おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諦めきれずに、「星影の人」
9月に宝塚「星影の人」再演を知った時、名古屋じゃ行かれないと諦めていたのですが、
チケット発売日が近づくにつれ、やっぱり見てみたいという思いが強くなりました。
今回を逃すとまたいつ再演されるかわからない、確かに一度は見ておきたい作品、
今後TV、DVDで見るチャンスはあるかもしれないけれど、やはり生の舞台は違う、
けれど名古屋は遠い、休めない・・・など等、頭の中は色んな考えがぐるぐる回っていました。
そんなある時、ふと気付いたのです。

2月は さんれんきゅう があるって。
この休みを利用すれば行かれない事もないなあと思ったら、
気持は名古屋へと、どんどん傾いていきました。

そうなると、どうせ名古屋まで行くなら、京都に寄らずにはいられないと思う私。
結局、宝塚観劇と京都旅行という数年ぶりの大イベントに発展。
懐具合が寒かろうが、悪かろうが、京都の誘惑は断ち難く・・・。
でも、それもこれも希望日のチケット入手が必須条件なので、
発売日には気合を入れて臨む決意をした次第。
それが叶わなければ計画はおじゃんですから。

とは言うものの、宝塚チケットを手に入れるのは、そう甘くないはず。
本当にゲット出来るのか、不安いっぱいで迎えた12月2日、発売初日でした。
中日劇場は、会員登録などせずにネットでチケットを購入できるので、
午前10時の時報と同時に クリック した のに・・・。
既に購入サイトには繋がらない状態。
やっと購入画面に辿り着いても、肝心の希望日A席は
 「予約席の照会が集中しており、お選びできません」 だって。

それでも繋がることに望みをかけ、更新し続けたけれど、いつまでたっても無理そうなので、
電話作戦に切り替えることに。 (もっと早く電話にすれば良かったのだけど)
ということで、午前10時からPCと電話を駆使し、約2時間半・・・
ようやく電話が繋がって、念願のチケットをゲット出来たのでした。
(思ったとおり、宝塚は甘くなかったなあ。実感!)

こうして、来年2月の名古屋・京都行きが決定致しました。
「星影の人」 楽しみだなあ。
ですが、実を言うとこの宝塚雪組トップの水さんという方、私は全く存じあげないのです。
今回初めてお名前を知り、お顔も今公演のポスターで知った次第。
(ファンの方、ごめんなさい。)
ただ、先入観がない分、かえって素直に見られて良いかもしれません。

京都は何年ぶりだろう?
2月は寒いのでしょうね。雪は降るのかなあ?
けれど、一度京都の冬を経験してみたかったのです。
土方さん達が過ごした京都の冬を。
久々の京都、これから見学場所などゆっくり計画を立てるつもりです。
スポンサーサイト
Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。