おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読みました『誠のくに』・『新選組美男五人衆』
前回、ご紹介したマンガが手元に届いたので、少しだけそのお話を。

『別冊 花とゆめ』を手にしたのは、何十年ぶりでしょう。
別冊より『花とゆめ』の方を良く読んでいた私ですが、
まだ若かりし頃、そう10代の頃(遠い目~)に読んでいた雑誌が、
こうして、まだ続いているというのが、嬉しいなって思いました。

それで、ページをめくって更に驚いたことが・・・
それは、魔夜 峰央先生の『パタリロ!』が、今も連載されていたこと。
しかも、コミックは、最新刊で89巻を数えるとか。

ひゃー、驚きましたー。
ずっと続いていたなんて、ビックリです。
昔、アニメ化もされた作品ですが、皆さんは御覧になったことあるでしょうか?
なんだか、懐かしくて、昔に戻ったような気もして、読んでいて楽しくなってしまいました。

さて、では肝心の『誠のくに』のお話にまいりましょう。

感想を一言で述べるなら、凄く良かったです。
続きが早く読みたいよーって、とーっても思いましたから。
(けど、この先は、コミック本の発売を気長に待つ私なんですけど。

斉藤さんがメインのお話のようなので、斉藤ラブの方には絶対にお勧めとかと。
なにしろ、カッコいいですから、この斉藤さん。
そして、我が土方さんも、申し分ないカッコよさなので、土方ラブの私もルンルンです。
これでまた、楽しみな作品が一つ増えました。
コミックの発売を首をながーくして待ちたいと思います。

それから、もう一点の『新選組美男五人衆』

こちらも、とっても良い作品でした。
新選組創成期にいた美男五人衆を取り上げていますが、メインは山野八十八くん。
五人衆の中でただ一人、土方さんと共に箱館まで行って戦い、明治の世まで生き残って
天寿を全うする方ですね。
こちらも、是非ぜひ、続きが読みたいと思いました。

あの終わり方ですから、きっと続きがありますよね。
かれん先生、出版社のみなさま、ぜひとも続きをよろしくお願い致します。
ただ、皆さんもご存知のとおり、五人衆の中では悲惨な最期を遂げる隊士もいますので、
続くとなれば、そんな辛さも覚悟してくてはなりませんよね。
新選組ですから、きれいごとばかりの物語ではすまないのは当然ですけどね。

ちなみに、この作品に登場する土方さんも素敵なので、嬉しいです。
それに平山さんと芹沢さんもなかなか良くて、結構お気に入り。

あとあと、最後にほんの少ししか出てきませんが、行商人の格好をした人が良いんですよねー。
すごーく気になります。
この人、絶対に山崎さんですよね。そうとしか思えないんですけど・・・。

でも、この時は、文久三年の六月の設定のようなので、とすると山崎さんはまだ入隊前のはずだし・・・
けど、もしかして、公に入隊したとされる文久三年末から元治元年初め頃より以前から
ホントは土方さんの密偵として働いていた、そんな設定だとか?
なんて、細かい事まで思ったりして。
私、山崎さんも大好きなので、たくさん登場してくれたら嬉しいものですから。

ということで、この2作品、今後の展開が本当に楽しみです。


スポンサーサイト

『ちるらん』第6巻 発売予定日
『ちるらんー新撰組鎮魂歌ー』第6巻の発売日がわかりました。

どうやら4月20日のようですよー。

ということは、もう直ぐってことですね。(あと3日だわぁ。)
第5巻が12月発売だったので、もう少し先になるかなと思っていましたが、
意外に早かったですね。

わーい、嬉しいな。

田中新兵衛と土方さんの対決、いったいどうなったのかなあ?
読むのがとーっても楽しみです。

ところで、今までもお話してきましたように『ちるらん』は、
今楽しみにしている漫画の一つですが、
また新しい新選組の連載マンガあることを先日知りましたので、お知らせを。

それはね、『別冊 花とゆめ』で始まった菅野文先生『誠のくに』という作品。
ネット検索で、偶然見つけました。
『別冊 花とゆめ』の2013年4月号の表紙絵を見て、色彩といい、描かれている人物といい、
一目で、これって新選組ものよねとわかりました。

別冊 花とゆめ 2013年 04月号 [雑誌]別冊 花とゆめ 2013年 04月号 [雑誌]
(2013/02/26)


商品詳細を見る

菅野 文先生といえば、『北走新選組』『凍鉄の花』を描かれた漫画家さんですから、
お馴染みの方も多いと思います。

北走新選組 (花とゆめCOMICS)北走新選組 (花とゆめCOMICS)
(2004/09/17)
菅野 文

商品詳細を見る

凍鉄の花 (花とゆめCOMICS)凍鉄の花 (花とゆめCOMICS)
(2005/12/16)
菅野 文

商品詳細を見る

その菅野先生の新選組物の新連載が始まったなんて、ずっと知らなくて、本当に不覚。
そして、4月号ですから、当然購入の機会は逸してしまったわけです。
あーん、もうどこにも売ってないよー。

でも、この4月号、この作品のポストカードがオマケに付いていることでもあり、
余計に欲しい気持ちが強く、どうにか手に入れることはできないかと思っていたところ、
願いは通じるのか、古本ではありますが、運良く私の手元に届くことになりました。

まだ、届いていないので内容はわかりませんが、楽しみです。
連載ということなので、やはり末永く続いてもらえると嬉しいなと思います。

それから、連載ではありませんが、コミックをもう一点。
かれん先生『新選組美男五人衆』

この作品は、当初携帯マンガだったので、読みたいと思いつつ諦めていましたが、
(私は携帯は苦手で、ほとんど電話機能しか使っていないので)
この度、めでたくコミック化されたので、凄く嬉しかったです。

新選組美男五人衆を題材にした作品って、考えてみれば全くありませんでしたよね。
イケメンブームの昨今、あってよさそうなものですが、なかった。
あまり知られていない隊士ばかりなので、描きようもなかったのかもしれませんが、
かれん先生、目のつけどころが違います。

思えば、新選組の前作も誰も題材にしたことがなかった吉原田圃の大喧嘩を取り上げていますし、
新選組好きにとっては、今までにない新選組のお話を描いて下さるのが嬉しいです。
こちらもまだ手元にはありませんが、早く読みたいなあ。

新選組美男五人衆 (フラワーコミックス)新選組美男五人衆 (フラワーコミックス)
(2013/04/10)
小学館

商品詳細を見る

これらの作品、読み終えたらまた感想など書いてみたいと思います。

ちなみに、かれん先生の吉原田圃の大喧嘩を描いた作品はこちら。
            
 
歳三梅いちりん〜新選組吉原異聞〜 上 (クイーンズコミックス)歳三梅いちりん〜新選組吉原異聞〜 上 (クイーンズコミックス)
(2009/07/17)
かれん

商品詳細を見る
  
歳三梅いちりん〜新選組吉原異聞〜 下 (クイーンズコミックス)歳三梅いちりん〜新選組吉原異聞〜 下 (クイーンズコミックス)
(2009/07/17)
かれん

商品詳細を見る

季節は「春」ですが
こちらでは、染井吉野はすっかり葉桜となり、八重桜やツツジ、芝桜が咲き始め
季節はまさに春爛漫といいたいところですが、なぜか寒い。

確かに、桜の咲く頃は花冷えと言って寒いこともありますが、
それにしても、今年は例年にない寒さのような気が。
私が人一倍寒がりなので、そう感じるだけなのかもしれませけどね。
でも、強風や突風も多いし、現に今も外は凄い風が吹いています。
なにかわからないけど、ちょっと変よねと思う今年の春です。

そして、我が家でも今年は年明け早々から色々ありまして、
一難去ってまた一難、なんてことがいっぱい。
けれど、一番の大事件はやはり母の入院でした。
月一回の定期診察に行って、まさか即入院になるとは、夢にも思わず。

あれから2ヶ月と少し。
母の心臓は思った以上に悪い状況で、一時は、最悪の事態も覚悟をというところにまで。
驚きでした。確かに足のむくみや少しハアハアするところは気になったものの、
本人に苦しいとか胸が痛いとかの症状はほとんど無く、それほど深刻とは考えもしなかったので。

でも、治療の甲斐あって母の心臓は、なんとか動いてくれました。
ただ、腎臓の働きが悪く、最終的に人工透析を受けるということにはなりましたが。
それでも、なにより今、命が助かってくれたことに感謝しています。

それはひとえに、一生懸命治療にあたって下さった医師の先生方、看護師さん、
介護士の皆さんのおかげと改めて思います。
人はたくさんの人たちに支えられて生きていく事ができるのだということ、
今まで頭ではわかっていたつもりでも、本当は全くわかっていなくて、
今回のことで初めて、実感したように思います。

母はまだ入院中ですが、今お世話になっている病院の先生方も、看護師さん、介護士さんも
皆さん一生懸命にやってくださっています。
本当に毎日頭が下がる思いです。
感謝の気持ちでいっぱいになります。

母もそれは良くわかっていて、
「本当に皆さん凄いのよ。あんたには到底できない仕事だわね。」
とマジに言われてしまいましたー。

はいはい、ごもっとも。言われなくてもわかっていますって。
気がきかず、血が嫌いで未だにちょっとの血を見ても大変だとキャーキャー騒ぐ私に
看護師さんや介護士さんの仕事が勤まるはずはありません。
だから、私は医療や介護のお仕事に携わっている方々を心から尊敬しています。

話は少し変りますが、母が長期入院ということになり、しかも人工透析になるとわかってから
医療サービスなどについて少し調べてみました。
確か、人工透析になると障害者に該当する事になるということを昔、聴いたことがあったような
気がして、また、他にもなにかサービスなどがあれば、知っておきたいと思ったので。

すると、医療費助成とか、おむつ代の助成など色々あることを知りました。
居住地域によって違いがあるのかもしれませんが、私の住んでいる街では、
条件はあるものの入院時あるいは在宅介護時のおむつ代の助成を受けることができます。
加えて、透析の医療費についての助成もあるし、もちろん身体障害者手帳の交付申請や
介護保険申請も行うことができます。

ですが、これらは全て申請をして初めて適用されるものばかりなんですよね。
自分で申請しない限りサービスは受けられません。
そこが辛いところです。知らなきゃ損、損ということになってしまいますから。
病院で全て教えてくれればいいですが、そうでもなさそうですし。
おむつ代の助成なんて、知らない人もいるのではないでしょうか?
そんなことないのかな?私が知らなかっただけなのかな?

それに、それぞれの申請手続きは、正直、とっても面倒でした。
なぜなら、全ての受付窓口(係)が違うから。
酷いものは、申請書を貰う窓口と提出する窓口が違うというものも。
これはここ、これはあっち、これはそこ。
はあ~、なんでこう役所の手続きというのは面倒にできているのだろうと
嫌になっちゃいましたー。
お役所というところは、やっぱり仕方ないのかなあ?
ただ、少しでも助成があれば本当に助かるので、それを考えれば
多少の手間ぐらいどうってことはないと思えないこともありません。
なんとも現金なお話ですけど。

今回のことでは、いろいろ勉強にもなりました。
人の優しさも身に染みたし、知らないことも知ることができたし、
今は、悪い事の中にも、ちょっとだけですが良いこともあったように思えています。

まだ、母の退院の目途は立っていませんが、ゴールデンウイーク頃には帰ってこられるといいなと
密かに願っています。
ということで、我が家の本当の春の訪れは、まだもう少し先になりそうです。

さてと、これからまた病院に行ってきます。


気がつけば4月
随分と更新が滞ってしまいました。

2月に記事をUPして以来ですから、2ヶ月も放置してしまったんですね。

暦はもう4月で、こちらの桜は既に葉桜になりつつあります。

ホントにごめんなさい。

実は、2月の初めに母が急遽入院したことで、なんだかんだとアタフタして

ブログを書く余裕がありませんでした。

入院といっても、初めは軽く考えていたのですが、蓋を開けてみると

母の身体は思った以上に悪い状態で、あれよという間に一時は覚悟が必要かもという状況になり、

しばらくはとても信じられない気持ちでいっぱいでした。

母の心臓は、おそらく昨年暮れあたりから心筋梗塞をおこし、心不全をおこしているとのことで、

心筋梗塞でも倒れず、また突然死に至らなかったのは心筋梗塞をおこした箇所が

心臓の下部の方であったからで、それが幸いしたとのことでした。

昨年の2月には姉が心不全で命の危険にさらされたと思ったら、一年後には母が同じ状況となり、

本当に魔の2月といった感じでした。

ただ、母は運よく大学病院のCCUで専門治療を受けることができ、お陰さまで今では容態も安定し、

今すぐにどうということはなくなったようなので、少し安心しているところです。

けれど、心臓機能の悪化と持病の糖尿病により腎臓の機能が低下してしまった為、

人工透析をしなければならなくなり、本人にとっては辛い入院生活がまだまだ続きそうで、

可哀想なんですけどね。

今回の事では、いろいろ考えさせられる事もありました。

そんなこともちょっと書いてみたいと思いますが、長くなりましたのでそれは次回で。

ということで、これからもブログは続けていきますので、お付き合い頂ける方は、

今後もどうぞよろしくお願いします。


Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。