FC2ブログ
おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

藤田まことさんが・・・
なぜに去年から今年にかけて、こうも訃報が続くのでしょうか?

きのう2月17日、俳優の藤田まこと氏が、大動脈瘤破裂のため、死去されました。
享年76歳。

あまりにも突然の訃報に心臓が飛び出るかと思うくらい驚きました。
だって、先日も「剣客商売」のスペシャル番組が放送されたばかりだし・・・
まさか、まさか・・・。
今日の報道番組でもこぞって特集していましたが、まだ信じられない思いがします。

私などが改めて言うまでもありませんが、藤田さんにとって中村主水は確かに当たり役でしたが、
そのイメージだけに縛られることなく、時代劇も現代劇もこなす、本当に素晴らしい役者さんでした。

もう、中村主水にも安浦刑事にも音川刑事にも、そして秋山小兵衛にも会えないなんて・・・。
もっと、もっと彼らの活躍を見たかった。
それより何より「俳優、藤田まこと」をもっともっと見せて欲しかった。

とても残念で、悲しいです。
こんなに突然のさよらならがあるんだと改めて思い知らされた気がします。
でも、突然すぎて一番無念に思っているのは、当のご本人なのかもしれません。

また一人・・・ 名優が逝ってしまわれました。

藤田氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 
 
合掌
スポンサーサイト




土方歳三チョコレート
昨日、三越に買い物に行ってみると、バレンタインデーにあわせて
スイーツコレクション2010なるイベントが開催されていたので、
どんなチョコレートがあるのか、おいしそうなものがあれば買おうかなという気持ちで、
ちょっと覗いてみました。
色々と見ながら、ちゃっかり試食もしながら、ブラブラと。
中には最近ブームの戦国武将チョコなどもありました。

と、 ふと目に映ったのは、ガラスケースの中の土方さんの写真。
えっ?
目が釘付けになったのは言うまでもありません。
まさか、チョコレート売り場で、土方さんの写真にお目にかかろうとは、驚きましたねぇ。
吸い寄せられるように近づき、じっくり見てしまいましたー。

     それがこちら
          
     土方さんのチョコレート 276    土方さんのチョコレート 285

     土方さんのチョコレート 286


Histoire de Chocolat幕末(幕末ショコラ)と銘うったロイスダールのチョコレートです。
種類は、土方歳三坂本龍馬西郷隆盛ペルリ(ペリー)4種類
それぞれ味の違ったチョコレートがセットされています。
ただ、残念ながらディスプレイされていた土方さんの写真は付いていませんでしたが、
写真にあるような説明書きは付いていたので、ちょっと抜粋してみますね。

土方歳三・・・多くの恋のうわさがあった土方は、甘いミルクチョコレート
       酒ボンボン・・・お江戸日本橋(東京の日本酒)
       ヘーゼル 、 ジャンドューヤ
       「知れば迷ひ 知らねば迷わぬ 恋の道」


坂本龍馬・・・時代の先端を行く龍馬は、キレのあるスイート(ビター)チョコレート
       酒ボンボン・・・司牡丹船中八策(高知の日本酒)
       アップル 、 モカ
       「日本を今一度 せんたく申し候」


西郷隆盛・・・懐の大きさと交渉力に長けた西郷は、スイート(ビター)チョコレート
       酒ボンボン・・・六代目百合(鹿児島の芋焼酎)
       ピスタチオ 、プラリネ
       「敬天愛人」


ペルリ ・・・日本開国のキーパーソン ペルリは、マイルドなミルクチョコレート
       酒ボンボン・・・ジム・ビーム(アメリカのバーボン)
       オレンジ 、 アマンド        
       「太平の眠りをさます上喜撰 たった四はいで夜も寝られず」

お味の方は、まだ食べていないので何ともいえませんが、
酒ボンボンに出身地方のお酒が使われているところなどは、いいなあと思いました。
さて、このイメージが合っているか、否か、感じ方はそれぞれあると思いますが、
皆さんは、どう思われたでしょう?

一箱8個入り1050円
他にも3人分が一箱になっているものとか、あったように思います。
私は、土方さんだけのを買いましたが、色々味わいたい方はセットがお勧めかもしれません。

ですが、こちらは三越限定商品だそうなので、欲しいと思われた方は、お近くの三越でどうぞ。
ただし、取扱店が限られているようなので、詳しくは、三越のHPをご覧下さいませ。
なんだか、三越の宣伝のようになりましたが、決して三越の回し者ではございません、念の為。

それにしても、バレンタインデーの商品にも土方さんが登場するとは。
思いもかけない出会いでしたが、よく考えてみると、なんか嬉しいような、嬉しくないような・・・
この複雑な気持ちはいったい何でしょう?
まあ、来年もお目にかかれるかわからないこともありますし、
すぐに飛びつき、買ってしまった私ではありますけどね。

美味しいかなあ? 美味しいといいなあ。
いや、絶対に美味しい! だって、土方さんのチョコレートだもん。ねっ。(笑)



CSで62年版『新選組始末記』
ずっと以前、新選組始末記の主題歌を取り上げた時に少しだけ触れたましたが、
『新選組始末記』という作品は、私の愛する77年版の放送の以前に、
1962年にも同じTBSで製作、放映されていました。

配役は、主演の近藤さんに中村竹弥氏、土方さんに戸浦六宏氏、沖田さんに明智十三郎氏。

こちらは30分番組だったそうですが、いつか一度は観てみたいと思っていました。
ですが、残念ながら既にフィルムは残ってなく、観ることは不可能との情報を得ていました。
それでも、いろいろネット検索した結果、数年前に横浜放送ライブラリーというところで、
この作品を観る事ができるとわかりました。
ただし、全63話の内、現存するのはわずか2話のみ
それでも、その2話だけも観る事ができるなら、こんなに嬉しい事はないと、
それを知った時はとっても嬉しく、本当は、直ぐにでも飛んで行きたかったです。
でも、なかなかそうもいかずに時だけが過ぎてしまって・・・。

ところが、ところがです。
この貴重な作品が今月、CSのTBSチャンネルで放送されるそうなのです。
           わーい、やったー 

これは大変貴重な機会だと思います。
ぜひ、ぜひご覧になれる方は、お見逃しなく。
嬉しいなあ、私は戸浦氏の土方さんを是非観てみたかったのです。
それに、中村竹弥氏もおじさんだけどカッコ良くて好きなので、と言っても、
私が知っている中村氏は、『大江戸捜査網』の隠密支配、内藤勘解由役ぐらいなのですが、
時々見せる立ち回りのカッコ良さは印象に残っています。
さぞ、中村近藤も素敵なのではないかと期待大です。
まあ、かなり年配っぽい近藤さんではあると思いますけどね。

77年版の放送といい、この62年版の放送といい、
TBSチャンネルさん、本当に本当にありがとうございます。
感謝、感謝です。

その大事な放送時間は次の通りです。

2月21日(日) 昼12:00~午後1:00
「鳥羽・伏見の戦い 前編、後編」


わずか1日なので、忘れないようにしなければいけません。
どうやら3月にも放送はあるようですが、日にちはまだ発表されていないので、
なんとしても21日に観なくては、と思っています。

ちなみに、この放送の後、21日の午後1時からは、
『大型時代劇スペシャル 新選組・池田屋の血闘』(1992年)も放送されます。
主演は、里見浩太朗氏の近藤さん、土方さんは地井武男氏、沖田さんは野村宏伸氏。
この作品は、リアルタイムで観ましたが、正直あまり印象に残っていないので、
もう一度改めて観てみようかなと思っています。
そういえば、里見氏は、舞台でも近藤さんを演じています。
『花かんざし』という舞台ですが、私は初演と再演と2度、観に行きました。

なにはともあれ、2月21日をみなさん、お忘れなく!

Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.