FC2ブログ
おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚歌劇 「星影の人」再演!
宝塚「星影の人」再演という情報を得て、飛び上がる程嬉しくて、早速宝塚のHPを覗いてみたら・・・。喜びもつかの間、一瞬にして奈落の底に…

雪組で確かに来年2月、再演されます。
水夏希さんのトップお披露目公演だそうです。
ところが、ところがなのです。

     「星影の人 -沖田総司・まぼろしの青春-」
      中日劇場公演 
      2007年2月2日(金)~2月25日(日)


  が~ん 東京公演がないっ! なぜ?なぜですかぁ?

そんなあー、それはあんまりというものです。
ショックで倒れそうになりました。

「星影の人」は、1976年に雪組の汀夏子さん主演で上演されました。
題名が示す通り、沖田さんが主人公の物語です。
私はこの作品、テレビで見た記憶があります。確かNHKで放映されたと。
まだ、新選組に出会う前で、何となく見ていて内容はほとんど覚えていません。
本当に残念な事をしたとずーっと後になって後悔。
だだ、麻美れいさんが演じた土方さんがとても素敵だった、という印象が強くありました。
(既にこの事からも、私は土方さんに魅かれるタイプだったというのがわかるような気が。)
その後、いつか再演されないかと待っていました。
ですが、この作品は汀さんの為に、汀さんをイメージして書かれたと聞いたことがあります。
(確かかどうかわかりません。曖昧な記憶なのでご容赦を。)
もしそうなら再演はなかなかしてはもらえないかな、とも思っていました。
でも、長い年月を経て、再演という待ちに待った吉報! のはずだったのに・・・。

出来れば名古屋まで行きたい。飛んで行きたいよー。
けれど、時間もお金も・・・無理だァー。泣く泣く諦めることになりそうです。
DVDとか発売されるのでしょうか?
それに期待をかけるしかありません。

ところで、宝塚。
最近も少しは見ていますが、やはり私にとっては、鳳、榛名、汀、安奈4大スターの全盛期が
一番だったなあって思います。(古いと思われるかもしれませんけど。)
当時、初めの頃はツレちゃんが好きでしたが、いつの頃からか汀さんが好きになり、でも汀さんの舞台はあまり見ておらず、もっと見ておけばよかったと今更ながら思っています。
「星影の人」をテレビで見た時も、まだ汀さんをあまり知らず、宝塚にもあまり興味がなかった頃だったと思います。ほんと馬鹿です。

    汀夏子さんカッコイイです。カッコ良すぎです。

小柄な感じなのに、あの存在感はなんでしょう。
「ベルサイユのばら」のオスカルは、汀さんの右に出るものはいないと今でも思います。 
なんだろう? あの凛々しさは、どこから来るのだろう?

2005年春、新宿コマ劇場に「桜絵巻狸源氏」を見に行きました。
ツレちゃんを中心に宝塚OGが繰り広げる華やかな舞台です。
汀さん見たさに行った私。開演早々、オープニングの若衆姿にノックアウト。
本編では娘役で、私としてはちょっと残念でしたが、とっても可愛くってやっぱり素敵でした。
そして、ステージの方は、待ちに待った男役。

    かっこいいっ! もう素敵すぎて全く目が離せない。

瞬きさえ、もったいなくて出来ないくらい。
その時は汀さん、客席に下りて来て下さったので、間近に見られて興奮しちゃいました。
でも、残念なことに握手はできず。
もし、握手できていたら、その夜は眠れなかったかもしれないなあ。
あまりの嬉しさでね。
かっこ良さは、宝塚現役時代と変わらず、今も健在。
ディナーショーなどもおやりになっているようなので、いつか行ってみたいなあ。

私にとって、宝塚スターといえば、汀夏子さんが今も昔も一番です。

スポンサーサイト

CSで「新選組血風録」
CS「時代劇専門チャンネル」で、10月26日(木)から「新選組血風録」の放送が始まります。
数年前にも放送されたと思いますが(その時は「ファミリーチャンネル」だったかもしれません)、
CSに再び登場!
こうして放送され、より多くの人に見てもらえる機会ができるということは、とっても嬉しいことです。
良い作品は、多くの人に見てもらいたい。
別に製作者ではないけれど、素晴らしさは共有したいなあって思うから。

私は、ビデオで全13巻持っていますが、何度見てもあきない、何度でも見たい素晴らしい作品なので、時間が許す限り放送も見ようと思っています。

船橋、栗塚、島田血風録を見たことがないという方には、是非この機会にご覧頂きたいなあ。
2004年の大河「新選組!」で、新選組にはまった人にも見て欲しいです。
胸の中にきっと何かを残してくれるはずです。
新選組が好きな人であれば、この番組の為だけにスカパーあるいはケーブルTV加入を考えても、
決して損はしませんから。

以前にも書いたように、私の中の沖田総司は、この島田順司さん演じる沖田さんをおいて他になく、
この方を超える人は未だ現れていません。恐らく、今後も現れないと思います。

このドラマは、一話、一話、本当に丁寧に作られています。
ドラマの奥深さをじっくり堪能できます。

80年代に製作された渡哲也さん主演の同名作品がありますが、
大変失礼ですが、全く比べものになりません。
底が浅く、製作者側が何を考え、何を訴えたかったのか?が何も見えない作品。
はっきり言って駄作。
単なる新選組のエピソードの紹介では面白くも何ともないのに。
新選組ドラマの魅力の一つは、人間ドラマだと思うのですが、それが深く描かれず、
全く伝わってこなかった。 残念というか、がっかりの一言。
(好きだった方、ごめんなさい。あくまでも私見ですから。)
ですが、ここでの中村俊介さん演じる沖田さん。
これはとっても良かった、秀逸でした。(私の中で、島田さんの次にランクイン。)

なにはともあれ、「新選組血風録」楽しみです。
ちなみに10月の時代劇専門チャンネルでは、「PEACE MAKER鐵」「お~い!竜馬」 の放送も
始まります。 「お~い!竜馬」は見たことがないので、見てみようかなあ。

ところで、幕末付いてるついでに77年版「新選組始末記」放送ってわけにはいきませんでしょうか? って、やっぱり無理よねぇ・・・。
もう一度見たかった「壬生の恋歌」は放送してもらえたのになあ・・・。
時代劇専門チャンネルさん、よろしくお願いします!
(この「壬生の恋歌」については、いつか触れたいと思っています。)

北海道物産展 ぷりんどら焼き
デパートの北海道物産展に行ってきました。
でも、北海道展と聞くと必ず足を運びたくなってしまうのはなぜ?

  北海道 広く青い空、澄んだ空気、あこがれ、夢、ロマン。
       そして・・・おいしいもの!

う~ん、関東人の私には、ホントにホントに魅力的な場所に思えます。
北海道には、何か違うものがあるような気がするんです。
何度行ってきても、そう思える。
上手く言えないけれど、自分の全く知らない何かがあるんじゃないかって思えるんですよねぇ。
北海道に行きた~い!でもホイそれとは行かれない。
だから尚更、憧れてしまうのかも。

ところで、私のお目当てはというと実は、地ビール
このデパートでは、毎回必ず地ビール屋さんが出店していて、
一杯300円だったか、その場で飲むことが出来るのです。
他のデパートでも北海道展は開催されますが、地ビールは売っていたとしても、
その場で飲めるようにはなっていないのがほとんど。
私の知る限り、このデパートだけかと。

会場はすごい人、ひと、ヒト・・・。
人を掻き分け、地ビール売り場(一番端っこ)まで行こうかと思ったのですが、
ちょっと体調が悪かったので、残念だけど今回はパスすることに。
体調が悪いとせっかくのビールも苦いだけで、美味しく感じませんから。

ということで、ビールをやめ、何か美味しそうなものないかと会場を歩き回っていると、
この目に飛び込んできた「ぷりんどら焼き」の文字。

        う、うん? ぷ、ぷりんどら焼き?
              
          それって何?06092319.IMGP0294.jpg

今まで何度となく北海道展には行っているにもかかわらず、
「ぷりんどら焼き」というものにお目にかかったのは初めて。
私が見過ごしていただけかなあ?とも思ったけれど、絶対になかったはず。
何を隠そう、プリン大好きな私。見逃すはずがありません。
ということで、珍しいし、美味しそう、絶対に食べてみたいので、即ご購入となりました。

              06092319.IMGP0289.jpg
             こちら6個入り、税込1000円でした

さて、お味はと言いますと・・・これが、とっても美味!
食べる前は、プリン味のクリームがあんこの代わりになっているのかなと
思っていたのですが、違ってました。
どら焼きの皮にプリンそのものが挟まっているのです。
そして、そのプリン、なぜかベタベタにならず、しっかり形を保っています。
だからといって硬すぎるわけでもなく、皮もしっとりふわふわ。
プリンと皮の甘さのバランスも絶妙。
あんこみたいに重くないから、ペロリと食べられます。
なので、どら焼きは「あんこが醍醐味なんだ」という方には、逆にもの足りないと言えるかも。
と言うか、「これは、どら焼きじゃないぞ!」と言われるかもしれないなあ。
           20060924221924.jpg
     小樽の老舗和菓子屋「花月堂」さんのお薦め品「ぷりんどら焼き」                
                      20060924222106.jpg

ちなみに、この商品、ネットショッピングで購入できるようです。
https://www.kagetsudou.jp/online-shop/
美味しかったから、また買っちゃおうかな。

ウルトラまん
ウルトラマン繫がりでもう一つ。
今日、ローソンに行ったら「ウルトラまん」なるものがありました。
この秋、ローソンがウルトラシリーズ40周年にちなんで売り出した新肉まんらしいです。

         ウルトラまん1
             1個 150円也 
                             ウルトラまん3
                       下の紙には歴代ウルトラマンが描かれています。
面白そうなので買いました。
でも、ウルトラマンと言っても、普通の肉まんに楕円の目を二つ焼印で付けただけのような・・・・。
確かにウルトラマンに見えなくはないけれど、せっかくウルトラマンを名乗るなら、もう少し工夫が
あっても良い気がするなあ。

               ウルトラまん2
                もうちょっと具が・・・ほ・し・い!

お味の方は、濃い目のしょうゆ味と言うのかな。
少し八丁味噌が入っているような感じもしたけど、それは私の舌の感覚だけかもしれません。
しゃきしゃきの竹の子が入っていて、とっても美味しいです。
ただ、願わくば、もう少し具を多く入れて欲しいなあと。
元々コンビニの肉まんでは、ローソンが一番だと思っているので、今回も期待を裏切らず、
美味しかったのは確かで良かったのですが、いかんせん具の量が・・・。
150円にしては具がたっぷりとは言えず、正直、がっかり感がありました。(150円は高いよ~)

もう少しだけ味を薄味にして、具をたっぷりにして130円。
に、なりませんかねぇ? 
限定18万個だそうですから、何とか・・・ ローソンさんダメ? (ムリ、無理!)

フィギュア付き写真付きウルトラマン切手
  前回少し触れたウルトラマンの切手ですが、8/31に届きましたので、ちょっとご紹介。
               なんでもウルトラシリーズ生誕40周年を記念して発売されたようです。
     こんなBOXに入っています。
       20060901235111.jpg
               写真付き切手10枚入り 20060902191200.jpg

                    20060902211004.jpg
        ゴールドバージョンフィギュア2体  バルタン星人の方がかっこいい!

 本体3500円+送料500円 計4000円也。
 う~ん、やっぱりちょいとお高いかも。
 でも、記念になるかなあ・・・と思って買ったわけで、大事にします。
 
 それにしても、ウルトラシリーズも40年とは。月日の経つのは早いものです。
 ウルトラマンでのバルタン星人登場は、第2話だと知りました。
 2話目だったのにそのインパクトは強烈!
 ウルトラマンといえばバルタン星人、そしてピグモンがすぐに思い浮かぶ私。
 なにしろバルタン星人は怖かったのなんのって。
 宇宙忍者だけあって、消えたり分身の術を使って増えたりするものだから、それが幼心にはひどく
 恐ろしかったわけです。
 
 ピグモンはいい怪獣なんだよ、ということでお気に入りだったのに確かレッドキングに殺されちゃう。
 あの場面は、悲しくて泣いた覚えがあります。
 持ってた風船が印象的で・・・静かに目を閉じちゃうあの場面は、今でも悲しくて嫌だなあ。 
 可愛かったよ、ピグモン!
 ウルトラマン以前に放送されたウルトラQという番組がありますが、そこで登場するガラモンは
 ピグモンと瓜二つ(色や大きさは違うみたいだけど)。でも、悪い怪獣。
 なぜ、ウルトラマンで同じ姿の怪獣が善になったのかなあ?
 でも、ガラモンってピグモンと比べると顔が怖い感じがするのは私だけ?
 絶対に悪者の顔してる、ピグモンのが優しい顔をしてると思うなあ。
Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。