FC2ブログ
おもに新選組について、他自分の好きな事、日々感じた事など気の赴くままに綴ります。

平成から令和へ

平成31年(2019年)4月30日をもって平成の世が終わり、

5月1日より令和という新時代が始まりました。


平成の30年間、思えば凄まじい進化を遂げた時代といえます。

人々の生活はどんどん便利になり、昭和では考えられないような生活へと変化してきました。

ただ、良いことばかりではなく、日本では戦争はなかったものの、

多くの事件、事故、大災害が起きた時代でもありました。


きっと、新しい令和の代でも、日本はますます進化発展していくことでしょう。

でも、便利さが加速してゆく中、おそらく良い世の中になっているはずなのに

平成では、逆に生きにくさを感じることもしばしば。

それはなぜだろう・・・?

単に時代の流れの速さに自分が追いついて行けなかっただけかもしれないですけどね。


これからの新しい時代は、悲しい出来事が少ないことを切に願います。

そして、誰もが生きやすいと感じる、幸せを感じられる

もっともっと平和で穏やかな世の中になることを祈るばかりです。

スポンサーサイト




訃報 白石冬美氏

声優の白石冬美さんが、お亡くなりになりました。

報道によると、3月28日午後、ご自宅を訪問した親族に意識不明の状態で倒れているのを

発見され、その後、死亡が確認されたとのことで、死因は虚血性心不全だったそうです。

享年82歳。


チャコちゃんの年齢はずっとわからなかったから、82歳だったとお聞きして、少し驚きました。

ですが、思えば、私が幼少の頃から慣れ親しんでいたお声だったのですから、

その頃から既に第一線で活躍されていた方だったのですから、自分の年齢を考えれば

80歳を過ぎていらしたということも納得できます。


ほんの数日前、パタリロが実写化されるという情報を耳にし、そういえば、アニメのパタリロの声は

チャコちゃんだったなあと思い、久しぶりにネットで作品を拾って観たところでした。

そして、最近は全く表舞台にでなくなってしまったけれど、チャコちゃんはどうしているのかなあ?と

思いを巡らしていたところだったのです。

本当にそんなタイミングで飛び込んできたまさかの・・・。

まさかの・・・悲しいお知らせ。

驚きで、一瞬息が止まった。


怪物くん、巨人の星の明子姉ちゃん、009の001、パタリロ、そして、ガンダムのミライさん・・・

まだまだたくさんの役のお声で私たちを楽しませて下さいました。

それと、ラジオから流れるいつも明るくて、可愛くて、チャーミングなそのお声に

どれだけ癒されたことか・・・。

ナッチャコパックが終わる頃、青山レイニーナイトのリクエストハガキを出して

チャコちゃんに名前を読んでもらえたことは忘れられない思い出です。

野沢那智さんが逝ってしまわれて8年が過ぎ、今度はチャコちゃんもだなんて・・・。

悲しい・・・寂しいです。


本当に楽しかったなあ、お二人のラジオは。

チャコちゃん、そちらで、もうナッチャンと会いましたか?

久しぶりだから積もる話で盛り上がっているかもしれませんね?

また聴きたいなあ、お二人の絶妙な掛け合いのトーク。

叶わぬこととわかってもいても、そう願ってしまいます。


あー、あの可愛らしいお声が、明るい笑い声が、今、私の頭の中に響いています。


チャコちゃん、たくさんの思い出をありがとうございました。

私は、決してあなたのことを忘れません。



白石冬美さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

合掌



昨年初めのご挨拶から
皆様、大変ご無沙汰しております。

昨年初めにご挨拶で記事をUPしてから、またまた一年以上が経ってしまいました。

一昨年も同じ状態だったから、なんと2年以上も放置するという結果に。

それでもめげずに何度も拙ブログを訪問してくださった方々がいらっしゃることを知り、

嬉しいやら、申し訳ないやら。

本当にごめんなさい。そして、ありがとうございます。

この2年、私にもいろいろな事がありました。

けれど、最近になってやっと気持ち的にもブログを書く時間が持てるようになってきた感じなので、

今年からまた少しずつにはなると思いますが、記事を更新していきたいと思います。

「新選組始末記」の記事も全く進まぬままで、

このままではこのブログを始めた理由がわからなくなってしまうので頑張らねば。

何に対して頑張るのかというと、まあそれは自己満足に対してということにほかなりませんが、

”初志貫徹”を目標に進めていきたいなあと。

けど、ブログを初めてから既に10年以上が経っていて、

それを考えるとあと何年・・・・と思ってしまいますが、

元気なうちは続けていきたいです。

とにかく、「新選組始末記」26話までを完結させたい。

ということで、お付き合いいただける方は、どうぞよろしくお願い致します。(気長にねっ!)

それでね、今日、早速気になるニュースが飛び込んできたので取り上げたいと思いますが、

ページを改めて書きますね。

では、では、くどいようですが、これからもよろしくお願いします。


喪中につき・・・

喪中につき新年のご挨拶をご遠慮申し上げます


あー、昨年の1月2日に新年のご挨拶で、これからもブログは続けていくと申し上げてから早一年。

なんと、一年もブログを放置してしまいましたー。

その間にも、拙ブログにお越しくださいました皆様、申し訳ございません。


ここ最近は、なかなかPCにゆっくり向かう時間がなく、記事の更新もままならずの状態だったため、

一年もの放置という結果になってしまいました。


昨年は、良いことが少しもなかったわけではないです。

けれど、私にとって人生において最大の大変辛い年となりました。

昨年の9月20日に母が亡くなりました。 85歳でした。

くも膜下出血での急逝。

ほんの数分前まで、なんの前触れもなく普通に動き、話もしていたのに・・・

すぐに救急車で病院に運ばれたものの、一時間後には死亡宣告って・・・

あまりの急な出来事に何がなんだか分からず・・・

その後は、悲しむ暇などないくらい、あれよあれよと忙しく時が過ぎて行きました。


人の死は、こんなに突然に、あっけなくやってくるものなのだと実感。

親の死は、いつか来る。順番でいけば、必ずその日はやってくる。

頭ではわかっていても、それは言葉だけで、その覚悟なんてものはできてはいなかった。


内蔵に持病はあったけれど、この4年間は本当に元気で、お医者さんにも身体は大丈夫ですねと

言われていたのに、まさかまさか死因が、今まで全くノーチェックだった頭とは・・・

そんな卑怯なことがあるか!と思った私。

頭が痛いなんて言ったことは、全くなかったのに・・・

けど、亡くなる時は痛かったのかな? 我慢しちゃったのかな?

今となってはわからないことだらけですが、苦しまずに逝ったことだけは確かみたいで、

お医者さんも「多分、一瞬だったでしょう」って言ってくださったので、

ちょっとだけど、それだけは救われた気がしています。

ダメージから抜け出すにはまだまだ時間はかかりそうですが、元気を出さなければと思っています。


新年早々から嫌なお話をお聞かせして申し訳ありませんでした。

どうか、お許しを。


さて、今年はどんな年になるでしょうか?

どんな些細なことでもいいから、幸せだなと思えることが一つでもあったらいいな。

そして、このブログもできるだけ続けていきたいと思っていますので、

もし、お付き合いいただける方は、どうぞ、気長によろしくお願い致します。


2018年が皆様にとって、素晴らしい年となりますように!

人生、生きていると色々なことがありますが、お互い一生懸命生きていきましょう。

本年もよろしくお願い致します。



新年のご挨拶

  明けましておめでとうございます


皆様、良いお年をお迎えのことと存じます。


昨年は、ブログの記事を3件しかUPできず、ほとんど休眠状態になってしまいました。

それでもめげずに拙ブログを訪問して下さいました皆様、本当にありがとうございました。

毎年、年の初めに言っていることで、当てにはならないと思われてしまうかもしれませんが、

今年は本当にもっともっと記事を更新していきたいと思っております。


昨年は私個人にとっては、あまり良い年とは言えなかったという思いがあります。

でも、そんな年も明け、新しい年となりました。

だから、心機一転。

今年は良い年になる、良い年にするぞという思いで、日々過ごしていこうと思います。


こんなブロブですが、気長にお付き合いいただけると幸いです。


平成29年が、皆様にとって幸多い、素敵な年となりますように



新年のご挨拶
大変遅くなってしまいましたが、

皆様、あけましておめでとうございます。

昨年は、数える程しか更新ができませんでした。

にもかかわらず、拙ブログをご訪問くださいました皆様、申し訳ありませんでした。

そして、本当にどうもありがとうございました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

今年は、もう少し多く更新していきたいと思っておりますので、

お付き合いいただける方は、これからもどうぞよろしくお願い致します。

ブログを始める動機となった肝心の「新選組始末記」のレビューが滞ったままなので、

今年はできる限り進めることを目標にします。

いよいよ15話、16話というところで止めてしまっているので、できるだけ近いうちに

記事をupしたいと考えています。

気長にお待ち頂けると幸いです。



2016年が皆様にとって、幸多い、素敵な年となりますように!

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


訃報 三條美紀氏

久々の更新がまた訃報となりますが、昨日、悲しいお知らせが飛び込んできましたので。

77年版「新選組始末記」で、八木源之丞の妻、まさを演じられた女優の三條美紀さんが

去る4月9日、うっ血性心不全のため東京都内のご自宅でお亡くなりになりました。

享年86歳。


「始末記」で三条さんが演じられたおまささんは、新選組に対し、とてもて面倒見がよく、

ことに沖田さんとおすみさんに対しては、まるで本当の親のように親身になって心配したり、

時には厳しく叱ったりしてくれるとても頼りになる良い方でした。

この作品でのおまささんは、沖田さんとおすみさんの仲介役としての大きな役割を

担っていたように思います。

時には近藤局長の前でも、自分の意見をはっきり述べることが出来る、芯の強い京女という感じが、

三条さんのイメージにぴったりでもありました。


そして、三条さんといえば、映画「犬神家の一族」での犬神竹子役も強く印象に残っています。

美しく、凛とした素敵な女優さんでした。



またお一人、私にとって忘れられない大切な俳優さんが逝ってしまわれました。


寂しいです。



三條美紀さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


合掌


大変遅くなってしまいましたが、新年のご挨拶

皆様、あけましておめでとうございます。

年が明けて20日にもなろうという時に、新年のご挨拶というのも失礼なことですが、

どうかお許し下さい。

昨年9月以降、ブログの更新を怠ってしまい、気がつけば年も明けてしまいました。

昨年の後半は、色々とあって日々の生活に追われてしまう状況が続き、

ブログを更新する余裕がなかったというのが正直なところです。

それでもその間、拙ブログを訪問してくださいました皆様、本当にありがとうございました。

相変わらずのカメさん更新になるとは思いますが、ブログは続けていきますので、

お付き合いいただける方は、今年もどうぞよろしくお願い致します。

今年の目標は、「新選組始末記の記事をできるだけ更新すること」でしょうか。

いつもいつも更新しますと言いながら、実行できなくて、本当にすみません。

今年はがんばって26話までなんとかいきたいなあ。

もしできたら、記念に書籍化したいなと思っていますが、さてどうなりますことやら。

あっ、FC2ブログではブログの記事を書籍化してもらえる機能があるので、

それを利用してみたいなと思っているんですけどね。

うーん、ちょっと費用はかかりそうなんですが、記念になるかなあっと思って。

どなたか書籍化したことがあるという方がいらっしゃいましたら、

色々と教えていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。


2015年が、皆様にとって素晴らしい年となりますように


16日放送の関ジャニの仕分け∞に
狩人の高道くんと元殿キンの宮路オサムさんが出演されると知り、
私にとっては、またとない最高のプログラムですから、
録画の準備もバッチリして、楽しみにしておりました。

「日本の歌大好き外人VS日本人 真夏のカラオケ2時間SP」と題された今回。
歌のうまい外国人と歌手歴30年以上のベテラン歌手との対決に
かのお二人が出演されたのでした。

そのトップバッターに狩人の高道くんが登場。
歌はもちろん「あずさ2号」。
対するお相手は、ブラジルの方で、歌は尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」。
先攻が高道くん、後攻が外人さんという対決となりました。

それでね、この高道くんの「あずさ2号」が、ホントに圧巻で・・・。
いえ、歌の上手さは折り紙つきなのはわかっています。
でもね、でも、カラオケ対決とはいえ、真剣に歌う姿勢と、
未だ衰えを知らぬ声量と迫力に圧倒され、鳥肌が立つほど。
やっぱり、上手い!ってTVの前で思わず拍手しちゃいましたー。

いつもは二人で歌う曲を一人で歌うというハンデもなんのその。
お兄ちゃんのパートも難なくこなして、見事な高得点をたたきだし、
プロの凄さを見せつけてくれました。

横山くんが、「「やっぱり貫禄がある」と言っていましたが、
まさにその通りの素晴らしさだった思います。

対するブラジル人の方の「また逢う日まで」ですが、
こちらもそれは見事な歌声でした。
日本語もお上手で、とても素晴らしかったです。

で、結果は、高道くん94.224点、ブラジルの方が93.431点、
かなりのハイレベル対戦となりましたが、高道くんの勝利となりました。

そして、2回戦の中村美律子さんと外人さんの「河内おとこ節」対決を経て
3回戦に登場したのが、宮路オサムさん。

オサムちゃんが歌うは、もちろん「なみだの操」。
その対戦相手は、スリランカの若干14歳の男子中学生で、選んだ曲は小坂明子さんの「あなた」。
まだ声変わりをしていないという素晴らしいハイトーンボイスをひっさげての挑戦でした。

こちらの結果は・・・
オサムちゃん、88.548点、男子中学生、93.221点。
ということで、オサムちゃんの負けとなってしまいましたー。
うーん、ファンとしては残念ですが、確かに相手の男の子の歌声は、
素晴らしいものがあったので、まあ良しとしましょう。

対戦結果はさておき、私がとても嬉しかったのは、
番組内で先日亡くなられた殿キンのリーダー長田あつしさんのことを
きちんと取り上げてくださったことです
別収録での宮路さんへのインタビューもあり、リーダーへの思いなどを聞くことができたのも、
すごく嬉しいことでした。

インタビューの中で、印象的だったのは、
「殿さまキングスというグループは、もう永久に見れないんですよね。
でも、やっぱり伝説の殿さまキングスとして、僕も「なみだの操」を
命のある限り、やっぱり歌い続けていくのが、僕の今の使命かなと
思っているんですけどね。」という宮路さんの言葉でした。

また、1973年(昭和48年)当時の彼らの歌っている映像とか、写真とかも出てきて、
それらを見たら、懐かしさと切ない思いがこみ上げてきて、涙が出てきてしまいました。

なんとなくいつもの明るい感じのオサムちゃんではないなと思っていたら、
リーダーがお亡くなりになった後の収録だったのですね。
スタジオにはメンバーの一人だった多田そうべいさんが応援に来ていましたし、
リーダーが亡くなってから初めて歌う「なみだの操」ということでしたから、
きっと感慨深いものがあったと思います。

対戦の結果においては、相手の男の子の得点には及ばなかったものの、
やっぱりオサムちゃんの歌は良かったです。

確かに殿さまキングスというグループは、もう見ることができません。
でも、歌い続けることが自分の使命だと語った宮路オサムさん。
本当にこれからもお元気で、末永く歌い続けていって欲しいと心から願っています。


訃報 長田あつし氏
5月から長い間、更新を怠ってしまい、申し訳ありません。
この間に姉の入院やらなんだかんだありまして、記事を書きたいなと思いつつも
なかなか時間が取れず、気がつけば季節は夏真っ盛りの8月に。

そして、この厳しい暑さの中、悲しいお知らせが飛び込んできました。
久々の更新が訃報記事というのも辛いですが・・・

元殿さまキングスのリーダーで、解散後は、オヨネーズで活躍された長田あつし氏が、
8月2日、心不全の為、千葉県佐倉市内の病院でお亡くなりになりました。
享年76歳。

報道記事によると2日夜、奥様が自室でうつぶせに倒れている長田さんを見付けたそうです。
10年ほど前から脳梗塞、心臓疾患を患い、自宅で療養していましたが、
最近は日常生活に不自由することはなかったそうなので、奥様は突然のお別れに
大きなショックを受けていらっしゃるとのことです。

最近は、めっきりTVで拝見することもなくなったので、リーダーはどうされているのかな?と
思っていましたが、病気療養されていたとは。
そして、この突然の訃報・・・。
朝、新聞の記事を目にした時、思わず「リーダーが死んじゃったー」と声を上げてしまいました。

以前、少しお話したことがあったかもしれませんが、私は殿さまキングスが大好きで、
初めて自分の意思で買ったレコードが、殿キンの「夫婦鏡」でした。
なぜか「なみだの操」ではなく次の曲なんですけど、それ以後、彼らのレコードは発売日を待って
レコード屋さんに飛んで行って買ったものでした。
(当時は、確か3ヶ月に一曲くらいのペースで新曲が発売されていた時代だったと思います。)
でも、小学生だったのでレジに持って行った時になんとなく恥ずかしかったのを覚えています。
レコード屋のおじさんに、なんでこんな曲を小学生の女の子が買うのだろう?と
思われたら嫌だなあという思いがありました。
今思えば、自意識過剰だったかもしれませんけど。

まだ小学生だったけど、好きだったんです、殿キンの歌が。
ほら、「ちびまる子ちゃん」で小学3年生のまるちゃんも歌っていたでしょ、
「あなたぁぁぁ~~のためにぃぃぃ~」って。
まさにあんな感じで、レコードを2、3回聞けば覚えちゃうから、家の中どこででもよく歌っていました。
殿キン全盛の頃の曲は、今でも殆の曲を歌詞を見ずに歌うことができます。
そういえば、ファンクラブにも入っていたっけ。

だから、1990年に殿キン解散のニュースを聞いた時は、
正直ショックで、寂しくて、辛くて、信じたくないという思いでいっぱいになりました。
ですが、その後もリーダーはオヨネーズで「麦畑」という大ヒットを飛ばし、
おさむちゃん(現在はカタカナ表記ですけど)もソロで活躍している姿を
しばしば拝見することができたので、嬉しく思っていました。

解散はしてしまったけれど、いつかまた特別に全員が揃って歌ってくれる時が
あるかもしれない。
ファンとしては、そんな期待がいつもありましたが、それももう叶わないこととなりました。

リーダーのあの人柄をそのまま表しているような優しそうなお顔、
穏やかそうな雰囲気が好きでした。

残念です。

悲しいです。

本当に残念ですが、ボーカルの宮路オサムさんは、数々の大病を乗り越えながらも、
今もお元気で活躍されていらっしゃいますので、
リーダーはお亡くなりになってしまいましたが、
その意志は、これからも受け継がれていくことと思います。

長田あつし氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

合掌


リーダーを偲んで・・・



Copyright © 紫蝶の新選組つれづれ語り. all rights reserved.