FC2ブログ
おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訃報、宮史郎氏

また昭和を代表する方がお一人、逝ってしまわれました。

元「宮史郎とぴんからトリオ」、「ぴんから兄弟」のメインボーカルで「女のみち」などのヒットを飛ばした
歌手の宮史郎氏が、去る11月19日午後1時5分、多臓器不全のため都内の病院で死去されました。
享年69歳。

1972年に発売された「女のみち」は、それはそれは大ヒットしました。
おそらく今の40代半ば以上の方で、この歌を知らない人はいないのではないでしょうか?
なんでもオリコンシングル史上歴代2位の325・6万枚を売り上げたそうで、
この記録は未だに破られてはいないそうです。
ちなみに第1位は「およげ!たいやきくん」(453.6万枚)なので、
歌謡曲としては、第1位と言っていいのかもしれません。

特にファンだったというわけではありませんが、「女のみち」の大ヒットはリアルタイムで
知っていますから、時々TVであの独特の歌声を聴くと、とても懐かしく思え、
また当時はあまり良いとは思えなかったあのだみ声の味もわかるようになると、
なかなか良いなあと聴き入るようにもなりました。

実は私、その翌年にヒットを飛ばした殿さまキングスが大好きになって、
だから、なんだか同じタイプのぴんからトリオにはファンとして対抗意識を持っていたみたいな
ところがあり、(殿キンのおさむちゃんの方が絶対に良いもん、といった感じのライバル心かな?)
それで、宮さんには大変失礼ですが、当時の私は、ぴんからトリオは好きじゃないと思っていたような記憶があります。(それにしても、小学生で殿キンが好きな私って、いったい何者?って感じですね)

「女のみち」を聴くと、必ずそんなことを思い出したりしてました。
私にとってはある意味、思い出の曲になっていたのかもしれません。
だからでしょうか、今回の宮さんの訃報にはショックと寂しさを感じずにはいられませんでした。

昭和がどんどん消えていく・・・
昭和がまた遠くなる・・・
辛いけれど、これも受け入れなければならない現実ということでしょうか。

宮さん、素敵な歌を思い出をありがとうございました。

宮史郎氏のご冥福を心よりお祈り致します。

合掌



スポンサーサイト

狩人出演 NHK『歌謡コンサート』 
またまた、だいぶ時間が経ってしまいましたが、
楽しみにしていた6日のNHK『 歌謡コンサート』
狩人は、なんとトップバッター。

曲は・・・    コスモス街道  

あ~、良かったです、本当に良かった。
同じ黒でも、それぞれの個性が光るスーツを共にセンスよく着こなしての熱唱は、
ホントに素敵でありましたー。

言うまでもなく、お二人の絶妙なハーモニーはこの曲でも健在。
また、久々に「右は~」の時は右へ、「左は~」の時には左へ手を伸ばす振りを観ることもでき、
とっても嬉しかったです。
あの振りは、年月が経つほどにほとんどやらなくなっていたという記憶があるので、
発売当初のような振り付けが観られて、それだけで幸せな気持ちにもなりました。

そして、そんな私は、またもお二人が歌い終わった後に、思わず手を叩いておりましたー。
だって…、拍手せずにはいられなかったんですもの。
良かったですよー、素敵な歌をありがとうございました!ってね。

それに、歌い終えた後のお二人の笑顔もすごく良かったから。
前回も書きましたが、昔の二人では考えられないような感じがします。
特に歌い終えた後のお兄ちゃんの笑顔を見るなんてことは、まずなかったような…。
なぜか、いつも難しい顔をしていたという印象が強いんですよね。
今思えば、それは、そのまま兄弟仲の反映だったのでしょうか?
でも、今はお二人ともとても穏やかな雰囲気で、明らかに昔の狩人とは違うといった感じを受けます。
ですから、これからは、益々円熟した良い歌を聴かせて下さるのではないでしょうか。

狩人の良さは、昔の曲も変なアレンジを加えず、そのまま歌うところにもあると思っています。
それは、とりもなおさず、声や音程が衰えていないからにほかなりません。

最近の歌手の人は、その人の代表曲と言われる曲でも、変なアレンジをして歌う方が増えていて、
たとえ、今時の感覚にしてみた、という意味があるとしても、大体はそれらしい理由をつけてみたというだけで、実際は、当時のような高音が出なくなったとか、そんな声の衰えを隠す為ではないかと
個人的には思っています。
それらの曲を聴いた時、せっかく懐かしい歌が聴けて嬉しいと思う私のガッカリ度は、半端なし。
だから、狩人のお二人の変らぬ歌声は、嬉しくてなりません。
あっ、ただ、今回はお兄ちゃんの声が以前より響いていた気がしました。
狩人を良く知っている方、そうは思われませんでしたか?
だからと言ってハモリに乱れがあったとうわけではなく、素敵な歌声であったのは確かで、
それだけ気合が入っていたのかなという気もしました。

前の記事に『コスモス街道』も聴きたいと書きましたが、願いが叶って良かったです。
でも、でも、やっぱりフルコーラスではなかったので、ファンとしては残念な思いはありました。
音楽番組って、どうして同じ番組内でフルコーラス歌える人と、歌えない人がいるのか?
昔から疑問に思っていることの一つなんですけど、何か基準があるのでしょうかね。

それと、会場がせっかく福島だったのですから『磐越西線』も是非、聴かせて頂きたかったです。
再結成、5年ぶりの出場ということであれば、やはり多くの人に馴染みがあるだろう代表曲とも言える『あずさ2号』か『コスモス街道』ということになってしまうのは、NHKらしく、有りえそうとも思えますが、ここはやはり、福島応援の為にも全国ネットのNHKのステージで、『磐越西線』を歌ってもらっても
良かったのではないかなって思います。
『コスモス街道』が聴けて良かったと言いながら、矛盾しているかもしれませんが
『磐越西線』、もっともっと宣伝してもいいのでは、NHKで多くの人に聴いてもらって、
その良さを1人でも多くの人にわかってもらえたら嬉しいなと思うものですから。
要するに、欲張りの私としては2曲とも聴きたかったというのが本音です。

それはそうと、TBSでは、待ちに待たされ、待ちくたびれた~という思いも少々ありましたが、
今回は今回で、オープニングを飾ったのは良いですが、直ぐに楽しみが終わってしまい、
ちょっと残念な気もしたり・・・。
いやはや、つくづく私という人間は、なんてわがままにできているんだーと思った次第。

さて、今度はいつ、お二人の歌声を聴くことができるのか?
スケジュールはわかりませんし、歌番組も少なくなった今日ですが、
できるだけ早く、また素敵なハーモニーを聴かせて頂きたいと願っています。


Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。