FC2ブログ
おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

さよなら、京都チャンネル
先日、「関西テレビ☆京都チャンネル」(スカパー!Ch.726)放送終了のお知らせ 
というハガキが私の元に届きました。
読んで字の如くCSの京都チャンネルが、本年4月末日24時をもって放送を終了するのだそうです。

今までも終了したチャンネルはいくつかありましたが、今回ばかりは辛いです。
「えーっ、なんでよぉ~」と思わず口をついて出てしまいましたー。
悲しいけれど、これも時代の流れということでしょうか?

思えば、CSで新選組に関する番組を定期的にやっているチャンネルがあるという情報を知り、
どうしても見たくて、当時のチューナー価格は私にとって馬鹿にならない金額でしたけど、
観たいという欲望には勝てず、意を決して購入、スカパー加入を決めたのでした。(ちょっと大袈裟?)
その番組というのが、京都チャンネル「新選組プロジェクト」 。
この番組があったから、このチャンネルを観たいが為に加入したスカパーでした。
そんな番組が無くなる・・・。とっても寂しいです。嫌だなあ。

京都チャンネルでは「新選組プロジェクト」を始め、「新選組黄金期」「新選組バイブル」
「新選組隊士列伝」と次々新しい番組が生まれました。
ただ、残念ながら私は「新選組隊士列伝」は未見です。
これらは、時間をおいては再放送されていて、新しい回は増えないようでしたから、
ひと通り観た時、一時京都チャンネルを解約していた時期がありました。
(録画しましたから。ただ全部してるかかどうかは疑問なんですけど。)
ちょうどそんな時に「新選組隊士列伝」が放送されて、再契約した時は、
既に番組は終わってしまった後。
でもまあ、いずれ再放送されるだろうと期待していたのですが、
なんと4月で放送終了ということは、もう観ることは出来なくなるということですよね。
うー、このような事態になるとは思いもよりませんでしたー。
いつでも観られるだろうという油断が、いけなかったです。

この京都チャンネルの新選組番組は、主に栗塚版「新選組血風録」や「燃えよ剣」のことが
中心だったように思えます。
出演者の方々の対談とかロケ地訪問などもあり、この作品のファンにとっては
夢のような企画が盛りだくさんでした。
特に必見は、沖田役の島田順司氏のインタビューや裏通り先生役の左右田一平氏と
伝蔵役の小田部通麿氏(故人)の台本読み合せ、原田役西田良氏の独り語りや
栗塚旭氏の舞台中継などでしょうか。
もちろん、この2作品のことだけでなく、伊東成郎氏の講演や歳三忌、総司忌のレポートなど
その他諸々、他番組では観られないお宝映像満載だったと思います。

私は、この番組の中でTBS「新選組始末記」のことを少しでも取り上げくれないだろうかと
密かに期待していました。
でも、それは叶いませんでしたー。
ただ、沖田役の草刈正雄氏のインタビューがあり、その時は、当然のことながら
「始末記」のことが話題に上ったので、とても嬉しかったです。

私は、京都チャンネルのこれらの番組で栗塚版「新選組血風録」・「燃えよ剣」のことを
詳しく知ることができましたし、栗塚旭氏の魅力もたっぷり堪能させていただきました。 
そして、その他、まだまだ知らなかった新選組に関することを教えてもらい、
大いに勉強もさせて頂きました。
そんな番組を制作してくださったスタッフの皆様に一言、心からお礼が言いたいと思います。

       素敵な番組をどうもありがとうございました。

悲しいけれど、さよなら、京都チャンネル。
これまでどうもありがと~。
スポンサーサイト



Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.