FC2ブログ
おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土方さんのモンタージュヴォイス 2
それでは、前回の続きとしまして、
ここでは、昭和60年当時のテレホンサービスの土方さんが、どんなことを語っていたか、
前後の説明と共にご紹介しようと思います。
時間にすると約2分30秒位、なにぶん聞き取りにくいところもあって、
正確ではない部分もあるかもしれませんが、その点は、お許しのほどを。

 35歳の若さで箱館で壮烈な戦死を遂げた土方歳三を偲んで、顔かたち、骨格などから
 コンピューターによる合成した声をお聞かせします。


  俺は、土方歳三だ。

  榎本武揚総裁と蝦夷を目指したのは、明治と改元された年の10月。

  俺達は、徳川脱藩軍として追われる身だった。

  俺はその時、初めて見た北の海の暗~いうねりを忘れることができない。

  鷲ノ木に上陸したが、一寸先の見えない吹雪で、あの寒さには、たまげた。

  2隊に分かれて箱館に進軍したが、大野、七重で早速大砲をぶち込まれ、本格的な戦になった。

  俺達は、何度も戦った。中でも、二股口は壮烈だった。

  熱くなった銃身は、谷川で冷やしながら戦った。

  官軍が退却した後、みんなの顔は硝煙で真っ黒だった。

  俺が倒れたのは、箱館の一本木だった。

  50人ほどの小部隊を待たせ、関門に馬を走らせた俺を見て、小姓が叫んだ。

   「お味方か?」 

  「味方ではない。」

   「では、降伏の使者か?」

  「拙者は、新撰組副長 土方歳三だ。 新選組に降伏はない。 遮る者は、斬る!」

  小姓が驚き、「奇襲!」と言った時、俺はもう、そいつを倒していた。

  銃を構えた官軍の列が目に入った瞬間、下腹に焼けるような衝撃を受け、落馬した。

  一瞬、俺の頭に流山で別れた近藤さんと沖田総司の顔が浮かんで消えた。

  「副長、傷は浅い。 しっかりして下さい。」

  そんな声が聞こえて、最期に 「すまん」 と言ったような気がする・・・。


 日本音響研究所 鈴木松美先生の製作により、土方歳三の生誕150周年を記念して
 モンタージュヴォイスをお送りしました。


調べてみると、土方さんのテレホンサービスは、2002年頃にもあったようです。
でもそれは、残念ながら全く知らずに過ごしてしまいました。
どんな内容だったのか、果たして私の聞いた声と同じだったのか、とっても気になります。
今となっては遅いですが、ぜひとも、聞いてみたかったですねぇ。

それにしても、世の中には、こういった音声の研究をされている方々もいらしゃるのですね。
もちろん、計り知れないご苦労もあると思いますが、夢があるいいお仕事だなあ、
ちょっと楽しそうだなあ、なんて素人の私は単純に思ったりしました。

そうそう、ちょっと話は逸れますが、テレホンサービスで思い出したのが、
私たちの子供時代に忘れてならない 「リカちゃん電話」
良く聞きましたねぇ。詳しい内容は忘れてしまいましたが、懐かしいなあ・・・。
リカちゃんは、今でも大人気のお人形ですが、もしかして、今もあるとか?
まさかねぇ・・・。 
けど、もしあるなら、ちょっとかけてみたい気もします。 (子供じゃないって、ねぇ。)
スポンサーサイト

土方さんのモンタージュヴォイス
つい最近ですが、土方さんのモンタージュヴォイスを携帯で聞けると知りました。
モンタージュヴォイスとは、肖像画や写真、銅像などから骨格を割出し、
性別、身長、年齢などのデータも考慮して、声器官を電子回路に置き換え、
声を合成する技術だそうで、これにより、偉人など普通では聞けない声を
再現することが可能になったのだそうです。
土方さんの声は、公式着信メロディサイト「速報Musicサーチ」内の
「日本着信メロディ研究所」というコーナーで配信されているのだとか。
もう随分前から聞けたようで、「何を今更?」と呆れられてしまうかもしれませんが、
ホントに全く知らず、これは不覚でありました。

そういえば、その昔にテレホンサービスで土方さんの声が聞けました。
その昔とは、昭和60年(1985年)頃のことですけどね。
ご存知の方、いらっしゃるでしょうか?
確か、北海道のNTTが流していて、ホントは何度も聞きたかったのですが、
結構長かったし、通話料金が気になったものでした。だって、関東→北海道ですから。
それで、私は、電話を録音しようと試みたのです。
その当時の我が家の電話は、既にダイヤル式の黒電話ではなく、
プッシュホン式になっていて、スピーカー機能も付いていました。
(考えてみると、黒電話っていつ頃から消えて行ったのでしょうね。)
スピーカーのボリュームを最大にして、カッセトデッキを可能な限り電話機に近づけ、
息を殺して録音した覚えがあります。
故に雑音あり、電話のプッ、プッというお知らせ音ありで、クリアな音とは言えませんが、
当時は繰り返し聞きましたねぇ。
でも、そのうちにテープが擦り切れたら大変、大事にしなきゃと思い、聞くことを止めました。
それっきり、仕舞い込んだままでしたが、久々に聞いてみたくなりました。
取り出してみると、長い年月が経っていてもテープは劣化してなく、ちゃんと聞けましたよー。

さて、どんなお声かと申しますと・・・エコーがかかっている感じですが、
あまり重々しい感じではなく、でも落ち着いた雰囲気はある、なかなかの美声かと。
青年らしさも感じられます。(ひどいオジサン声ではありません。)
ただ、土方さんの写真のイメージを重ねると、うーん。
私は、ちょっと違うような気もしないでもないかな。
初めて聞いた時の印象も、確かそんな感じだった気がします。
ですが、結構良いお声なので、私としては「これが土方さんです。」と言われれば、
「そうですか。」と納得できる範囲ではあります。
たぶん、どんな声でも完全に自分のイメージと同じになるなんてあり得ないから、
完璧はないと思いますしね。

では、では、昔のその声と現在配信されている声は、果たして同じなのでしょうか?
早速、聞き比べたいと思ったのですが、実は私、携帯がとーっても苦手。
ほとんど受発信機能しか使用していません。
メールももっぱらPCオンリー、TVも機能はついていてもあまり見たことないし、
着メロとかダウンロードの類も一切やったことなし。
よくわからないから、せっかくの色々な機能も使わずじまいなのです。

そんな私に、すぐに土方さんの声を聞くことなんて出来るはずなく…。
上記サイトのHPにアクセス方法は案内されているものの、私の携帯の表示が違うのか
同じ項目がなかったりして??? ああ~、どのくらい時間を費やしたことやら。
これだから、携帯は面倒くさいと思ってしまうわけなのです。

それでも、やっとたどり着き、さあ聞こうと思いきや、あれれ?説明をよく読むと
土方さんの声を聞くためには「会員登録が必要、有料」とのこと。
はあ~、携帯で料金が発生するといわれると、なんだか怖くてつい警戒してしまうので、
どうしようか?と迷った挙句、一旦保留。(なにぶん、気が小さいものでして…)
でも、やっぱり聞いてみたいという誘惑には勝てず、またまた時間を費やして
やっとダウンロードに成功したのでした。

まずは、近藤先生から。そして、土方さん、沖田さん。
(90円コースにしたから、3人分しかダウンロードできませんでしたー。)

   近藤先生 … 「新選組局長 近藤勇」           
            少し高めの太い声かな?
            うーん、ちょと早く口で落ち着きがないように感じるので、
            近藤さんと言われると?な気も。
            
   土方さん … 「土方歳三です」         
            低くて落ち着いているかな?ちょっとオジサンぽいです。
            でも、やっぱりなんか違うなあ・・・。
            私は、どちらかと言えば、昔の声の方が若い感じで好みかな。

   沖田さん … 「新選組一番隊隊長」       
            なんかオジサンのような子供のような… うぇーん、私は嫌だよ~。
            正直、聞かなきゃよかったです~。
                      
何しろ、上記のたった一言ずつなので、あまり良くわかりませんが、
あくまでも私個人の第一印象なので、悪しからずご了承くださいませ~。

まあ、信憑性から言えば、どうなのかな?とは思います。
そもそも、写真も肖像画も存在しない沖田さんの声は、何を参考に再現したのでしょう?
そんな疑問も涌いてきますしねぇ。
それに土方さんの声も、昭和60年の時のものとは明らかに違っていましたし。
けどそれは、この20年の技術の進歩によるという考えも有りかも知れませんけどね。

いずれにしても、この際、難しいことは一切考えずに聞いてみるのも一興かもしれません。
ただ、やっぱりテレホンサービスの方が、簡単で気軽に聞けて良いなあと思っちゃいました。

もう少し書きたいと思いますが、ちょっと長くなりそうなので、例の如く、続きは次回に。
                                                 つづく・・・

『幕末純情伝』観劇
一昨日(8月17日)、東京の新橋演舞場で上演されている『幕末純情伝』 を観てきました。
つかこうへい氏作、演出で1989年に初演、そして、今回18年ぶりにそのつか氏の演出で
上演されることになった舞台です。
皆さんご存知の通り「新選組の沖田総司は、女だった」という設定のこの作品。
私が初めて触れたのは、TV放送された牧瀬里穂さん主演の映画でした。
それと、コミック本は読みました。
でも、それも去年初めて読んだという具合で、その他の作品は知らず、原作さえ未読。
フィクションとはいえ、沖田さんが女だったという発想にどうしても違和感があり、
いくら新選組の話でも、読みたいな、観たいなという気が起きなかったのです。

では、なぜ今回は観に行く気になったのかと言いますと、
ひとつは、元宝塚のトップスター真琴つばささんが出演されるから。
それと、やっぱり好奇心でしょうか。
どんな舞台になるのか?役者さん達は、それぞれの役をどんな風に演じて下さるのだろう?と
気になったこともありまして。

さて、肝心の舞台ですが、

主な配役は  沖田総司 … 石原さとみ    坂本龍馬 … 真琴つばさ
          近藤  勇 … 山崎銀之丞   西郷隆盛 … 舘形比呂一
          高杉晋作  … 吉沢  悠    土方歳三 … 矢部 太郎    (敬称略)

この配役で一番気になったのは、言うまでもなく土方さん役の矢部さんです。
土方さんがこの人だと知った時、それはそれは驚きましたー。
なぜ?どうして?うそでしょう?
だって、どう考えても絶対に絶対に考えられない配役ですものねぇ。
ですが、私はこの方を嫌いじゃないので、ありえないと思いつつ、どう演じて下さるのか
お手並み拝見という気持ちで観てこようと思っていました。

でもね、この舞台を観た後は、なぜ矢部さんが土方さんなの?なんて思う気持ちは、
全く無くなりますので、これからご覧になる予定の方はご安心を。
なぜなら、土方さんに限らず、登場人物に幕末の歴史上の人物名を使ってはいるものの、
史実とは全く無関係な人物像になっていますから。
極端な話、矢部さんは「矢部太郎」の名で出演しても変わりなかった気さえします。
少なくとも私には、そう思えました。
登場人物全てについて、この内容なら何も実在の人物名を使う必要はなかったのでは?
そう思えて仕方ありませんでした。

この舞台、私のように牧瀬さん主演映画やコミック本の内容を頭に描き、
それを期待して観に行ってはいけませんよー。
ぜーんぜん違う展開ですから。まさに驚きの連続ですしねぇ。
ちょっとネタばれになりますが、時代背景はバラバラ、衣装もメチャメチャ。
憲法9条が出てくるし、ハリウッドの話も出てきちゃうし。
どこが幕末?
しかも、殴る蹴るの暴力と下ネタ満載・・・。(満載どころじゃなかったですー。)
どこが純情?  (題名の意とするところは違うのでしょうけど)
正直、ショックが大きすぎると思いますよー。

たぶん、つかワールドを全く知らない私には、少々難しすぎたとのだと思います。
あっ、少々どころではないか。ものすごーく難解だったと言う方が適切かもしれません。
率直に言って
     意味不明、理解不能 … 
恥ずかしながら、初めから最後まで、全くついて行くことが出来ませんでした。
観ている間中、が頭の中をぐるぐる飛び回っているみたいでしたー。
はあ~、私のような凡人には、所詮理解できないことなのかもしれないと、思い知った次第。

ただし、出演者の方々の演技力、すさまじい迫力など舞台の醍醐味というものは、
十分に堪能させて頂きました。
それには、惜しみない拍手を送らせて頂きます。

それに、久々に生で真琴つばささんを観られたこと、ダンスシーンがあるとは思ってなかったので、
彼女の素敵なダンスを拝見できたことは、とっても嬉しかったです。
相変わらずのカッコ良さ、とっても素敵でした~。

そういえば、出演予定だった春田純一さんが、休演されていました。
好きな役者さんなだけに残念でしたが、いったいどうされたのでしょう?
「都合により休演します。」との情報しかないので、心配です。

ああ、それにしても、いつの日にか私にもつかワールドを理解できる日がくるのだろうか?
そんなことを思わされた舞台『幕末純情伝』でありました~。

CS「新選組始末記」放送終了
とうとう終わってしまいましたTBSチャンネル「新選組始末記」
先週8月5日最終回となりました。 
(正確には明日、12日の朝4時からの再放送が残っていますので、
 まだ完全に終了したとは言えませんが、実質的に終わったも同じですものねー。)

30年、待ちに待って迎えた放送初日。
それからの半年間は、本当に夢のような時間でありました。
放送前は週一の放送を不満に思いましたが、(だって、待ちきれないと思ったので)
いえいえどうして、週一の放送で良かったなあと今では思っています。 
毎回の深く重い内容を受け止めて次回に進むには、一週間という時間がどんなに役立ったことか。
それに、放送期間が長ければ長いほど、それだけ長い時間楽しめたということですしね。

もう二度と見ることはできないと思っていた番組を生きて再び見ることができたことを
再び古谷土方に会うことができたことを心から感謝したいと思っています。

   TBSチャンネル様、本当にありがとうございました。

ああ~、でもでも放送は終わってしまったのです。 
この喪失感は、今しばらくは続きそうです。 うううーーーーー。 
終了から既に一週間経っているというに・・・。
終わってしまったという現実を受け止めたくない自分がいます。あーん。

そうだ、録画したものを週一で一話ずつ、もう一度初めから見ていこうかな。
うん、グッドアイデアかも。


アニメ 「宇宙戦艦ヤマト」復活
アニメ 「宇宙戦艦ヤマト」 が、最後の劇場公開から25年ぶりに復活するそうです。
へぇ~、もうそんなになるのですね。

「宇宙戦艦ヤマト」の劇場版4作品は、全て映画館に足を運んで見ました。
当時は、今のように劇場公開されて一年も経たずにTV放映されるなんて事はありませんでしたし、
もちろん、ビデオもDVDも無い時代でしたから、映画は映画館で見るのが当たり前。
見逃すといつTVで見られるか、わからないものでした。
だから、見たい映画は絶対に見逃せなかった。
「ヤマト」はどの作品もとっても混んでいて、立ち見で見た作品もあった気がします。
でもね、やっぱり劇場で見る迫力は違いましたねぇ。

今の映画館は、各回総入れ替えで、何回も繰り返し見る事ができない所も少なくありませんが、
昔は、いくら混んでいてもそんなことはなく、上映途中からも入館でき、
次の回で見始めた所まで見て退出することができました。
それだと、結末を最初に見てしまう事になるので、面白くなくないよと
思う人もいるかもしれませんが、時間がない時などはそんなこともしましたね。
時間が許せば、そのまま最後まで見ることもできたし、良い時代だったのかも。

で、「ヤマト」に戻りますが、
この作品、有名な話ですが、最初のTV放送(1974年)は、打ち切りになったといいます。
裏番組に「アルプスの少女ハイジ」「猿の軍団」があり、視聴率が及ばなかったのだとか。
でも、その後に大ブレーク。
(そう言えば、「機動戦士ガンダム」もファーストは打ち切り作品なんですよね。)
それって、何なのでしょう?
けれど、そのブームに私もしばし乗せられたという訳です。(笑)

この作品の内容は、どなたもご存知と思いますから、割愛しますが、
好きでしたねぇ。どこがどう好きだったのか?自分でもわかりませんが、
スケールも大きかったし、夢とかロマンとか、いいなあって思った気がします。
ただ、男の世界として捉えていた感はあります。
だって、ヤマトの乗組員の女性は、森雪だけですしね。
それに雪は、そんなにたくましい女性の設定ではありませんから。
でも、それがまた良かったということも言えました。

(その点、「ガンダム」は女性も男性同様に戦闘に出るし、実にたくましいです。
 制作された年代を考えると仕事に対しての男女格差がないというのは、斬新と思います。
 って、なぜすぐに「ガンダム」の話になってしまうのか・・・
 すみません、「ガンダム」も好きなので。つい。 

古代進と雪との愛、古代守とスターシャとの愛、そして、スターシャに対するデスラーの愛
古代進とデスラーの友情・・・ 思い出されますねー。
地球を救う為に旅立ち戦うヤマトですが、その戦いの旅の中で繰り広げられる人間ドラマには
惹きつけられるものがいっぱい詰まっていました。

ただ、極めて個人的な意見を言わせてもらえば、
劇場版「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」で、ヤマトは完結にして欲しかったと
今でも思っています。
あのラストは、悲しかったけれど感動的であり、強く心に残るものでしたから。
当時、誰もがこの作品でヤマトは終わったと思ったはずです。
ところが、TV版で結末を変えられ、それをベースに物語の続編が次々と作られることに。
制作側から考えたら、「愛の戦士たち」のラストをあんなふうにしたものの、あの一大ブーム。
そのまま終わらせるわけにはいかなくなったのかも知れません。
大人の事情ということでしょうかね。

ちなみに、この「愛の戦士たち」でのデスラー総統は、それはそれはカッコよくて、
最高に素敵でありました。  (「宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち」でも然り)
申し訳ないですが、主人公の古代君よりも好きでしたよー。渋くて大人だったし。
この作品で佐々木功(ささきいさお?ひらがな表記だったかしら?)さんが歌った「好敵手」も、
古代君とデスラー総統の関係そのものを歌った名曲で、大好きでした。
どうしても欲しくて、シングルレコード買いました。
ジャケットの写真をUPしようかとも思いましたが、
問題ありになると困るので、残念ですが止めておきます。

なぜ、私が「愛の戦士たち」で終わらせれば良かったと思うのかと言いますと、
一番の理由は、「完結編」の沖田艦長復活にあります。
あれはね、あれはどう考えたって絶対になしでしょう。
第一作のラストで、感動の名場面を残しておきながら、生き返らせるなんて・・・。
実は死んでなかった、艦医佐渡酒蔵の誤診だった、脳死には至っておらず回復したって。
いくらなんでも都合よすぎだし、復活させる意味も理解できず、あまりにもいい加減に思えて、
とっても嫌でした。沖田艦長は好きでも、素直に喜ぶ事はできませんでした。
あの時、沖田艦長の死を悼み、心から涙した観客を馬鹿にしているのでは?とね。
「ヤマト」も長くやり過ぎたのではないかな、と思ったものです。

「ヤマト」は、劇場版、TV版、全作品通し変更がありすぎて、前作と続いているようで、
辻褄があわない所がたくさんあったり、ゴチャゴチャした感じの作品になってしまった気がします。
だからこそ、余計に2作で終わりで良かったのに、と思うんですよね。
とは言いつつ、納得いかないことは多々あれど、結構楽しませてもらったのも事実なので、
続編を全否定するわけにもいかないなあ、なーんて思ったりもします。 (矛盾してるぞー。)
                                             
なにはともあれ、「ヤマト復活」と聞き、ちょっと楽しみと思ったのも確かです。
今回の舞台は、西暦2220年で、古代進も38歳。
もちろん艦長で、妻の雪との間に美雪という娘もいる設定だそうですが、
38歳の主人公というのには、ちょっと不安が・・・。それともメインは別?
内容も気になるところですが、声優さんも気になりますねぇ。
古代君の声の主は、言わずと知れた富山敬さんでした。
しかし、皆さんご存知と思いますが、富山さんは残念ながら故人となられております。
古代君の声は、富山さんで刷り込まれている私にとって、どなたのどんな声になるかは、
非常に気になるところです。
敵キャラには、デスラー総統のような魅力的な人物が現れると嬉しいですね。

まだ詳しい事はわかりませんが、来年、2009年公開とのこと。
「いい年をして、ヤマト?」などと思われそうですが、是非、劇場で見たいと思います。
まあ、「Zガンダム」の3部作も堂々と見に行きましたから、大丈夫。

そう言えば、現在「宇宙戦艦ヤマト」はCS「ファミリー劇場」で放送中のようですが、
残念ながら、あと2話で終了のようです。(私は、今は見ていませんが。)
この作品は、時々CSで放送されているようなので、見られる環境の方は、チェックしていると
見る事ができるかもしれません。

ヤマトの復活を楽しみにしていようと思いますが、製作者の皆様にこれだけはお願いしたいです。
絶対に「見て損した」なんて思わせないで下さいねー。
どうぞ、よろしく!
Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。