
時々見せる立ち回りのカッコ良さは印象に残っています。
さぞ、中村近藤も素敵なのではないかと期待大です。
まあ、かなり年配っぽい近藤さんではあると思いますけどね。

77年版の放送といい、この62年版の放送といい、
TBSチャンネルさん、本当に本当にありがとうございます。
感謝、感謝です。

その大事な放送時間は次の通りです。

2月21日(日) 昼12:00~午後1:00
「鳥羽・伏見の戦い 前編、後編」


わずか1日なので、忘れないようにしなければいけません。
どうやら3月にも放送はあるようですが、日にちはまだ発表されていないので、
なんとしても21日に観なくては、と思っています。

ちなみに、この放送の後、21日の午後1時からは、
『大型時代劇スペシャル 新選組・池田屋の血闘』(1992年)も放送されます。
主演は、里見浩太朗氏の近藤さん、土方さんは地井武男氏、沖田さんは野村宏伸氏。
この作品は、リアルタイムで観ましたが、正直あまり印象に残っていないので、
もう一度改めて観てみようかなと思っています。
そういえば、里見氏は、舞台でも近藤さんを演じています。
『花かんざし』という舞台ですが、私は初演と再演と2度、観に行きました。

なにはともあれ、2月21日をみなさん、お忘れなく!

スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

しゅんママ様、こんばんは
お返事が遅くなってしまって、申し訳ありません。
おお~、しゅんママ様も中村氏と言えば内藤勘解由ですね。
内藤勘解由、好きだったのに、確か主役が里見浩太朗さんから松方弘樹さんに
代わった頃に出演されなくなって、つまらないなあって思った記憶があります。
それでその後、だんだん番組も観なくなってしまいました。

「土方歳三は、戸浦六宏や」と力説している上司の方がいらしたそうで。
うーん、お会いしてみたかったですねぇ。
そして、色々お話を聞いてみたかったなあ。(笑)
この番組、とっても人気だったということは私も聞きました。
そして、戸浦土方が人気のポイントになったそうです。
この作品のプロデューサーと77年版始末記のプロデューサーは同じ人なのですが、
新選組を人間ドラマと捉える場合、土方さんがヘソになるとインタビュー記事で語っています。
どうりで、77年版土方さんの心理描写が細かく、そして悪者扱いしていないわけです。
明らかに土方さんに優しい描き方になっていますものね。
それにコロッとやられてしまった私なんですが・・・。
ですから、おそらく戸浦土方も嫌な奴ではないはずです。
人気のポイントになったと言われるくらいですしね。
ですが、そうとは思いつつ、やはり戸浦さんというと私には悪役ばかりのイメージで、
77年版の伊東甲子太郎役もピッタリで、どうも悪そうな土方さんのイメージしか
浮かばないので、尚更この作品は、観てみたいと思っていました。
わずか2話ですが、それでも観ることができるのは嬉しいです。
また、感想など綴ってみたいと思います。

「池田屋の血闘」に京本さんも出演されていたんですね。
ああ~、全く記憶にありません。
内容も全く覚えていないので、しゅんママ様同様、
私にもピンとこない作品だったのかもしれません。
一つの大きな理由としては、土方さんが・・・
私の好みの俳優さんではなかったこともあるかなあ。
紫蝶 | URL | 2010/02/15/Mon 21:46[EDIT]
こんにちは
私も中村竹弥さんというと内藤勘解由ですね~。

昔、職場で時代劇好きの上司が、
「土方俊三は、戸浦六宏や」と力説していましたが、
なかなかの人気ドラマだったそうですね。
なんでも生放送作品だったとか・・。
明智・沖田は、とても美男子だったそうです。
ぜひ感想お聞かせください。

里見浩太郎さんのドラマは、私もリアルタイムで見ましたが、
ちょこっと出演されていた京本政樹さんが、
めちゃめちゃメイクが濃かったことしか覚えていません。
ビデオも残していないということは、
当時の私にはピンとこない作品だったのかしらん。
しゅんママ | URL | 2010/02/09/Tue 08:58[EDIT]
早々様、こんにちは
そうなんです、TBSチャンネルなんです。
このチャンネル、私はスカパーで観ているので、ケーブルはよくわからないのですが、
地域によって観られるチャンネルに違いはあるのかな?
ちなみに、私の住む地域のケーブルでは、オプションで別途契約すると観られるみたいです。
視聴後には、また感想など綴ってみたいと思います。
紫蝶 | URL | 2010/02/06/Sat 13:42[EDIT]
CSのTBSチャンネルですね。ケーブルテレビで見れたらラッキーなのですが。
感想お聞かせくださいませ。
早々 | URL | 2010/02/05/Fri 23:42[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.