FC2ブログ
おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

「新選組の歌」タイトルについて
以前に三橋美智也さんと角川博さんの歌のタイトルが違うと書いた件についてです。
私が持っている角川博さんのEPレコードは、
     「新選組の歌」
そして、私が初めて手に入れた三橋美智也さんのカセットテープは、
     「新撰組の唄」
三橋さんの曲は40年以上前の発売の為、てっきりこの表記で間違いないと思い込みました。

ですが、ここで発売時の三橋さんの曲も「新選組の歌」と表記されている事が分かりました。
それは・・・

先日、「テレビ時代劇主題歌コレクション」 (キングレコード)というCDを買ったのです。
このCDには、春日八郎さんが歌う「新選組の旗は行く」が収録されているので、購入しました。
タイトル通りに昔懐かしい時代劇の主題歌、挿入歌が22曲も収められているアルバムで、
歌詞と作品解説、楽曲解説が載っている小冊子(?)が付いています。
(普通の歌詞カードより立派なもの)
そこには更に当時のEPレコードのジャケットの写真が載っているんです。
この冊子の裏表紙とCDケースの中側にはカラーで印刷されているものもあります。

実はここに三橋さんの「新選組の歌」もあったのです。
それを見ると、若い三橋さんのお顔と誠の旗、そして確かに「新選組の歌」と書かれています。
ということは、発売当時のジャケットが示す通り、三橋さんの歌も「新選組の歌」だった訳です。

キングレコードの「ベスト・カップリング・シリーズ あゝ新撰組/新撰組の唄」が、『撰』、『唄』
使っているのは確かですが、だからと言って角川さんの曲とタイトルに相違があるというのは、
正しいことではありませんでした。
ここで、訂正させていただきます。

史実においての新選組の表記も、『撰』と『選』どちらも使われているので、どちらが正しいということは無いそうですが、この歌の場合、実際の所はどうなのでしょう?
発売当初のジャケットを見た限り、「新選組の歌」という結論になるのが普通かな。
では、このお話は、これで落着ということに。

ところで、今度は「新選組の旗は行く」について少し。
この歌は、言わずと知れた「新選組血風録」の主題歌です。
そして、この歌を聴きたければ、このドラマで使われた曲がほとんど収録されているファンには涙が出る程嬉しい「傑作時代劇音楽全集 新選組血風録ミュージックファイル」というCDがあるので、
これを購入すればいいとなります。

ですが、ですが・・・なのです。
実は、このCDに収められているのは、テレビ用録音版だけなのです。
どういうことか・・・早い話がフルコーラス入っていない 2番が歌われていないということです。
うー、せっかくなのに・・・
ならば、2番はどうしたら聞くことができるのか?
結局は、この歌が収録されている春日八郎さんのアルバムを探して購入するしかないのか?
けど、大変申し訳ないですが、1曲の為だけに春日さんのアルバムを買うのも・・・
その1曲がとっても大事なのだから、購入すればいいと言えばいいのですが・・・。
ということで、探し当てたのが上記CD「テレビ時代劇主題歌コレクションです。
ここには三橋さんの歌も入っているし(CDは持ってないから丁度いい)他に懐かしい曲も聴けるので、購入を決めました。

早速聴いてみると、もちろん、念願のフルコーラス。
でも、これが面白いのです。
何が面白いかというと、間奏に全くイメージの違う曲が入るのです。
明るいお茶目(?)な感じの曲が。
初めて聴くと「な、なんだこれ?」という感じでしょうか。
歌の部分のメロディと間奏とのギャップが大きいです。
正直、ちょっと理解できない感もありますが、「へー、本当はこういう曲だったんだ」
と、意外な発見をした感じで、嬉しくなったのも事実です。
ご興味のある方は、是非どうぞ。

スポンサーサイト

新選組に関する歌 2 「敬天愛人」(追記あり)
前回「新選組に関する歌 1」で書きましたように
尾形大作さんのアルバム 「敬天愛人 ~ 幕末青春グラフィティー ~」 について書いてみます。

私が所持しているのは、カセットテープで、1988年5月、㈱バップから発売されたもの。
歌のタイトルは全て幕末に活躍した人物名になっていて、全10曲。
その全曲、作詞 星野哲郎、作曲 浜口庫之助、編曲 斎藤恒夫というメンバーで作られています。

それでは、曲名をご紹介。

     SIDE-A           SIDE-B                               
     1. 西郷隆盛         1. 坂本龍馬       
     2. 吉田松陰         2. 高杉晋作
     3. 土方歳三         3. 近藤勇
     4. 中岡慎太郎        4. 桂小五郎
     5. 勝海舟           5. 沖田総司


この中で、シングルカットされたのは「吉田松陰」でした。
当時、結構流れていた気がします。
この曲、琴の音が使われていて(たぶん尺八も)、雅な感じのする、とても良い曲なので好きです。
ですが、シングルカットして大ヒット!というのにはちょっと地味なような・・・
ならば「坂本龍馬」の方が良かったのではないかなあと個人的には思うのですが・・・。
だって、龍馬人気は不動だから商業的には良い気が・・・まあ、所詮素人考えですけど。

話が横道にそれましたが、ここに収録されている曲は、全てすばらしいです。
作詞の星野先生は、全ての人物をよく把握されていて、しかも歌というほんの短い詞の中に
見事にその人物像を描き出されています。
私が言うのもおこがましいですが、なんでこんな風に表現できるのだろう?と思います。

そして、星野先生の詞に加え、浜口先生の曲。
これがもう、ピッタリ!としか表現できない位、はまっています。
曲もその人物のイメージに合っていて、最高です。
制作上、詞と曲どちらが先に作られたのかわかりませんが、この詞にこの曲、この曲にこの詞、
なんでこうもピッタリなのか?
普通、10曲もあればどれか一つ位は「あれ?違うぞ」と思うものがありそうなものですが、
これが一つも無い。すごいです。
個人的にどうしても好きになれない桂小五郎でさえ、この曲を聴くと「うふふ、いいかも、いいかも」
となるから不思議です。思わず口ずさんでしまいますし・・・。

我が土方さんもとても素敵に歌われています。
聴きながら「うん、うん、そうよ、そう」と思わず相槌を打ってしまうほど共感できます。
近藤さん、沖田さんも然りです。
ただ、一つだけ言わせて頂くなら、近藤さんの名を「いさむ」と歌っていること。
それだけは、どうしても気になります。
昔は「いさむ」と呼んでいたという話は聞いたことがあり、恐らく星野先生世代はそうだったのではと思われるのですが、やはりここは「いさみ」と歌って欲しいところかと。

私がこのアルバムを知ったキッカケは、偶然つけたラジオに尾形大作さんが出ていて、
今度幕末の志士を歌ったアルバムを出す、というような話をしていたのを聴いたことです。
既に土方さんに出会っていた私は、幕末と言われると興味津々。
ただ、特に尾形ファンというわけではないので、その時はあっさり聞き流した感もありました。
ですが、その後レコード店へ行った折、たまたま目に留まったのです、このカセットが。
やはり、好きなものには呼ばれるのでしょうか?
そう言えば、尾形大作さんがアルバム出すって言ってたなあ・・・と思い出しつつ、曲名を見ると
うふふ、あるじゃないですか「土方歳三」って。 近藤さんも総司もある。
これは絶対に買うしかないじゃないですか。 買わないわけにはいかない!
ということで、早速「ご購入」となった次第です。

しかし、残念ながらこのアルバム、既に廃盤で、現在入手は困難なようです。
折角、良い曲が収められているのに残念です。
こんなことなら、CDも購入しておけばよかったと今更ながら悔やんでいます。
なぜ、カセットテープを買ったのかというと当時はまだ、CDカセットを持っていなかった為、
CDは買っても聴けなかったという単純な理由。
CDを聴くようになったのは、それからまだ先のことですし、その後もカセットがあるので
同じCDはいらないと思い、購入しませんでした。 
その内に手に入らなくなったという訳です。

本当は歌詞も全部載せたいところですが、問題ありになるので断念します。
もし、中古販売店などで見つけることが出来たら、是非とも聴いてみて下さい。
幕末好き、新選組好きにはお薦めの1枚です。
それにしても尾形さん、最近見かけませんが、どうされているのでしょう? 


(追 記 2010.11.16)

上記に紹介しました尾形さんのアルバム「敬天愛人 ~ 幕末青春グラフィティー ~」の全曲の作詞を手がけられた作詞家の星野哲郎先生が、2010年11月15日、心不全の為、お亡くなりになりました。
享年85歳。

また1人、音楽界を席巻した偉大な方が旅立たれてしまいました。
そしてまた、美しい日本語の詞が、情緒豊かな歌が消えていく… 昭和がますます遠くなる…
時の流れとはいえ、寂しいです。
残念でなりません。

でも、数多くの素晴らしい歌を世に送りだし、私たちを楽しませて下さった事に
心からお礼を申し上げたいです。
先生、本当にありがとうございました。
どうぞ、安らかに。心よりご冥福をお祈りいたします。

合掌


新選組に関する歌 1(追記あり)
新選組に関する歌と言えば、先ずは身近な所でドラマの主題歌が思い浮かびます。
また、探してみると既述しましたように吟詠歌謡、浪曲もありました。
他にどんな曲があるか、ここでは私が知っている歌(曲)を紹介します。(既述の曲も入れます。)
                     ☆<>は収録されているアルバム等を表示してみました。☆

 1. 「新撰組の唄」 (1961年 TBS「新選組始末記」主題歌)  ”♪ 葵の花に吹く~
    作詞  牧 房雄   作曲、編曲  舟越隆司   歌  三橋美智也
         <ベスト・カップリング・シリーズ 「あゝ新撰組/新撰組の唄」 キングレコード>
         <「テレビ時代劇主題歌コレクション」  キングレコード>
         <「芥川隆行がつづる演歌名曲選(下)」  キングレコード>  

 2. 「新選組の旗は行く」 (1965年 NET「新選組血風録」主題歌) 
                                ”♪ 花の吹雪か 血の雨か~
    作詞  高橋掬太郎   作曲  渡辺岳夫   歌  春日八郎
          <傑作時代劇音楽全集 「新選組血風録 ミュージックファイル」  バップ>
          <「テレビ時代劇主題歌コレクション」  キングレコード>

 3. 「燃えよわが命」 (1970年 NET「燃えよ剣」挿入歌)  ”♪ 春まだ浅き 壬生の朝~  
    作詞  結束信二   作曲  渡辺岳夫   歌  東京混声合唱団
              <傑作時代劇音楽全集 「燃えよ剣 ミュージックファイル」  バップ>

4. 「新選組の歌」 (1977年 TBS「新選組始末記」主題歌)  ”♪ 葵の花に吹く~
    作詞  牧 房雄   作曲  小川隆司   編曲 池多孝春  歌  角川 博
                  <シングルレコード 「純情の夢/新選組の歌」  RCAレコード>

5. 「あゝ 新撰組」   ”♪ 加茂の河原に~
    作詞  横井 弘   作曲  中野忠晴   編曲 上野正雄  歌 三橋美智也
         <ベスト・カップリング・シリーズ 「あゝ新撰組/新撰組の唄」 キングレコード>

6. 「誠士新撰組 ~詩吟・新撰組入り~ 」    ”♪ 「誠」ひとすじ  白刃の舞に~
    作詞、和歌作  たなかゆきを  詩吟作  若水桜松   作曲 山中 博  編曲 坂下 滉
    歌  竹森 鷺誠                  <吟詠歌謡 「風雲」   キングレコード>

7. 「あゝ 土方歳三 ~詩吟・土方歳三入り~」  ”♪ 閃光一閃  「誠」の隊旗~
    作詞  たなかゆきを  詩吟作  田中幸男   作曲、編曲  鈴木英明  歌 佐伯 旭詠
                                <吟詠歌謡 「勇壮」   キングレコード>

8. 「沖田総司の歌」  ”♪ 賀茂の流れの 人恋い千鳥~
     作詞 山添花秋   作曲、編曲 鈴木英明   歌 梅若 朝啄   詩吟 木村武岳    
 ※ この吟詠歌謡につきましては、収録されているCDが現在行方不明の為、作詩作曲者等は 
    後日記載ということに。 (ホントにどこいっちゃたのかなあ?ただ今懸命に捜索中・・・)
   ありました、ありました、いつもは置かない場所になぜか。いつ置いたんだろう?
    でも、捜索の甲斐あって良かったあ~。
                       <吟詠歌謡特選⑩ 「秋風川中島」   キングレコード>
   
9. 「新撰組・近藤勇によせて 壬生狼の女」    ”♪ 誠つらぬく 新撰組を~
    作詞 木下龍太郎  作曲 望月吾郎  編曲 甲斐靖文  歌 末木ひろこ
       <シングルCD「新撰組・近藤勇によせて 壬生狼の女/笛吹の宿」  日本クラウン>

10. 「沖田総司哀史」(浪曲) 
    作  室町京之介  浪曲 二代東家浦太郎
                <蔵出し浪曲名人8 二代東家浦太郎 「野狐三次/沖田総司哀史」>

 ※ 1と4の作曲者名はそれぞれ「ベスト・カップリング・シリーズ」と「純情の夢/新選組の歌」
    のジャケットより転載しました。

10曲ほど挙げてみました。(と言うか、丁度10曲でした)
4以外は、今も販売中で恐らく手に入ると思われます。
でも、この の角川さんの「新選組の歌」だけは、他のアルバムに入っているのかどうか等
全くわかりません。
角川さんのアルバムを調べてみても、現在では見つけられませんでした。
収録されたCDがあれば、是非欲しいですが、情報は皆無です。
                   
    この記事を書いた当時は、この曲が収録されてるアルバムがあるかどうかは、
    全くわかりませんでしたが、先日、ネット検索でたまたま見つけた角川さんの
    レコードに収録されている事がわかりましたので、追記しておこうと思います。

     「捨てぜりふ」というタイトルのLPレコード(全12曲)
    発売元は、シングルと同様、RCAレコード、角川さんデビューして1年当時の
    サード・アルバムのようです。

    少しでもレコード探しの参考になればと思います。  (2009.7.21追記)

     更にもう2枚、この曲が収録されているLPレコードがわかりました。    
     「純情の夢」 (全11曲 RACレコード 1977年)
     「ばちあたり」 (全16曲 RACレコード 1978年)
    くどいようですが、こちらはLPレコードです。
    もしかすると、同じタイトルでカセットテープなどもあるかもしれません。
    昔は、レコードとカセットの同時発売も多かったと思いますから。
    本当は、収録されているCDがあると良いのですが、そんなCDがあるかどうかは、
    残念ながら、私にはまだわかりません
。   (2010.8.26追記)

ということですが、あと忘れてはならないアルバムが1つあります。
それは、尾形大作さんの 「敬天愛人~幕末青春グラフィティー~」
このアルバムについては、次回改めてご紹介します。

それから、以前、三橋美智也さんと角川博さんが歌う「新選組の歌」について、
タイトルに違いがあるということを書きました。
でも、それは一概に言えないようだということがわかりました。
とりあえず、今回は既述したように表記しましが。
このことも後述したいと思います。   

新選組が題材の吟詠歌謡
会津の飯盛山へ行くと白虎隊の剣舞を見る事が出来ます。
また、会津の旅館やホテルで披露してくれるところもあります。
その剣舞が好きで、バックの歌というか、曲もずっと好きでした。
それで、ふと思ったのです。CDとかはないのかなー?と。
探してみると、この「白虎隊」、古賀政男先生の作品ということで、有名な歌手の方がアルバムに入れていることも多く、結構見つけることが出来ました。
その中で、大好きな美空ひばりさんのCD
   「古賀政男生誕100年記念 美空ひばり 古賀メロディを唄う」
                            (コロンビアミュージックエンタテインメント)   
ここにも収録されていることがわかり、迷わず決めました。

 「 戦雲くらく 陽は落ちて~」

この曲には詩吟が入っています。
そして、吟詠歌謡というジャンル(?)がある事もその時に知りました。
では、「白虎隊」があるのなら、「新選組」は?
もしかしたら、あるんじゃないかな?
自然に出てきた私の思い・・・。

ということで、私が見つけた新選組が題材の吟詠歌謡をご紹介します。

  ◎「吟詠歌謡 風雲」 収録 (キングレコード)
     ・誠士新撰組 
     ・飛翔龍馬 

  ◎「吟詠歌謡 勇壮」 収録 (キングレコード)
     ・あゝ土方歳三

  ◎「吟詠歌謡特選(10)~秋風川中島~」 収録 (キングレコード)
     ・沖田総司の歌
     ・彦斎無情 

                は新選組ではありませんが、幕末関係で入れました。

歌唱が?という方も正直いらっしゃるのですが、歌詞が良いので私はどれも好きです。

更に、吟詠ではなく浪曲も一つご紹介。

  ◎「蔵出し浪曲名人選8 二代東家浦太郎」 収録 (キングレコード)
      ・沖田総司哀史
ご興味があれば、聴いてみられるのも一興かと。

Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.