FC2ブログ
おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

ごめんなさい
再開を宣言しておきながら、結局はそれから何日も放置状態に。
こんなことなら、わざわざ再開のお知らせなんてしなければ良かったと
深く反省しております。
再開を喜んで下さった皆様、本当にごめんなさい。
こんな状態でも、続けていこうと思っておりますので、
これに懲りず、時々訪問していただけると嬉しいです。
よろしくお願い致します。

それにしても、今年も残すところあと2日となってしまいました。
毎年思うことですが、1年の過ぎるのの早いこと、早いこと。
しかも、年々加速しているように思えるんですよね。
こんな風に時は過ぎてしまうんだと思うと、何か怖ささえ感じます。
年の瀬には、いつも来年こそは充実した一年にしたい、などと思うのですが、
1年後にまた同じことを願う自分がいる。
そんなことを何年繰り返してきたことか・・・。

「一日、一日を大事に悔いのないよう精一杯生きよう」
頭では思っても、実行できぬまま、この年まで生きてきました。
ですが、先日、改めてその大切さを実感したように思います。

10日ほど前になりますが、私の母方の伯父が突然亡くなりました。
急性心筋梗塞
救急車で病院に運ばれた時には既に手遅れだったそうです。

病気一つしたことがない、それは元気な人で、86歳になる現在でも会社勤めをし、
午前中のみではありますが、重要な仕事をしていた人でした。
だから、あまりにも突然の知らせに家族はもちろん、兄弟ならびに親戚一同、
会社関係の人も、周りの人全てが唖然、呆然…。

母の兄弟はたくさん居ますが、今回亡くなった伯父が一番年上とはいっても、
一番元気だったので、一番長生きするだろうと思われていた人でした。
だからこそ、周りのショックも大きく、まさかという思いしかありませんでした。
会うたびにいつも、俺は100歳まで生きるぞと宣言していて、
でも、死ぬ時は誰にも迷惑をかけないポックリがいいと言っていました。
確かに確かにポックリと逝ってしまったけれど、
でも、100までにはまだ時間があったのに…。
それに、ポックリって思った以上に残された者にとっては辛いものが。
心の準備がない分、ショックや悲しみは大きいと思えます。

それでも棺に横たわる伯父の顔は、とても穏やかなものでした。
それがせめてもの救いに思えました。

たった今まで元気にしていた人が、突然居なくなる。
そんな事が本当に起こりえるんだと実感した瞬間でした。
そして、怖いけれど自分自身がそうなる可能性もあるということも
思い知らされた気もします。
「明日は必ず来る、それは自分にとって絶対ではない」という事を
改めて教えられました。

ここ数年、気持ちが投げやりになり、未来に希望も持てず、何もかも面倒に思え、
人生ここまででもういいか、なんて罰当たりな事を考えた時期も正直、ありました。
その時は、ただこのまま消えられたらどんなに楽だろう、そんな思いしかなかった。

でも今は、それがどんなに自分勝手な考えだったかということが、わかります。
「親より先に逝くのは親不孝」
そんな親不孝だけはしないように、少なくとも自ら望んでそうするような事はしたくない、
そうはっきりと思えたのは、伯父さんの真っ白な遺骨を目にした時だった気がします。

「毎日を悔いなきよう生きる」って、口で言うより数十倍、いえ数千倍難しい事はよくわかっていますが、
心の隅に忘れずに、これらは生きてみようと改めて思いました。

なんだか、再開早々、暗い記事になってしまいました。
申し訳ありません。
明日、明後日はなんだかんだとあって、今年の更新はこれで最後になると思います。
本当は先日観てきたヤマトのこととか、新選組の本のこととか、今月中にUPするつもりでしたが、
できなくなってしまいましたー。
こんなことで、毎日を悔いなく…なんてできるの?ってお叱りを受けそうですが、
ホントすみません。来年から頑張りますので、どうかお許しを~。
(って、それでいいのか?それで? あーん、ごめんなさい。)

皆様、今年一年、本当にお世話になりました。
たくさんの応援、心から感謝しております。
本当に、本当にどうもありがとうございました。
こんなしょうもないブログではありますが、来年もどうぞよろしくお願い致します。

それでは、皆様、良いお年を。

スポンサーサイト




再開のお知らせ
皆様、お久しぶりです。
勝手なお休み宣言をしてから早3ヶ月、いつの間にか暦も師走となりました。
月日の流れの速さに改めて驚くばかりです~。

さて、私もお陰さまでだいぶ元気を取り戻してきました。
そこで、この辺でまたブログを再開しようと思います。

記事の更新がないにもかかわらず、拙ブログを訪問して下さいました皆様、
本当にありがとうございました。

相変わらずのカメさん更新になるとは思いますが、これからも応援頂けると嬉しいです。
どうぞ、よろしくお願い致します。


PS  実は、もう少し早く再開するつもりでいたのですが、私の中で野沢那智氏の訃報のダメージが
    予想以上に大きく、更に時間が必要となってしまって・・・。
    ただ、野沢氏の訃報だけは、どうしてもUPせずにはいられなかった次第です。
    
Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.