FC2ブログ
おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

新選組始末記 第13話 3
第13話 「壬生の嵐」3

蛤御門の戦いから数日後の屯所では、沖田さんがなにやら庭の草いじりを。
そして、原田、永倉両名がちょうど部屋から出てきたところに
外出先から戻ってきた正装した局長と副長の姿。

(永)「おっ、局長。二条城への呼び出しは何でした?
    まさか、新選組に長州征伐軍に加われというのではないでしょうな。」
                     どおりで正装していると思ったら、行き先はお城だったのですね。

(近)「いかに権威が落ちたとはいえ、幕府もそこまでは頼めまい。
    今日は、この間の長州との戦いで、老中稲葉美濃守殿から感状と賞金が出たのだ。」

それを聞いた原田さん。
すかさず、池田屋以来、隊士達は働き詰めで疲れきっているから、その賞金で島原を借り切り
今夜あたりパーっといきませんか?と提案。
ところが、局長の口から出た言葉は、この村の一帯には蛤御門の戦いで焼け出された人達が
大勢いるので、賞金はその人達に分けようというもの。

そこで土方さんが一言。

「さぞかし、山南が喜ぶことだろうよ。
 あの仙人、近頃は新選組の仕事より焼け出されの面倒見で大変だ。」 
                      おっと、副長さん、嫌味全開といった感じですけど。

(近)「別段悪いことではあるまい。
    土方、お前は賞金を焼け出された人達に分けることに反対なのか?」

(土)「いやあ、反対はしねぇ。反対はしねぇが・・・」

と、渋い顔で静かに言ったまま、後の言葉は続けずに行ってしまいます。
何なんだ?というような表情で副長を見る原田、永倉両名。
ホントに何か思うところがある感じですが、それが何なのかは今はわかりません。
でも、さっきの山南さんに対する言葉には、何かしら土方さんの気持ちが現れている気はします。
少なくとも良い感情ではないことは、窺い知れますが。

そんな土方さんと入れ替わりに現れたのが、噂の主(?)の山南さん。
水桶やほうきを持ち、薄汚れた格好で、土方さんが言ったとおり焼け出された人達の
世話をしに行ってきた様子。

(近)「おうっ、山南。連日大変だな。」

(山)「いえ、この辺りは焼けなかったんで、行く所がない者が近くの藪や畑に
    大勢避難しているんですが、蚊が出てきて可哀想です。
    後で隊士に蚊やりでも届けさせましょう。」
                              やっぱり優しい山南さん。気遣いも流石。

(近)「ふむ。」

(原)「総長、局長は老中からの賞金を全部、焼け出された連中にやっちまおうっと言ってるんです。」

(永)「呑衛ぇ左之助としては、ちと不満そうだが?」 あっ、永倉さん、図星ですよ、きっと。   

(原)「う、うぅむ…。 うん? ばか言えっ、俺はもともとそうすべきだと思っていた。」
                            おやおや、どこまでも調子のいい原田さんですね。

(永)「おうっ、そうかい、そうかい、へへへ。」

とても和やかな雰囲気でいい場面ですが、やはり土方さんが気になるところ。

(山)「局長、すみません。助かります。」

(近)「それから、屯所にある米や味噌もできる限り出してやれ。隊士達が着なくなった衣服もな。」
                                     局長さんも、ホントに太っ腹。

(山)「はい。
    そういう局長のあったかい計らいで、新選組の評判はどんどん良くなっています。
    少なくとも私の前で人斬り狼なんて言う者はいなくなりました。」
                                  いつになくご機嫌な山南さん。

でも、この言葉を聞いて振り向いた局長の顔には、心なしか険しさが伺えて、
ご機嫌な山南さんは気づいていないようですが、これは余計な一言だったような気もします。

そして山南さんは、その場にいた沖田さんにおすみさんの家が、
戦いの巻き添えで怪我をした人達で溢れていて、大変なことになっていると伝えます。
すみさんに対しても、父親がいないので独りで手当てをしている、とても健気な娘だと感心もしているよう。

と、そこで沖田さんを呼ぶ局長の声。
何かと思えば、お金をおすみさんに届けてやれとの心遣い。

(沖)「しかし・・・あの娘は我々新選組を憎んでいます。特に私を。」 ためらう沖田さん。

(近)「金は娘にやるのではない。怪我人や病人の為の費用なのだ。」

そう言って「おい、山南。」と山南さんに沖田さんに渡すよう包みを託す局長。

(山)「総司君、局長がああ仰っているんだ。 君からならすみさんも受け取る。行きたまえ。」

山南さんをじっと見つめる沖田さん。
不安そうだった沖田さんも、山南さんの言葉に「はい。」と素直に受け取ります。
その表情には、山南さんの言うことなら間違いない、というような信頼感が見て取れました。

その一方で、一連のやり取りを黙って聞いていた土方さん。
いかにも面白くなさそうな面持ちで、扇いでいた扇子をパチッ!と。

副長さん、ホントになんでそんなにご機嫌斜めなのでしょうか?
その答えは、実はいずれ近い内にわかることになるのですが、
今のご機嫌な山南さんと対照的な土方さんの態度。
この二人の温度差が、またも今後の二人の行く末を暗示しているかのようで、
それを思うと切ないです。

さて、おすみさんの所へ行く沖田さんもどうなることでしょう?
気になる続きは、また次回で。
                                               つづく・・・
スポンサーサイト

新選組始末記 第13話 2
第13話 「壬生の嵐」2

「原田、沢さんの焼香は?」

局長の問い掛けに黙って香典の包みを掲げ、仕方がないので遠くから合掌してきたと
伝えた原田さん。
わかったと言うように頷づく局長でしたが、原田さんの後ろにいる人物に気がつきます。
実は原田さん、一人で戻って来たのではありません。
どおりで、沖田さんの呼びかけにたった一言しか答えなかったのも
お客人を連れていたからだったのですね。
おそらく、途中で出会ったのでしょう。
その御仁は、会津の戦奉行、飯田平左衛門殿、急用で来られたのでした。

急用とは、朝議は長州に退去を命ずることに決まり、これから長州軍の指揮者に通告に行くので
局長にも特別に同行してもらいたいとのこと。
なぜ自分がと少し腑に落ちない様子の局長、理由を問うと、
長州の嘆願書の中に池田屋の一件があるからとの答えに同行を承諾するのでした。

飯田、近藤両名に相対するは、長州藩家老の福原越後。

(福)「退却?承服できん。
    我らはあくまでも平和裡に藩侯父子の上洛の許可を得たいとお願いしている。
    再度、朝廷にお取り次ぎを願いたい。」

(飯)「朝議は既に退去と決している。この命令に従わねば追討の軍を発しますぞ!
    だいたい平和裡平和裡と申されるが、その武装は何事でござる。
    まるで戦さの支度ではござらぬか。」

確かに福原は立派な陣羽織姿。今にも出陣?といった感じ。
そんな福原にあくまでも強気の飯田さん。

(福)「戦支度は、在京藩士の暴挙を静め、あわせて池田屋の狼藉者を捕らえるためでござる。」

えっ?池田屋の狼藉者って?それってまさか?
と、ここで初めて口を開く近藤局長。

(近)「先程から伺っていると、池田屋の狼藉者とは京都に火をかけるべく集まった浪士ではなくて
    その浪士を捕らえた新選組のことを言っておられるように聞こえるが、
    そういうことでござるか?」

(福)「さよう。京都に火を放つなど、新選組が古高俊太郎に手酷い拷問を加えての
    でっち上げでござる。」

ほら、やっぱりそう。でも、あのう…、福原さん。
あなたは今誰に向ってそのせりふを言っているのか、もしやお分かりになっていないのでは?

(近)「だまりなさいっ!」 あまりの迫力に驚く福原。

続けて池田屋の暴議には密書や連判状等のれっきとした証拠があり、不逞浪士は明らかに
あなた方長州と組んでいると断言する局長。
睨み合う両名。

ここで初めて、「ところで貴公、幕府ではあまりお目にかからぬ顔だが?」と
目の前の相手に問う福原さんなのでした。

「新選組局長 近藤勇でござる。」

(福)「し、新選組の近藤?」    

堂々と名乗られた時の彼の驚きようは、まるで鳩が豆鉄砲を食らったかのよう。
ああ、やっぱり知らなかったのですね、自分が今話している相手が誰なのか。
散々悪口を言った相手が目の前にいたのですから、驚くなと言う方が無理ですが、
このばつの悪さは、ちょっと同情したくなりました。

さて、近藤さんの名を聞いた長州勢は勇み立ち、あわや一触即発。
けれど、ここは双方大人の対応で事なきを得ますが、
退去は勅命であり、これに逆らえば逆賊となる、そう言われたくなければ退去せよ、
との飯田さんの強い最後通告にもう何も言えず、
「改めて返答つかまつる。」とだけ言って、引き上げるしかない福原達長州勢でした。

(飯)「近藤さん、長州は退去するだろうか?」

(近)「しますまい。おそらく京都に攻め入るでしょう。
    この私を新選組の近藤と知った以上、長州は引くに引けますまい。」

そして、近藤局長のこの読みは、すぐに的中することになります。

元治元年7月19日午前7時、ついに長州軍は京都御所に迫り、各門を守る諸藩に攻撃を開始。
世に言う蛤御門の戦いの勃発。
それでも、この戦いは会津藩の勝利に終わり、敗れた長州藩は、御所に発砲したことで
その後朝敵として京を追われることになるのは、皆さんご存知のとおりです。
ただ、この戦いで会津藩と新選組は長州藩から更なる憎しみを買ったのは間違いありません。

                                                    つづく・・・
                                      
 

新選組始末記 第13話 (再)
※ しばらく更新していなかった「新選組始末記」の記事ですが、久しぶりにUPします。
ですが、前回UPがもう一年以上も前になり、しかも第13話の途中で中断していたので、
いきなりその続きからいっても、あまりに時間的に前の記事と離れてしまい、
私自身気持ちが悪いので、再度同じ内容をUPしてから続けたいと思います。
したがいまして、今回の記事は、2012年5月26日にUPした内容と全く同じになります。
重複となりますが、お読みいただける方は、ご了承のほど、よろしくお願い致します。


第13話 「壬生の嵐」

沢玄沢先生の三七日。
沈んだ面持ちのおすみさんは、焼香に来た原田さんの姿を見ると部屋の隅へ隠れてしまい、
焼香は断ってくれとおまささんに告げます。

「お父はんを殺した新選組のお焼香なんか、して欲しいことおへんっ!」

その激しさに何も言えなくなる八木夫妻。
彼女の気持ちを汲み、お聞きのとおりなので今日のところは、と頭を下げるおまささん。
わかりました、いずれ改めてと理解を示し、遠くから両手を合わせた原田さん。
その立ち去る背中に浴びせられたのは、

「あんたはんらは、人斬り狼やー、みんな、みんなこの壬生から出て行っておくれやすーっ!」

激しい罵声。
振り返って彼女を見つめるも何も言えず、ただ立ち去るしかできなかった原田さんでした。

ここでのおすみさんの気持ち、わかる気がします。
自分の目の前で、父親が殺されてしまったショックは大きいでしょうし、
その張本人ともいえる人が焼香に来て、はいそうですか、ありがとうございます、とは
なかなかいきませんよね。
原田さんが直接手を下したわけではないけれど、おすみさんから見れば同罪でしょうしね。

さて、この日、元治元年七月十八日。
この頃、京都を包囲した長州軍は、会津と薩摩の非を鳴らして、御所を目指し動きだそうとしており、
これを迎え討つ為、新選組も暑い炎天下の中、九条河原に陣を敷いていたのでした。

御所の長袖どもは朝議、朝議で何日も無駄にしている、会議をやっていれば長州が退散するとでも
思っているのか、もう我慢の限界とばかりに我々だけで長州を追い払おうと逸る永倉さんに
そう逸るな、池田屋とは違い、今は幕府軍に組み込まれているのだから朝議が終わるまでもう少し待てと諭す局長。
と、そこで今度は、もう少し、もう少しでもう5日も経つ。だいたい優柔不断で毎日言うことが違う
禁裏守衛総督の一橋慶喜がいけないと言い出す藤堂さん。
こちらも永倉さんに負けず劣らず、かなりのご立腹の様子。
けれど、ここは魁先生と異名をもつ彼の一面を垣間見られる数少ない貴重なシーンと
言えるかもしれません。

それを受けて口を開いたのは、土方さん。
「上の方がダメなのは、今更始まった事じゃねぇよ。俺たちゃ命令どおり、この伏見街道を
 しっかり守りゃあ良いんだ。」

土方さんもイライラは募っているだろうことは、投げやりな口調でもわかるところですが、
そこは副長さん、意外と冷静。というか、諦めちゃってる感も無きにしも非ずです。

「しかしっ!」

反論しかける藤堂さんに、「藤堂っ!」と声を上げた局長が、扇子で示した方向には、
そんな話はどこ吹く風とでも言うようにしゃがみ込んで何やら話をしている沖田、山南、二人の姿。

(山)「総司、この花は待宵草と言ってね、夜誰もいなくなると花を開くんだよ。
    月を見て開くから月見草って言うんだろうが、月だけが眺めるから月見草なんだっていう
    気もするな。
    あはっ、もっとも、こんなこと何の役にも立たないな。新選組総長としては○○かもしれない。」

   ☆ ごめんなさい、○○の部分がどうしても、何度聞きなおしても聞き取れず、
      なんと言っているのか全くわからないのです。
      ただ、そこを抜かしても意味はわかると思いますので、あしからずご了承下さいませ。
      もしも、わかる方がいらっしゃいましたら、お教え頂けるとうれしいです。


(沖) 「いや、そんなことないです。皆、山南さんと話すとホッとすると言ってます。」

(山) 「ホッとする?」

(沖) 「ええ。」    良い笑顔で肯定する沖田さん。

(山) 「人には、定まった役割があるということかな?」   なんとも意味深なお言葉。

酷く寂しそうな表情で言う山南さんにちょっと怪訝そうな顔の沖田さんでしたが、
今日は沢さんの三七日だったと山南さんが話題を変えたので、
その場は、それで終わってしまいます。

このシーン、傷ついている沖田さんを気遣う山南さんの優しさがとてもよくわかる
良いシーンと思います。
それに、山南さんと話している時の穏やかそうな沖田さんの表情で、沖田さんの山南さんに対する
信頼感も伝わってきます。まさに弟を優しく気遣う兄と兄を心から慕う弟といった関係のよう。
ですが、一見、ほのぼのとした雰囲気の二人に思えても、これから先に起こる辛い出来事を
それとなく暗示しているような気も。
山南さんの表情とその口から発せられる言葉から感じられるどことなく寂しい雰囲気。
それが、まるで今後の山南さんの行く末を物語っているかのようにも思えてしまいます。

でも、でもね、山南さん。
一人で行動を起こす前にこんな風に自分を慕っている沖田さんがいることを
少しでもいいから考えて欲しかったな、彼がどれほど傷つくか、
山南さんなら十分わかっていたはずなのにと、
こんな場面があったらなら尚更に残念と、つい思ってしまう私です。
その時の沖田さんの心情を思うと辛くてなりません。

この辺のお話については、もう少し先のことなので、これ以上はその時にまわすとして、
お話を戻しましょう。

(山)「今日は、沢さんとこの三七日だったなあ。」

(沖)「原田さんが、自分の責任だと言って出かけていきました。
    焼香させてくれるといいんですが。」 

そうですか、さすがの原田さんもずっと辛い思いを抱えていたのかもれません。

(山)「八木さんの話によると、すみさん、酷く新選組を恨んでいるみたいだなあ。」

(沖)「それが気がかりです。」 ホントはとても胸が痛いのでしょうね、沖田さん。        

と、そこへちょうど戻ってきた原田さんの姿が。

(沖)「原田さん。」 沖田さんの呼びかけに

(原)「総司さん、ダメだったよ・・・。」 との一言。

聞く方も伝える方もさぞ、辛かったのではと思います。
こんな思いも寄らぬ出来事で、以前にも増して最悪な状態になってしまった沖田さんとおすみさんの関係は、果たして、これからどうなってしまうのか?
波乱続きの二人の恋の行方、どうか良い方へ向かいますようにと願わずにはいられません。

                                                      つづく・・・


ぼちぼちと
ブログを再開しようと思います。

お休み宣言をしてから約2ヶ月半が過ぎ、季節も暑い夏から肌寒さを感じる頃となりました。
この間、個人的には確かにいろいろあって、正直疲れたなあと思うこともしばしば。
それでも、再度入院した母も40日以上の闘病を経て、先月無事に退院できましたし、
考えてみればそう悪いことばかりでも無かったかな、なんて思ったりも。

というわけで、少しだけ気持ちに余裕も出てきましたので、
また、好きなことをつらつらと書いていこうかなと思います。

お休み宣言の間も、拙ブログを訪問して下さいました皆様、本当にありがとうございました。
相変わらずのカメさん更新になるとは思いますが、これからもどうぞよろしくお願い致します。


それでは、再開早々TVのお話になりますが、
一昨日(10月23日)、BSプレミアムで放送された「ザ・プロファイラー ~夢と野望の人生~」
皆さんご覧になりましたか?

私はですね、当日の朝、新聞でこういう番組が放送されるということを初めて知り、
録画しようと思いながら、すぐに準備をしなかったのが運のつき。
その後のなんやかんやで、つい忘れてしまって気がついた時は・・・
なんと、午後9時20分を少し回ったところ。

ああ~、私としたことが何たる失態。
よりによって、土方さんがテーマの番組を忘れてしまうとは・・・トホホもいいところ。
そうだったのです、今回の主役は、我らが土方さんなのでした。

題して、「俺は負けない、負けたくない~ 土方歳三・走り続けた純粋戦士」

司会はV6の岡田君、ゲストは、大石学氏、浅野妙子氏とビビる大木氏のお三方。
スタジオでは、天然理心流の実演もありました。

内容的には、土方さんの生涯を再現映像で振り返えり、それに関してスタジオの人たちが、
いろいろ意見を言い合うという類のよくある編成です。
それで、今回もとくに目新しいというとことはなかったのですが、
なぜか見ている内に、いつになく心が揺れて、最後には胸が詰まってきて泣きそうに。
土方さんの半生はよく知っているはず、再現映像だって見慣れているはずなのに不思議な気が。

なんだか私はやっぱり土方さんが好きと改めて実感させられた気もします。

初めの20分を見逃してしまったことが、本当に悔やまれまてなりませんが、
オンデマンド以外にこの番組の再放送ってないのでしょうか?
調べてみたのですが、今のところわからなくて、沈んでます。

それにしても岡田君、あの丸太のような木刀でよく天然理心流の殺陣をこなしていましたよね。
放送前に練習があったのかはわかりませんが、だとしてもとても様になっていて、
凄いなって思いました。
さりげなくやっていたみたいに見えましたが、あれって本当は難しいんじゃないでしょうか?

それと、ちょと余談ですが、岡田君ってホントにハンサムさんですねぇ。
この番組でアップになる度、改めてそう思ってしまいました。
正直、ちょっと見とれちゃった。

ファンの方には、「はあ?今更何言ってんの?」とお叱りを受けそうですね。
もちろん、私だって彼のことは前から知っていますよ。V6のメンバーだってことも。
けど、実はCMで見るくらいで、出演番組もほとんど見たことがないものですから
今までそんなに彼を意識して見ていなかったせいもあるかもしれません。
ファンの方、お許し下さいませ。

話は番組に戻りますが、前述したように土方さんについて目新しいことはありませんでしたが、
とても楽しめたので、うれしかったです。
そして、今度は近藤さんを取り上げてもらえたらいいですね。
その時は、また絶対に観ます。

Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.