FC2ブログ
おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待ってました!『アサギロ』第4巻
待望の『アサギロ』 第4巻が、8月12日に発売されました。
2月の3巻発売から半年は待つだろうと思っていましたが、本当にそうでした。
長かったなあ。だから、発売を知ったら嬉しくて、直ぐに購入しましたー。
と言っても、ネットで申し込んだので、手元に届いたのが今日なんですけどね。
ということで、早速、読みましたよー。
うん、うん、やっぱり期待を裏切らない面白さ。GOOD

下にご紹介しているのが、その第4巻ですが、さて、ここでクイズです。
この表紙の人物、この御仁はいったい誰でしょう?  
                   ※ヒント・・・試衛館メンバーの一人でーす。

アサギロ~浅葱狼~ 4 (ゲッサン少年サンデーコミックス)アサギロ~浅葱狼~ 4 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2011/08/12)
ヒラマツ ミノル

商品詳細を見る


その答えは・・・  ひ・み・つ
なぜって、ここで言ってしまったら、まだ読んでいない人に申し訳ない気がするので、
皆さんがこの本を手に取った時のお楽しみということにしましょう。
だったら、クイズだなんて言うな!と怒られそうですけど、あしからず~。

けど、新選組好きな人であれば、なんとなくでもわかっちゃうかもしれませんね。

それにしても、この作品、今のところ1巻に1人のペースで試衛館メンバーが登場してきていますが、
これからもこんな感じなのでしょうか?
だとすると、かなりの超~大作になりそうですね。
それはファンとしては嬉しいことなので、是非とも某少女マンガ作品のように
長くながーく続けていただきたものです。

(そういえば、あの少女マンガ作品は、本当に長く続いていますよね。
 私は途中で挫折し、今は全く読んでいませんが、ここまで続くということは凄い人気なんですね。
 そんな人気の秘密は何なのかなあ?
 まあ、読むのを止めちゃった私には、わからない事かも知れませんけど…。

今巻では、とても切ない場面もあって、泣いてしまいました。
でもね、土方さんがホントに「いい男」なので、すごく嬉しくなりました。
正直、画はイマイチだなあって思いますが(だって、あまり色男には見えないんだもん
人物的に素敵なので、この作品の土方さん、私は大好きです。

はてさて、これから先もどんな展開が待ち構えているのか?
次に登場してくる人は誰なのか?どんな登場の仕方なのか?
なにしろ、今までに読んだことがない設定ばかりだし、興味は尽きません。
けど、それでいて王道といった感じもし、読んでいて安心感があるのが不思議です。

第5巻の発売は、来年(2012年)春とのことなので、まだかなり先なんですが、
楽しみに待っていようと思います。




スポンサーサイト

『妖怪人間ベム』連続テレビ実写化
随分と記事の更新を怠ってしまい、すみません。
で、久々の更新というのに話題がこれ?と思われそうですが、
たった今、PCを開いて知った驚きのことをちょっと書きますね。
しばし、お付き合いの程を。

何かといいますと、今年10月から日本テレビ系連続ドラマで、

あの『妖怪人間ベム』が、実写化放送 されるのだそうです。

妖怪人間実写化というだけでも驚きでしたが、
その主役であるベム役が、なんと!

KAT-TUNの亀梨和也くん、なのだとか・・・・・・・・。

え、えええーっ? ビックリ もいいところ。

いえ、別に亀梨くんについては、個人的には何もありません。
嫌いとかでもないですし。
でもね、なんで?なんで?という思いが拭えません。
だって、だって、ベムですよ。あのベムですよ。
彼ではあまりにも若すぎるでしょ。

なんていうか、私にとってベムは、もっと渋くて頼りがいのある男性であって、
すごく大人のイメージだもの・・・。
オリジナルのベム、ベラ、ベロの年齢設定が私にはわからないですが、
たとえ、本当は若い設定であったにしても、やっぱりベムは大人でなくちゃと思ってしまいます。

もう、43年前のアニメになるそうですが、リアルタイムで観ていた私には、
(きゃあ~、歳がばれる~)どうしても、このキャストには納得が・・・いかないんですよねぇ。
亀梨くんの演技が云々ではありません。
ベムといえば、ステッキに帽子、そして、なんといってもあの渋い素敵なお声
(小林清志さん、素敵ですよね~。まあ、一番有名なのはルパンの次元のお声かもしれませんけど。)と思う私には、亀梨くんが全く結びつかない。

どう考えても無理がある、若すぎちゃうよ~。

かといって、おじさんをキャスティングして視聴率が取れるか?と聞かれても
何も言えませんが、それでもやっぱり違うでしょ、と思う私です。

まあ、昔のオリジナルファンなんか別に相手にはしていない、ということかもしれませんが、
このキャスティングを考えた人に、どこをどう想像して決定したのかを
是非ともお聞きしてみたいものです。

ちなみに、ベラ役は杏さん、ベロ役は鈴木福くんとのこと。
失礼ながら、お二人とも私には全然顔が浮かばないので、何も言えませんが、
是非、がんばっていただきたいなとは思います。

まあ、色々と言ってきましたが、なんだかんだ言いつつも、
実は、きっと観ないであろう私です。
『ゲゲゲの鬼太郎』の実写版もまともに観ていないので、今度もたぶん同じになるだろうと。
でも、でも、私にはかなりの衝撃的ニュースだったのは確かなので、UPしました。

ああ~、アニメ実写化の話を聞く度にいつも思うことですが、
せっかくの名作アニメを台無しにしないで下さい、と祈らずにはいられません。 
スタッフの皆さん、くれぐれもよろしくお願いします。


そうそう、実写化といえば、『カイジ』の続編が11月に公開だそうです。
こちらは、凄~く楽しみにしています。
メインは、どうやら人食いパチンコのようです。
ただ、実写化で「沼」がメインで、どこまで緊張感や緊迫感を出してもらえるか?
ちょっと不安もありますが、一条役は伊勢谷友介さんだそうで、カイジ役の藤原くんとの対決も
楽しみかなと思います。
現在、深夜にアニメも放送中ですが、アニメは相変わらず原作と変わらぬ面白さなので、
映画にも、是非とも頑張って貰いたいです。
改変は仕方ないですが、改悪にならないことを願います。
それにしても、楽しみだなあ。ワクワク
おっと、ざわ…ざわ…のがいいですね、だって、カイジですものね。



Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。